「王になった男(原題)」 ヨ・ジング インタビュー 写真提供:KNTV

暗殺の危機に怯える王が、ひとりの男に命じた任務。それは、自身の影武者となることだった――。王と瓜ふたつの道化師の、命をかけた宮中生活が今、はじまる!
2013年日本公開の大ヒット映画『王になった男』をリメイクした最新大型時代劇を、6月よりKNTVで日本初放送。映画で主演を担ったイ・ビョンホンから、その魂を受け継いだ若手実力派俳優、ヨ・ジングのロングインタビュー!

ヨ・ジング ハソン/イ・ホン 役

Q.KNTVで6月から『王になった男(原題)』の日本初放送がスタートします。今のお気持ちは?
たくさんのスタッフの方々、先輩俳優の方々と一緒に、寒い冬の間、汗水流しながら一生懸命作り上げた作品です。韓国でも想像以上に良いお言葉をいただき愛していただけた作品を日本の皆さんにも見ていただける機会ができ、とても光栄です。たくさん愛していただき、楽しんでご覧いただければと思います!
Q.演じられた役柄のご紹介をお願いします。
ハソンとイ・ホンという一人二役を演じました。見た目は瓜二つで、双子よりも似ている2人なんですが、生まれた環境も異なり、それぞれの人生も全く違う人物です。ハソンは旅芸人ですがとても肯定的で、前へ前へと進んでいく意志が強いキャラクターです。両班や君主にも怖じ気ない、楽しく遊んでこそ芸人だという考えで気後れしない人物です。一方イ・ホンは、朝鮮時代の王の血を引き、君主となった人物ですが、周りの人たちを一様に疑う、僕もこれまでにお見せしたことのないような姿をたくさんお見せできる役柄です。堕落していく部分もあり、また気の毒でもあり、ある時は狂ったように恐ろしい人物にもなります。そんなパワーを持った2人のキャラクターを演じました。
Q.見どころを教えてください。
人物の設定自体がとても魅力的だと思います。もちろん僕がお見せする一人二役という点も楽しんでいただけると思いますが、周りにいる王に仕えるイ・ギュ(キム・サンギョン扮)や悪役のシン・チス(クォン・へヒョ扮)など、一人ひとりにもストーリーがあり、そんな人物が集まっているんです。お互いにどのように感情のぶつかり合いがあり、どんな事件を謀議して克服していくのか、ストーリーに着目していただけると面白いと思います。また、韓国の自然や韓国時代劇でしか見られない撮影セットなど、カメラに映る全てのものに気を遣って撮影しました。そういった部分も楽しんでご覧いただけると思います。
写真提供:KNTV
Q.台本を初めて読んだときの印象は?
初めて読んだ時は、この役を僕が演じていいのかとたくさん悩みました。一人二役もそうですし、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、原作である『王になった男』という映画(2013年日本公開)がとてもたくさんの愛を受け、僕自身も作品のファンでした。僕が見習わなきゃと思う俳優、イ・ビョンホン先輩が映画の主演をされていて、そのような大切な作品にリメイク作とはいえ僕が参加して、上手くできなかったらどうしようと思いました。ですが、一人二役という役割に巡り合えるのは簡単なことではないですし、むしろ今の若い年齢でないと難なく挑戦することはできないと思い、少し欲を出して出演を決めました。
Q.映画がヒット作ということでプレッシャーも感じたと思いますが、どのように乗り越えましたか?
そうなんです。先ほどもお話しましたが、映画が公開されたときすぐに観ていて、僕自身大好きな作品だったので、その点が一番悩みでした。むしろハソン/イ・ホン役以外の何役をやったらいいだろうかと思っていたほどです(笑)。監督と一日も早くお会いしたかったのですが、お会いした時、キム・ヒウォン監督が僕にこんなお話しをしてくださったんです。「このドラマは原作があるからリメイクという言葉がついているけれど、実際はリメイクではなく新たに作り上げていかなければ意味がない。ジングさんも原作にあったイ・ビョンホンさんの素敵な演技や、自分の中で面白かった要素やかっこいいと思った要素を全て忘れて、一日も早く新たな人物を作り上げてほしい」と言ってくださったんです。その言葉を聞いて気持ちが楽になりました。その時から、自分流のハソン、イ・ホンという人物を描かなくてはと思い、考えるようになりました。
Q.では、ドラマ版ならではの魅力は?
今作は映画とは違うストーリーになっています。登場人物も多彩になり、ハソン/イ・ホンと王妃の、甘い部分もあり危うい部分もあるラブストーリーもより追加されました。また、人物の性格も変わり、臣下と君主との間柄も変わりました。映画にはなかったシン・チスという人物を通して新たなストーリーが生まれ、より緊迫したストーリーができました。序盤の1、2話はあえて原作に寄せて進んでいくよう作っていますが、それ以降は完全にドラマならではのカラーを楽しんでいただけると思います。
Q.正反対の一人二役を演じましたが切り替えは大変ではありませんでしたか?
確かに簡単ではありませんでしたが、とてもありがたい事に、監督とスタッフの方々がとても配慮してくださいました。一方の人物を撮る時は最大限その人を撮り、もう一方を撮る時はその人を撮るようにしてくださいました。また、撮影時は目の前に代役の方を置いていただき、その方と呼吸を合わせながら撮影しました。
Q.第1話のエンディングはドラマ史に残る名場面だと思いますが撮影時のエピソードを教えてください。
代役の方と、あとはCGの力も借りましたね。実はそのシーンは僕自身も気になっていた場面でした。その場面が放送されて自分の目で見てから、少しずつ一人二役という役割をこのように演じていかなければという確信を持てるようになりました。なので少し惜しい気持ちも残っています。放送まで3か月ほど時間に余裕を持って撮影していたので、その3か月間撮影しながらもどかしい部分があったんですね。一生懸命準備しましたが、どうしても僕が僕の目を見ながら演じることができないので、自分がどのように演じればいいのか、少し惜しいなと感じることがありました。現場でたくさんの助けを借りて演じていましたが、実際に「あ、こうやればいいんだ」という確信は持てなかったんです。それが第1話のエンディング場面を見て、これからこうやっていけばいいんだなという考えを持てるようになり、僕自身も不思議で印象深い場面でした。だからこそ、もっと上手くできたのにという心残りがあります。
写真提供:KNTV
Q.ハソンが芸や舞を披露するシーンもありますが撮影時のエピソードを教えてください。
とても凝って撮影したシーンでした。外見は似ている2人ですが、一方のイ・ホンは人を拷問したり首をはねたり、自分の権力を守るためにとても鋭く敏感になっている状態でした。もう一方のハソンは、芸を披露しながら、とても幸せに楽しんでいる姿をお見せする場面なので、たくさん悩みました。僕だけでなく、一緒に芸人役で出演されている俳優たちで集まって、1か月半ほど練習して準備した場面でした。撮影の日は、クランクインから1週間ほどしか経っておらず、ほとんど初日のような雰囲気でとても緊張しましたし、どのように映るかも気になっていました。衣装もかっこよく、様々な点で気に入っている場面です。
Q.久しぶりの時代劇の現場はいかがでしたか?
幼い頃から時代劇に出演してきたので、久しぶりだなとは思いましたが、幸いぎこちなくはありませんでした。僕も心配していましたが、ぎこちないこともなく、楽しかったです!時代劇でしか見られない美しい場所を訪ねながら、とても楽しく撮影しました。
Q.今おっしゃった通り美しい場所がたくさん出てきましたが、特に記憶に残っているロケ地はありますか?
僕もあんな美しい場所があるなんて知りませんでした !(笑) 時代劇は何作か撮ってきましたが、その中でも今回のドラマで初めてお見せする場所が1、2箇所ありました。「わ~こんなところがあったんだ!」と思いながら撮影していました。韓国で放送された時も、どこで撮影したのかとたくさん連絡がきました。場所を教えてくれととても多くの質問を受けました。日本の皆さんに来て頂くにはまだ訪ねるのは難しいところで、韓国の方でも難しい場所です(笑)。
Q.イ・ホンの狂気の演技が印象的でしたがどのように準備されましたか?
本当に難しかったですね。作品の中でとても目立つ役割だったので、イ・ホンを演じる時、心の中ではもっと遊びたい気持ちだったのですが、僕が一度も演じたことがないケースのキャラクターなので、どの程度表現したらカメラに残るのか不明確だったことが、イ・ホンをいう役を表現する上で序盤は苦労しました。ですが、現場で監督と先輩の方々が確信をくださったので、ありがたいことにたくさんの方からお褒めの言葉をいただけたと思います。イ・ホンという役を演じる時は、僕自身もどのように進んでいくか分からないので、新しい気持ちで準備をしました。計画を立てて、この感情でこのカットを撮ろうというよりは、現場で少し即興的に演じるようにしていました。周りの方々が助けてくださったのでイ・ホンという役を作り上げることができたと思います。
Q.ヨ・ジングさん自身はハソンに似ているかと思いますが演じながらイ・ホンにも共感できたりときめいたのでは?
本当にそうでした。2人とも忘れられない理由の一つが、ハソンはハソンなりの心が痛む出来事があります。そしてまたイ・ホンも、悪事もたくさんしますが、僕がもし朝鮮時代の王という怖いものが何一つない地位にいたとしたら、自分を一番脅かすものは何かと考えた時に、イ・ホンのようにならないとは言い切れないと思いました。自分がいつ暗殺されるか分からない状況だったら、絶えず回りの人を疑うだろうと僕でも思うので、少し共感できました。それでもやはり、悪いやつですけどね(笑)。イ・ホンはとても気の毒な人物でもあります。幼い頃から父親から受けたひっ迫と愛情欠乏があったので、それをソウンに求めたりもしました。ですが、その部分こそ気をつけなければならないと監督と話していました。イ・ホンという人物が持つ心の傷が視聴者の方に対して魅力的に映ると、ハソンに比べてとても長い期間に渡って胸を痛める傷を負ってきた人物なので、ハソンよりイ・ホンにフォーカスされてしまうかもしれない恐れがありました。そのためイ・ホンを演じるときは少し自制していました。
Q.本作で色気が増したと話題ですが、ご自身では何か心境の変化があったのでしょうか?
そこまでではありませんが(笑)、そのように受け止めていただきありがとうございます(照笑)。ですが撮影時はたくさん悩んだ部分です。もちろん役作りのときには悩まない事なんてないのですが、それでも特に悩みが大きかったです。イ・ホンの退廃的な姿を表現する時、オーバーにしてしまうと視聴者の方の反感を買ってしまうのではないか、どの程度まで表現したらよいか、たくさん悩みました。このような役を演じたことがなかったので、演じてみたいとは思っていましたがあまりにも早く実現することになったので(笑)、現場ではとても心配していました。撮影しながら、監督が「もっとやらなきゃ、もっとやらなきゃ」と仰るので(笑)少しずつ少しずつやっていた記憶があります。僕が思っていたよりはるかに多くの方が、イ・ホンのそのような場面でさえもたくさん愛してくださったので意外でしたが、それで僕自身もさらに自信を持って演じることができました。
Q.現場の雰囲気はいかがでしたか?
一人ひとりが本当にこの作品に愛情を持って現場に臨んでいました。もちろん全ての作品でそうですが、今回の作品は、より一層現場の雰囲気が良かったと思います。監督をはじめキム・サンギョンさん、チャン・グァンさん、クォン・ヘヒョさん、皆性格もよく合ったので、とても楽しく撮影していました。
Q.イ・セヨンさん(注:イ・ホンの正室役)との共演はいかがでしたか?
とても感謝したいことが多いです。イ・セヨンさんが演じたソウンという役は、序盤から中盤まではとても説明が少ない人物なんです。一歩誤れば視聴者の皆さんがソウンという人物に共感できなくなる、難しいポジションだったと思います。僕もどうやってソウンとぶつかったらいいのか悩みましたが、それにも関わらず、セヨンさんは現場ではいつも明るいエネルギーで迎えてくださいました。何より演技がとてもお上手なので、僕はむしろ演じるたびに「(足を引っ張らないよう)僕さえ上手くできれば!」と思っていました(笑)。なので、とても頼りながら演じていました。
写真提供:KNTV
Q.イ・セヨンさんの携帯の待ち受け画面がヨ・ジングさんだったそうですが、ご覧になりましたか?
はい、見ました!とてもありがたかったですし、それを機に僕ももっと努力しなければと思いましたし、親しくなりました。そのように先に歩み寄って来てくださったことが多く、僕がより良くしようと努力すると、さらにそれよりもっと良くしてくださるので、感謝したいことは一つや二つではありません。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
Q.王妃(ソウン)とのロマンスがドラマ版ならではの魅力だと思いますが、記憶に残っているラブシーンはありますか?
僕が台本を読みながら衝撃を受けたのは、書庫でソウンがハソンに告白をしてキスをするシーンでした。前例のない場面だったと思います。ソウンという役も素敵でしたが、そのような場面を書いた脚本家さんも素敵だと思いました。撮影をしながらも、「わーこの場面が放送されたらたくさんの方がびっくりするのではないかな」と思いました。時代劇というジャンルで王妃が先に気持ちを表現するということが、僕にも衝撃で、期待していた場面でした。それから、今まで“夫婦”のロマンスは演じたことがなかったのですが、お互い楽にできたと思います。単に彼氏・彼女の関係ではなく、既に夫婦であるため、お互いに限界がありませんでした(笑)。リハーサルの時も様々な状況を試して呼吸を合わせてみたり、監督と打合せをしながら決めていったり、そのようなことが楽しかったです。
Q.KNTVでは『「王になった男」制作日誌』も日本初放送します。メイキングを見るとキム・サンギョンさんととても仲良さそうでしたね。先輩との共演はいかがでしたか?
キム・サンギョン先輩はとても良くしてくださいました。キム・サンギョン先輩のモットーはいつも”楽しく!楽しく!“なのですが、現場でどうすれば楽しく撮影できるか考えてくださいました。本当に現場のムードメーカーでした。キム・サンギョンさんの話をしたら会いたくなってきました(笑)。惜しまず僕に助言もたくさんしてくださり、僕に大きな愛をくださって感謝しています。僕にもいつか後輩ができたら、先輩のように現場を和らげていかなければなと感じました。俳優としてだけではなく、現場で先輩としてどのようにしたらいいかを見せてくださった、大好きな先輩です。
Q.第1話にチャン・ヒョクさんが特別出演されましたが、現場ではどんな話をされたのでしょうか?
僕がチャン・ヒョク先輩の子供時代を一番多く演じた俳優だと思います!幼い頃からやってきて、僕の記憶で3~4作やったと思うのですが、チャン・ヒョク先輩には久しぶりにお会いしました。最後にお会いしたのが、僕が中学3年か高校1年生の頃だったので、本当に久しぶりで感慨深かったです。俳優としてチャン・ヒョク先輩の子役を演じてきて、今は一つの役を担ってご挨拶することができたので、僕自身も一生懸命やってきたなと感慨深かったです。何より先輩に久しぶりにお会いできて本当に嬉しかったです。以前は先輩の幼少時代を演じていましたが、今作は父親と息子という役でお会いしたので、とても新鮮でした(笑)。そのシーンはお互い対立する緊迫感あるシーンだったんですが、カットがかかれば先輩と絶えず笑い合いながら撮影していました。
Q.「キム・ヒウォン監督が真の俳優として生まれ変わらせてくれた」とおっしゃっていたと聞きましたが、本作をやる前と後ではどのような点が変わりましたか?
以前は僕はたくさん「聞く」方でした。たくさん話を聞いて、たくさんの人に相談して、それらを統合して、たくさんの人の意見が合わさったキャラクターを作っていました。そうしていた理由の一つに、自分の中で確実でなく、この考えは合っているのかと疑問を持つことが多かったので、監督や先輩俳優、スタッフの方々に伺っていたんです。今回の『王になった男』は、質問をするからにはまず自分がキャラクターを決めて、どのように動くか、どう表現するかを決めて撮影現場に来なければ監督の考えを聞けなかったんです。それでそのように準備しました。正直、最初はとても漠然としていました。現場に着いたら監督が「じゃあ、やってみて!」とおっしゃるんです!(笑)「どう演じるつもりなのか、さあ早くやってみせて」と言われたので(笑)、最初はどうしたらいいのだろうと困りました。しかし、そうやって撮影しながら、こうして準備しなければいけないのだな、どのようにその人物が動くのか、から始まり細かいこと一つ一つを考え、難しい道、難しい道にいかなくてはいけないのだなと考えるようになりました。そういった意味でもキム・ヒウォン監督にはとても感謝しています。作品自体もたくさんの愛をいただき、とても嬉しかったですし、僕自身に新しい演技観を教えてくださった方なので、とても感謝しています。
Q.ではヨ・ジングさんが考える「真の俳優」とはどのような俳優だと思いますか?
そうですね、難しい質問ですが、自分はどんな俳優になるのか、どんな俳優が「真の俳優」なのか、今後も自分自身に問わなければならない質問だと思います。とても難しいですが、僕が選んだ演技という道は、ドラマや映画など、現場という環境で演技をする俳優なので、その現場で生きようとするととても難しいんです。その現場で、有機的に準備してきたものを披露する時もあれば、全部捨てて即興で演じなければならない時もありますし、同じシーンの撮影でも違うテイクを撮るとなると様々な方法があり、そういったことに早く慣れたいと思いながらも漠然としていて、俳優というのはどのように前へ進んでいかなければならないのか、正直よく分かりません。その質問に答えるのはとても難しいと思います。ですが、俳優というのはずっと開かれていなければならないと思います。感情や人間の行動について、単純にこうだと決めつけてはならないと思いますし、こうだと思った人がどう変わるか分からないのが人間であり、作品ごとに新しい人間をお見せするのが俳優であり、自分自身を置いておいて演じることができなければならないので、必要なことが多いのが俳優だと思います。
Q.印象に残っているセリフ・場面は?
ハソンのセリフの中に、「私は旦那様を信じます」というセリフがあります。それがイ・ホンとハソンの一番大きな違いだと思いました。心の中では誰でも考えることはできますが、言葉にして相手に確信を与えられるか否かが二人の大きな違いだったと思います。イ・ホンは誰よりも信頼に切実であり、自分の横にいる人を信じたかった人物ですが、結局は自らのために全ての信頼を失ってしまう人物でもありました。後半にハソンが「私は旦那様を信じます」と言う時、僕自身その台本を読みながら、ハソンの口からついに他の人へ信頼を与える言葉が出たのだなと、そのシーン自体がとても印象的でしたし、そのセリフのために進んでいったのだなと思いました。
写真提供:KNTV
Q.本作がヨ・ジングさんに残したものは?
自分自身に信頼を持てるようになった作品です。これまではずっと、スランプというか、演技というものが漠然としていた時もありましたし、自らが俳優として悩んでいた時期があったのですが、思いもよらない時期に『王になった男』のハソンを通じて、僕自身が自分を信じなければいけないなと思うようになりました。またそうしようとすると、より難しく演じていかなければなりませんでした。ですので、この作品を人生の代表作に挙げる理由の一つが、たくさんの方に見ていただきたいからということもありますが、僕を成長させてくれた作品でもあるので、ヨ・ジングにとって大きな代表作だと思っています。
Q.最後に放送を楽しみにしている日本のファンにメッセージをお願いします。
皆さんこんにちは。『王になった男』で、皆さんに久しぶりにご挨拶することになりました。僕がとても大切にしている作品であり、僕にとって大きな力になった作品でもあります。皆さんにも楽しんでいただける作品だと思います。僕が一人二役という大きな挑戦もしましたし、たくさんの方々の努力が詰まった作品なので、楽しんでご覧いただけると思います。ありがとうございます。たくさん愛してください!
写真提供:KNTV

【番組概要】

朝鮮王朝時代――芸人のハソン(ヨ・ジング)は妹と共に芸を披露しながら全国を旅していた。漢陽(ハニャン)を訪れたハソンたち一行は、王のイ・ホン(ヨ・ジング/2役)を揶揄する芸を見せる。その場に居合わせた都承旨(トスンジ)のイ・ギュはハソンの芸をやめさせようとするが、仮面をとったハソンの姿を見てイ・ギュは息を呑む。ハソンは王にそっくりの顔立ちをしていたのだ。ハソンに王の影武者役をさせるため、宮廷に連れてくるが、ハソンは庶民がふみにじられる現実を知り、次第に本当の王になって世界を変えたいと願うようになり……。

王になった男(原題)

© STUDIO DRAGON CORPORATION

【放送情報】

本放送
6/29(土)スタート <日本初放送>
毎週(土)20:50~22:20
再放送
毎週(金)12:00~13:30

【関連番組】

本放送
「王になった男(原題)」インタビューSP<日本初放送>
6/24(月)11:30~12:00 ほか
チャンネル
KNTV
韓流まつりTOPに戻る

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」