二宮清純
二宮清純コラム甲子園、光と影の物語毎月第4木曜更新
2022年6月23日(木)更新

04年春、済美で2校目初出場V
ミラクル呼んだ“上甲スマイル”

 夏103回、春94回の歴史を誇る甲子園で、初出場初優勝を果たした高校はこれまで32校(夏15校・春17校)あります。しかし、この快挙を2校で達成した監督は、愛媛の宇和島東高(1988年春)と済美高(04年春)を率いた上甲正典さんしかいません。

マジックのタネ

 88年に母校・宇和島東に紫紺の大旗をもたらした上甲さんが、野球部の創部とともに済美の監督に就任したのは2001年秋でした。翌春に行われたグラウンド開きで、1期生として入部してきた選手たちに甲子園の土を掴ませると、こう語りかけました。「これを自分たちのポジションに撒け!必ず夢の舞台に立ってみせような」

 とはいえ、チームは文字通りゼロからの出発です。練習は基本中の基本からスタート。県大会の成績は、02年夏=1回戦敗退、秋=3回戦敗退、03年夏=1回戦敗退。甲子園は「夢のまた夢」でした。

 しかし、03年の秋、済美は快進撃を見せます。04年のセンバツを目指す県大会1回戦で、この年の公式戦初勝利をあげると、そのまま勢いに乗り大会を制したのです。四国大会でも、準決勝で強豪の高知・明徳義塾高を0対7からひっくり返し、周囲を驚かせます。劇的な勝利の連続は、“上甲マジック”とも呼ばれました。

 さらに、上甲さんにはもう一つの代名詞がありました。それは、“上甲スマイル”です。ピンチを迎えても少しも動じず、選手たちにはベンチから常にやさしい視線を向け、笑顔を絶やさないのです。

 かつて、その点を本人に尋ねると、「ひきつりながら笑っている時もあるんですよ」と、冗談めかして言い、その真意をこう明かしました。

「“師匠”と慕うNHK野球解説者の池西増夫さんに昔、言われたことがあるんです。“上甲君、とかく日本のスポーツは悲壮感が漂いがちだが、本来、スポーツは楽しくやるもんじゃないのか。監督があれだけしかめっ面をしていちゃダメだよ”と。

 確かにそのとおりだなと。選手がグラウンドで戦っているとき、監督ができることと言ったら、彼らが悔いを残さないよう見守ってやることだけなんです。大声を出したところで、あの大歓声の中では通りませんよ。選手たちを安心させ、力を発揮させるには笑顔しかない」

「女房が味方してくれた」

 四国王者として臨んだ04年のセンバツ、済美は初戦で、茨城・土浦湖北高を9対0で下して甲子園初勝利をあげると、2回戦では88年春に、宇和島東が初優勝した時の決勝戦の相手・東邦高(愛知)に1対0で競り勝ちます。

 準々決勝の相手は、甲子園常連の宮城・東北高。序盤に4点を奪われた済美は、劣勢のまま9回裏の攻撃を迎えます。スコアは2対6。最後の攻撃を迎える前、上甲さんは選手たちを集め、こう言いました。

「ようやった。何も言うことはない。ただ、このまま終わってしまったら何も今後につながらない。最後に1点だけ取って、意地を示そうじゃないか」

 東北のマウンドは右肩を痛めていたエースのダルビッシュ有投手ではなく、真壁賢守投手。先発起用に応え、済美打線を8回まで2点に抑えていました。

 9回裏、済美は打ちあぐねていたサイドスロー真壁投手から、下位打線の連打で2点を返して4対6。なおも2死一、二塁でバッターボックスには3番・高橋勇丞選手。真壁投手のストレートを叩くと、打球はライトからの強風に乗ってレフトスタンドに飛び込みました。劇画のフィナーレを思わせるような逆転サヨナラ3ランでした。

 これで再び勢いに乗った済美は、準決勝でも明徳義塾に7対6で競り勝ちます。決勝戦の相手は愛知・愛工大名電高。雨の影響により、センバツ決勝史上初のナイトゲームとなりました。

 6対5と1点リードで迎えた9回裏、福井優也投手が2死二塁のピンチを招きます。ここで上甲さんは、01年の監督就任前に亡くなった夫人の名前を呼び、祈りました。「おい節子、勝たせてくれよ」

 福井投手が投じた117球目、快音を発したサードへのゴロを田坂僚馬選手が、冷静にさばき一塁へ。創部3年目の新鋭校が全国の頂点に立ちました。試合中、ずっと上甲さんは節子夫人の形見であるヘアバンドを握り締めていたそうです。

「あの夜の甲子園は星がよく見えました。お月様も出ていました。もう、あの場面は祈るしかないですからね。きっと女房が味方してくれたんでしょう」

 早いもので上甲さんが他界してから、この9月で8年がたちます。

K.Ninomiya二宮清純
2022年6月23日(木)
04年春、済美で2校目初出場V
ミラクル呼んだ“上甲スマイル”
2022年5月26日(木)
ドラ1引き寄せた06年センバツ
「桑田2世」PL前田健太の本盗
2022年4月28日(木)
上宮の初優勝阻止した東邦の執念
あとひとりから“大どんでん返し”
2022年3月24日(木)
甲子園20連勝中のPL破り岩倉V
神宮大会優勝校、初の紫紺の大旗
2022年2月24日(木)
ドラ9で広島入り、天谷宗一郎
指名を手繰り寄せた運命の一戦
2022年1月27日(木)
野球漫画の4番・水島新司氏死去
「ドカベン」香川伸行引退秘話
2021年12月23日(木)
都城・田口竜二、最強PL相手に力投
84年春、サヨナラ負け直後に謎の笑顔
2021年11月25日(木)
「清原和博の恋人」田子譲治
81年夏、準完全試合達成秘話
2021年10月28日(木)
04夏、大旋風巻き起こした駒大苫小牧
指揮官は道産子の意識をどう変えたか
2021年9月23日(木)
“満塁男”駒田徳広の奈良伝説
「満塁で敬遠」の真相に迫る
2021年8月26日(木)
西本聖vs江川卓、怪物に挑んだ雑草
練習試合の衝撃「ボールが浮いた…」
2021年7月29日(木)
三冠王3度の最強打者・落合博満
秋田工時代を知るライバルの証言
2021年6月24日(木)
87年、PL学園春夏連覇の立役者
橋本清「野村、岩崎への対抗心」
2021年5月27日(木)
78年夏、延長17回制した仙台育英
大久保美智男「背番号1」の呪縛
2021年4月22日(木)
雑草・川相昌弘vsスター荒木大輔
「ひょいとかわされた」苦い記憶
2021年3月25日(木)
90年センバツ準V“ミラクル新田”
史上初2本のサヨナラ弾で快進撃
2021年2月25日(木)
74年春、“さわやかイレブン”旋風
山びこ前夜の池田、奇襲で準優勝
2021年1月28日(木)
15歳と4カ月、史上最年少で夏制覇
桑田真澄、“リアル巨人の星”を語る
2020年12月24日(木)
熱血指導で横浜、80年夏の戴冠
エース愛甲支えた影のヒーロー
2020年11月26日(木)
高知、“傷だらけ”の県勢初V
主砲・有藤通世、1打席の夏
2020年10月22日(木)
甲子園ノーヒッター名電・工藤公康
運命を変えた「ドラフト6位」の謎
2020年9月24日(木)
“脅し”に屈しなかった槙原寛己
金村義明、意地の弾丸ホームラン
2020年8月27日(木)
深紅の大旗、33年ぶりの箱根越え
湘南のラッキーボーイ佐々木信也
2020年8月13日(木)
「左腕の咆哮」静岡商・新浦壽夫
「狙わなくても三振が取れたよ」
2020年8月6日(木)
池田・蔦文也“攻めダルマ”伝説
優勝メンバーが語る「野球と酒」
2020年7月30日(木)
「死球」で完全試合逃した新谷博
「狙ってたら外角に投げていた」
2020年7月23日(木)
85年春、PL清原和博沈黙せり!
2年生捕手が語る渡辺智男の凄み
2020年6月25日(木)
「昭和の怪物」江川卓、最後の夏
作新学院vs銚子商、雨中の死闘
2020年5月28日(木)
荒木大輔擁する早実を粉砕した池田
82年夏、江上光治先制2ランの衝撃
2020年4月23日(木)
「逆転のPL」の立役者・西田真二
78年夏、奇跡を呼び込んだ“読み”
2020年3月26日(木)
上宮・元木大介、隠し球で抗議電話
初甲子園で見せた「くせ者」の片鱗
2020年2月27日(木)
92年夏、松井秀喜5連続敬遠に世間騒然
野村克也が語った「私が明徳の監督なら」
2020年1月23日(木)
熊工・伊東vs八代・秋山、最終回の明暗
ライバルから同僚へ。西武黄金期を牽引
2019年12月26日(木)
習志野対新居浜商、劇的サヨナラ決着
肩を休ませ熱闘を演出した「恵みの雨」
2019年11月28日(木)
牛島と香川。偶然の出会いと早過ぎる別れ
名門・浪商を蘇らせた「黄金バッテリー」
2019年10月24日(木)
78年センバツ、津田恒美の衝撃デビュー
ライバルが見た“炎のストッパー”の原点
2019年9月26日(木)
高野連、金属バットの規制強化へ
国際大会不振の陰に“飛ぶバット”
2019年8月29日(木)
古豪高松商、伝統の「志摩供養」復活
四元号下での勝利、一番乗りなるか!?
2019年7月25日(木)
甲子園に託した夢、「沖縄と戦後」
「南九州の壁」を砕いた安仁屋宗八
2019年6月28日(金)
投手の故障予防に球数の「総量規制」
会議で聞きたい現役球児の“ナマの声”
2019年6月4日(火)
「令和の怪物」佐々木朗希、13奪三振
スピード違反!? 江川卓の牽制球伝説
2019年5月28日(火)
早くも35℃超え! 今夏も猛暑の甲子園
熱中症予防「白スパイク」の早期導入を
2019年5月17日(金)
元スカウトが断言「佐々木は大谷以上」
「令和の怪物」は甲子園に登場するか!?
2019年4月26日(金)
「奇跡のバックホーム」の舞台裏
松山商-熊本工、名勝負の分岐点
2019年4月16日(火)
163キロ「令和の怪物」佐々木朗希
侍ジャパンTD鹿取義隆が占う将来性
2018年9月4日(火)
吉田輝星が体験する「書かれざるルール」
大差でフルスイング、新庄剛志に報復死球
2018年8月24日(金)
敏腕スカウトの小園、根尾、藤原、吉田評
小園は立浪和義、吉田は桑田真澄の再来か
2018年8月21日(火)
西鉄の主砲・中西太、甦る「怪童伝説」
過去と未来をつなぐ「レジェンド始球式」
2018年8月17日(金)
184球完投は「美談」か「酷使」か!?
次なる百年に向け安全確保と健康管理を
2018年8月7日(火)
レジェンド始球式に太田幸司と井上明
三沢対松山商の球審が明かした判定秘話
2018年7月31日(火)
76年前、戦中に行われた”幻の甲子園”
球史から消えた徳島商-平安の名勝負
2018年7月27日(金)
熱闘甲子園が”熱湯”甲子園に!?
猛暑の夏、求められる熱中症対策
2018年6月29日(金)
”ジャイアン”金村義明が輝いた夏
81年報徳V、予選から13連続完投
2018年6月26日(火)
甲子園100回大会に向け熱戦スタート
敏腕スカウトが注目する投打の逸材
2018年1月16日(火)
夏の甲子園でもタイブレーク制導入へ
求められる次の100年に向けた大計づくり
2017年10月3日(火)
清宮幸太郎が求める「環境」と「指導者」
学ぶべきは王貞治、松井秀喜の育成法
2017年9月12日(火)
清宮、安田、中村。史上最強U-18に木製の壁
世界の王の教えは「体で振るな」「壁を作れ」
2017年8月22日(火)
甲子園を沸かせた商業高校の受難
今夏は1校。なぜ勢力図は変わったか!?
2017年8月18日(金)
本塁打量産から見える「変わりゆく高校野球」
加速する「小技からパワー重視」の流れ
2017年8月8日(火)
主役交代の夏 '83PL学園-池田戦
踏み込んだ桑田、踏み込めなかった水野
2017年7月18日(火)
「練習は量より質」が早実流
甲子園レジェンド荒木大輔の回想
2017年7月4日(火)
高校野球、夏の地方大会が続々開幕!
「未完の左腕」のコントロール矯正法
2017年6月22日(木)
列島を熱狂させる”清宮の夏”
甲子園最大のヒーローは誰か?
2016年8月23日(火)
夏の甲子園は2回戦組が有利
連投軽減で将来性の確保を
2016年8月09日(火)
宮本、筒香らを鍛えた
高校野球強豪校の教え
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ