二宮清純コラム プロ野球ガゼット

2017年7月28日(金)更新

11:00

ネット裏から見た今年の都市対抗
広島・敏腕スカウトが狙う即戦力

Photo

 夏の野球といえば都市対抗を忘れてはいけません。88回目の今年、黒獅子旗は36年ぶりにNTT東日本(東京都)の手に渡りました。2度目の日本一です。

 社会人野球は即戦力の宝庫です。ネット裏からスカウトの目が光ります。そこで今回は広島の関東東海地区担当・松本有史スカウトに、今ドラフトの目玉について話を聞きました。

将来性抜群、ヤマハ・鈴木

 松本スカウトといえば、日本を代表するセカンドに成長した菊池涼介選手を追い続け、2位指名にこぎつけた敏腕スカウトです。大学(亜細亜大)では公式戦0勝ながら、目下、広島の勝ち頭(9勝)である薮田和樹投手を強力にプッシュしたのも松本スカウトでした。

 その彼が社会人ナンバーワンとして真っ先に名前をあげたのが鈴木博志投手(ヤマハ)です。今年、ヤマハは東海地区2次予選で敗退したため、鈴木投手は新日鐵住金東海REX(東海市)の補強選手として出場しました。磐田東高(静岡)からヤマハに入って3年目、150キロを超すストレートを投げ込む右の本格派です。

「鈴木投手のすごさは軽く投げているように見えてポーンと150キロを出すところです。それと体がまだ絞れていない、はっきり言えばポッチャリ体型ですが、それでいてスパーンと速い球を投げる。プロで鍛えたらどこまで伸びるのか、素材としてピカイチの存在です。高卒3年目という若さも魅力だし、高校時代はケガの影響でほとんど投げていないのもプラス要素です。骨折の手術でまだ腕にボルトを入れていますが、美馬学投手(東北楽天)もそうだから問題ないでしょう。プロに進めば将来はチームの柱になれる存在です」

 社会人選手は高卒が3年目、大卒は2年目からドラフト指名が解禁されます。2年前、あるいは3年前に指名を見送った選手の成長を見るのも都市対抗の魅力のひとつだと松本スカウトは言います。

 本格派といえば西村天裕投手(NTT東日本)も注目です。彼は帝京大学時代、1年春から首都大学リーグ戦に出場して通算25勝をあげました。150キロ近いストレートを投じる右腕で、大学4年時には当然ドラフト候補でした。松本スカウトが振り返ります。

「彼は15年秋のドラフトで注目された存在でした。ただそのときはドラフト直前に左ヒザを負傷。それでどの球団も指名を回避したんです。社会人に進んで2年目の今年はリリーフとして活躍しています。大学時代はストレートで押す単調なピッチングでしたが、今は変化球で勝負ができる。その変化球もキレ、コントロールともにプロで通用するレベルに成長しました。都市対抗では残念ながら打ち込まれましたが、我々スカウトは試合結果は気にしない。上位で消える選手でしょう」

 ところでプロのスカウトは選手のどんなポイントを重視しているのでしょうか。「スカウト個々に独自の見方がある」とした上で、松本スカウトはこう語りました。

「私が投手で重視するのは腕のしなりです。肩や肩胛骨周辺に柔軟性があると腕をムチのようにしならせて使える。オリックスの西勇輝投手のようにビュンッと腕を振って投げるタイプは逸材が多いですね。野手は足の速さと肩の強さを重視します。その後でグラブ捌きや打力です。足と肩、これが一級品ならどこか(のポジション)で使ってもらえますよ」

野手No.1はトヨタ・藤岡

 菊池選手を発掘した際、「常人レベルじゃない強肩にふるえました」と言う松本スカウト。今年イチオシの野手は藤岡裕大選手(トヨタ自動車)です。

「彼の肩の強さはS級、菊池と同等かそれ以上。今年はショートを守っていますが内外野、どこを守ってもあの肩なら活躍できる。社会人ショートはどの球団も欲しがるので、あとは指名順位との兼ね合いで争奪戦になるでしょうね」

 ドラフト会議ではよく"隠し球"として意外な選手が指名されます。今年の都市対抗でそんな選手はいたのでしょうか。

「今は情報量も多く、ネット社会なので本当の意味で隠れた逸材は少なくなりました。どの球団も、自分たちだけ"視察漏れ""リスト抜け"があると大変だから、それこそどんな大会でも足を運びます。だから都市対抗まで進んでくると"隠し球"はありません。でも自分なりの高評価選手という意味では、今回は丸子達也選手(JR東日本)と松本直樹捕手(西濃運輸)でしょうか。丸子選手は左投左打で守るポジションが限られますがパンチ力のある打撃が魅力です。広陵高校出身で早稲田大に進んだ野球エリート、地元ゆえ広島としては要チェックの選手です。それに彼は私と同じ呉市出身で実家も近所なんです(笑)。それもあって目をつけています。松本捕手は立教大時代は控え捕手でしたが、社会人になってレギュラーをつかんだ。捕手はどの球団にとっても重点的な補強ポイントですから、即戦力の社会人捕手として注目しています」

 左腕では大会優秀選手に選ばれた田嶋大樹投手(JR東日本)がさらに評価を上げました。1回戦の伏木海陸運送(高岡市)戦は、自己最速152キロのストレートを140キロ台に抑える省エネピッチングで1安打完封。即戦力サウスポーはどの球団も喉から手が出るほど欲しい存在です。松本スカウトも以下のようにべた褒めです。「田嶋投手はまっすぐの伸びが素晴らしかった。そして都市対抗ではカットボールやスライダーも良かった。広島は現状、1軍に左投手がほぼいない状態ですから、当然、リスト上位です」

 そして話題はおのずと今年のドラフト会議の目玉・清宮幸太郎選手(早稲田実業)に。

「清宮君はリストが柔らかく、フォロースルーが大きな天性の長距離砲。先ほど"野手は足と肩"と言いましたが、彼くらいの長打力があれば話は別。たとえファーストしか守れなくても助っ人外国人と真っ向勝負できる逸材ですよ。うち(広島)が指名するかどうかは別にして、今のところ5~6球団が1位指名すると見ています。選手としての能力はもちろん、彼の注目度と人気は球団として放っておけない。だって、プロはお客さんに来てもらってナンボですから。そういう意味でも超逸材です」

 都市対抗が終わると、甲子園、そして秋には大学野球のリーグ戦が始まります。「数年後、菊池や丸佳浩がいなくなったときのことを想定して今から動いています」と松本スカウト。視線の先には「常勝軍団」があります。

K.Ninomiya二宮清純

二宮清純コラム プロ野球ガゼット

二宮清純

国内外で幅広い取材活動を展開し、独自の視点からスポーツジャーナリストとして切れ味のよいコメントを繰り出す。毎週火・金更新。

BACK NUMBER

2017年9月22日(金)更新
監督の人事権と選手のプライド
V2広島、雨降って地固まる?
2017年9月19日(火)更新
世界を驚かせた田浦文丸のチェンジアップ
「現代の魔球」で目指すは若林忠志2世
2017年9月15日(金)更新
阪神・掛布2軍監督、退任で考える
若手育成はスパルタか、自主性重視か?
2017年9月12日(火)更新
清宮、安田、中村。史上最強U-18に木製の壁
世界の王の教えは「体で振るな」「壁を作れ」
2017年9月8日(金)更新
SBサファテ、セーブ日本新記録達成
1S=0.8勝の名球会レートは妥当か否か
2017年9月5日(火)更新
「生涯一投手コーチ」権藤博の継投論
完投よりもワークシェアリングを!
2017年9月1日(金)更新
マジックナンバー3度消灯の広島
苦戦は緊張感持続の”良薬”か……
2017年8月29日(火)更新
二段モーションで「反則投球」の困惑
西武・菊池雄星の修正能力に注目
2017年8月25日(金)更新
独走・広島に”踏んだり蹴ったり”の試練
4番・鈴木誠也骨折でCSは大丈夫か!?
2017年8月22日(火)更新
甲子園を沸かせた商業高校の受難
今夏は1校。なぜ勢力図は変わったか!?
2017年8月18日(金)更新
本塁打量産から見える「変わりゆく高校野球」
加速する「小技からパワー重視」の流れ
2017年8月15日(火)更新
祝!阿部慎之助、17年目の2000安打達成
将来は巨人戦後初の「捕手出身監督」も
2017年8月11日(金)更新
プロ野球にも誕生した「初っ切り」文化
サントリードリームマッチは「真夏の夜の宴」
2017年8月8日(火)更新
主役交代の夏 '83PL学園-池田戦
踏み込んだ桑田、踏み込めなかった水野
2017年8月4日(金)更新
抱腹絶倒のランニングホームラン
江夏豊が語る”仏のゴローちゃん”伝説
2017年8月1日(火)更新
谷元の駆け込みトレードで思い出す
阪神・田淵、深夜の電話通告の真相
2017年7月28日(金)更新
ネット裏から見た今年の都市対抗
広島・敏腕スカウトが狙う即戦力
2017年7月25日(火)更新
中日・森監督「我慢」の小笠原続投
長嶋は未完・新浦を、どう育てたか
2017年7月21日(金)更新
1年ぶり復帰、阪神・西岡の試練
32歳の外野手転向は成功するか?
2017年7月18日(火)更新
「練習は量より質」が早実流
甲子園レジェンド荒木大輔の回想
2017年7月14日(金)更新
江夏、球宴奪三振ショーの舞台裏
”パの顔”野村が示した「ささやかなる抵抗」
2017年7月11日(火)更新
巨人のアキレス腱は”猫の目”セカンド
常勝チームに「名二塁手あり」の鉄則
2017年7月7日(金)更新
ショートW新人王なら球界史上初
”ゲッツー崩し”禁止も追い風か!?
2017年7月5日(水)更新
優勝5回の名将・上田利治さん死去
1時間19分、シリーズ猛抗議の真相
2017年7月4日(火)更新
高校野球、夏の地方大会が続々開幕!
「未完の左腕」のコントロール矯正法
2017年6月30日(金)更新
ダイヤモンド1周15秒88の新記録
「時を止める」ホームランの魅力と魔力
2017年6月27日(火)更新
フェンスに消えた打球の謎
米国には”蔦のからまるボール”も
2017年6月23日(金)更新
日米通算2243安打・井口引退
盗塁王狙いで打撃開眼の理由
2017年6月22日(木)更新
列島を熱狂させる”清宮の夏”
甲子園最大のヒーローは誰か?
2017年6月20日(火)更新
やはり敬遠にドラマあり。
巨人・亀井の「3度目の正直」
2017年6月16日(金)更新
巨人、史上4例目の無安打無得点リレー
”13連敗ショック”から立ち直れるか
2017年6月13日(火)更新
ドミニカの新星、広島・バティスタ
長打率9割の大砲と6年契約の背景
2017年6月9日(金)更新
巨人、球団史上ワーストの12連敗
「勝ちながら育てる」メソッドを
2017年6月6日(火)更新
2000安打達成、荒木雅博の原点
肥後もっこすと熊工野球
2017年6月2日(金)更新
職人監督・辻発彦のレオ再建策
キャプテンが代わればチームも変わる
2017年5月30日(火)更新
10勝1敗、広島と巨人の”カモネギ”関係
されど油断禁物!73年阪急の悪夢
2017年5月26日(金)更新
最下位脱出へ!「竜投」を牽引する
「困ったときの又吉克樹」は四国ILの星
2017年5月23日(火)更新
阪神、35年ぶりの”敬遠リベンジ”なる!
それでもOB若菜嘉晴「申告制にドラマなし」
2017年5月19日(金)更新
自力V消滅、ロッテに明日はあるか!?
OB里崎智也が語る浮上の条件
2017年5月16日(火)更新
「防御率隠れ1位」阪神・藤浪晋太郎
「力み」を武器に変えるリードに期待
2017年5月12日(金)更新
「新完封男」巨人・菅野智之
エースの条件について考える
2017年5月9日(火)更新
阪神、32年ぶりの日本一への狼煙か
対広島戦、大逆転勝利の余波
2017年5月5日(金)更新
復刻版ユニホームで再燃?
阪急と近鉄、今も消えないライバル心
2017年5月2日(火)更新
21年前、オリ日本一を支えた名手が語る
守備の極意は「球際よりも第一歩」
2017年4月28日(金)更新
連敗地獄に喘ぐ北海道日本ハム
メークドラマ再現、それとも下克上!?
2017年4月25日(火)更新
四国ILから這い上がってきた男
巨人・篠原慎平は”育成の星”か!?
2017年4月21日(金)更新
ロッテ石川、0勝3敗で2軍落ち
不振の原因はWBC後遺症?
2017年4月18日(火)更新
就任2年目に勝負に出る梨田流
「2番・ペゲーロ」で”いてまえ打線”再現へ
2017年4月14日(金)更新
国民的ヒロイン浅田真央引退で考える
プロ野球選手の2つの引退パターン
2017年4月11日(火)更新
BC福島兼任監督・岩村明憲が現役引退
名将・三原、怪童・中西の「なにくそ魂」とは?
2017年4月7日(金)更新
死球巡り、バレ(S)と矢野(T)が退場!
鉄人・衣笠が説く投手と打者の「暗黙の了解」
2017年4月4日(火)更新
両軍28四死球で5時間24分。
「平均試合時間3時間以内」の目標はどこへ

お申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」