長澤まさみ

  • 長澤まさみスペシャルインタビュー
  • 関連作品
  • 関連番組

2003年のデビュー以来、
数々の日本映画やドラマに出演し、女優としての才能を開花させてきた。

台湾ドラマ「ショコラ」で、初めて海外作品への出演を果たす。
日本のみならず、アジア各国でも高い人気を誇る彼女の、新たなるチャレンジだった。

全編ほぼ中国語のセリフ。約4ヵ月もの間台湾に滞在し、撮影に挑んだ。
不慣れな言葉、見知らぬ現場。

台湾でのエピソードや、今後、挑戦してみたいことなど、
長澤まさみの踏み出した、新たな一歩に迫る。

「中国語の言葉の響きが好き」

――台湾ドラマへ出演されましたが、どのような経緯だったんでしょうか。出演するにあたり、不安はありませんでしたか?

出演に関しては、日本のドラマとかと同じように普通にオファーを頂いていて。マネージャーさんと次のお仕事をどうしようか考えているときで、興味もあったのでやってみたいなと思いました。海外でお仕事するの、大好きなんですよ。なんとなくですけど、中国語の言葉の響きとかも好きだし、しゃべってみたいなぁって。そんな、興味本位な感じです(笑)。不安はあまりありませんでしたね。楽しみでワクワクしてました。実際行ってみると大変だったけど、いい経験ができました。

――4ヵ月間、台湾に滞在しての撮影だったそうですね

住んでいたところは、アパートって言うよりは、ホテルみたいな感じのところ。食事も外で食べることが多かったです。台湾って、いろんなお鍋があるんですよ。火鍋とか、すっぱい白菜のお漬物の鍋とか。よく食べに行ってましたね。共演者の方と食べに行ったこともありました。

――やっぱり、台湾の撮影現場は日本とは違った?

もう、いろんな所が違うんです。いっぱいありすぎて……。一番びっくりしたのは、もうあと2カットくらいで終わるのに「時間が来たからゴハン!」って、中断しちゃうんですよ。突然、お昼になるし、夕飯になるし、夜食になる(笑)。テスト撮影も無かったりして、いきなり本番とかもよくありました。本当にざっくりしてましたね。ドラマ自体も、割と表現がざっくりしてるっていうかストレートなので、日本の方が観たときにどんな風に受け止められるか、楽しみですね。

――オフのときはどんな風に過ごしていましたか?

ほとんどオフはなかったですね。お休みの日もセリフを覚えなきゃいけないし。でも年越しは、家族を呼んで少し観光地巡りができました。台湾の年越しって、花火をやるんですけど、打ち上げるんじゃなくてビルから吹き出るんです。だから、ビルが燃えてるみたいで(笑)。名物のビルの周りに人がたくさん集まっていて、その花火をみんな見てるんですよ。日本じゃ全然見られない光景で、面白かったです。

ページ上部に戻る ↑

「自分に無い価値観に出会えるのが楽しい」

――演じられた千恵というキャラクターは、じゃじゃ馬な性格で体を張ったシーンもいくつかありましたが、印象に残っているシーンはありますか?

ビンで人の頭を殴るシーンがあって。日本ではよくバラエティとかでやるような飴細工のビンで叩くんですけど、日本のドラマではあんまり使わないから面白かったですね。そのときも、最初はテストだと思ってフリでやったら「本番だよー!」ってなりました(笑)。

――「恋してる女の子が一番強い」なんてセリフもありましたが、共感したところもある?

そのセリフは正直、分かんなかったかな。「そうなんだ!」って思いました(笑)。共感までは行かなかったけれど、千恵の深い愛というか……逆境に負けない強さを持っているところは、すごく格好いいと思います。千恵はストレートに自分の思いを伝えて、自分の正義を振りかざして「私についてくれば大丈夫!」っていう女の子。すごく潔いし、勇敢だなと思いながら演じていました。

――海外作品へは、ジョン・ウー監督の映画「太平論(原題)」にも出演されて中国でこの年末と来年に2部作で公開されます。今後、海外への意欲は?

私、外国に行くのが好きなんです。外国の人とお仕事をするのも好きで、自分に無い価値観に出会えるのが楽しくて。なので、機会があればぜひ出演したいです。とはいっても、海外作品だけにこだわりたい訳ではないので、いい作品に出合えればと思っています。

――今後、挑戦してみたいことはありますか?

アクションです! 観るのはあんまり得意じゃないんですけど。ハラハラ、ドキドキしちゃうんで(笑)。観る側としては、安心できるような作品が好みなんですが、先日出演した作品にちょっとだけアクションっぽいフリがあって、すごく楽しかったんです。そういう、アクションだったり、ダンスだったり、体を動かすような役をやってみたいですね。

2014/11/28掲載

撮影:松田忠雄 スタイリング:百々千春 ヘア&メイク:SHIZUE 取材・文:宮崎新之
衣装協力:ニットワンピース 14,200円/フレイ アイディー(フレイ アイディールミネ新宿2店)
シューズ 10,800円/リリー ブラウン(リリー ブラウンルミネエスト新宿店)

ページ上部に戻る ↑

関連作品

長澤まさみ主演DVDのご紹介

「ショコラ」

2015 年1月7 日よりTSUTAYAでのみレンタル開始

STORY

刑期を終え仮出所したが、慕っていた組長・松奇(ソンチー)が極道を辞め何故かケーキ店に転身したのを知り呆然とする是吾(シーウー)。そこへ亡き姐さん・瑪亜(マヤ)の面影を持った千恵という少女が「今日からここで暮らしてあげる」突然現れる。こうして元ヤクザがはじめたケーキ店で奇妙な生活が始まる――。

DVD-BOX1 2015年1月16日発売
DVD-BOX2 2015年2月4日発売
各¥15,000(税抜)
発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ
セル販売元:エスピーオー

ショコラ

ページ上部に戻る ↑

J:COM

Copyright © Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」