二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年2月7日(木)更新

“再建人”清宮克幸
新たなるミッション

 8シーズンに渡ってヤマハ発動機ジュビロを率いた清宮克幸さんがさる1月29日、都内で退任会見を開きました。100人を超える報道陣が集まったのはトップリーグチームの監督としては異例です。2014年度にはヤマハを創部以来初の日本一に導きました。ヤマハは14年度からの5シーズン、トップリーグですべてベスト4以内に入っています。これからが楽しみだっただけに惜しまれる退任です。

苦境からのスタート

 ヤマハを強豪チームへと変えた清宮さんには“再建人”の印象があります。母校の早稲田大学では監督就任1年目で11年ぶりの関東大学対抗戦Aグループ優勝を果たし、翌シーズンには13年ぶりの大学日本一に導きました。06年度より監督に就任したサントリーでは、前年度リーグ6位から準優勝にまでチームを押し上げ、翌シーズン、ついにトップリーグを制覇しました。ヤマハでも苦境からのスタートでした。就任当時はリーマンショックの後遺症による業績不振で、チームは縮小を余儀なくされていました。

「選手たちのレベル、質はトップチームに比べるとかなり劣るものがありました。彼らにヤマハにしかできない“ヤマハスタイル”を浸透させることがトップ4に入る一番のポイントだと思っていました」

 ヤマハではパワフルなFWを生かしたセットプレーに活路を求めました。清宮さんは選手の採用基準に「強み、個性を持っていること」を挙げました。このコンセプトに従い、体格に恵まれていなくても、トップレベルで活躍できる選手たちを育て上げたのです。その代表例が身長170センチの仲谷聖史さんです。先日、37歳で現役を引退した仲谷さんは、35歳で代表初キャップを刻んだ遅咲きのプロップでした。清宮さんとの出会いがなければ、桜のジャージーを着ることはなかったでしょう。

 退任会見で清宮さんはヤマハでの8年間をこう振り返りました。

「ヤマハ時代の実績と言えば、“ヤマハに行けば何とかなる”“試合に出られる選手になれるかもしれない”という都市伝説的な話が学生ラグビーの間で広まったことです。そういう選手たちがヤマハにトライアウトを受けにくる。それが8年間で一番うれしかったことのひとつです」

 ヤマハでの8シーズンで82勝41敗3分けという通算戦績を残した清宮さんは監督を退き、アドバイザーに就任します。

「一番は堀川(隆延)を男にしたかった。そろそろ“助さん”に“黄門様”になってもらわなきゃ、と思いました」

 堀川とは後任の堀川HCのことです。清宮さんは「彼が結果を出すことを、より推し進める」と新監督をサポートしていく構えです。

恩返しと地域貢献

“助さん”に跡を譲り、ヤマハのアドバイザーに就任した清宮さんですが、このまま“隠居”するわけではありません。退任会見では今後についても口にしました。それは女性と子どもに特化した総合型スポーツクラブ「アザレア・スポーツクラブ」の設立です。静岡県小笠山運動公園(エコパスタジアム)を拠点に、「地域共生できるスポーツ文化を根付かせたい」との思いから生まれました。

 そこで清宮さんはクラブの代表理事を務めます。

「ラグビーだけでなく様々なスポーツと子どもたちの未来を変えていく存在になりたい。日本中に夢や希望を与えられる存在に成長できればいい」

 手始めに女子7人制ラグビーチーム「アザレア・セブン」をつくり、その後はラグビー以外の競技も増やしていく方針です。清宮さんは「年にひとつ、ふたつずつ増やしていく計画で、10年後には20ぐらいのスポーツができればいいと思っています」と語りました。

 清宮さんは「ラグビーへの恩返し」と「地域貢献」を今後の活動の柱に掲げています。それを「アザレア・スポーツクラブ」を通じて行うというわけです。これは清宮さんが以前から温めていたプランでした。13年前、サントリーの監督時代の清宮さんは、私にこう語りました。

「今、ラグビーでしかできない新しい企業スポーツの道をつくっていきたいと考えている。イメージとしては、サントリーにはサントリーホールがあり、文化、音楽関係の方々に愛されているし、それが大きな社会貢献にもなっている。僕は、そのスポーツ版をつくりたい。ホームタウンをつくりながら、企業としての社会貢献的な部分をやっていくことはとても大切です。今後、そうした活動の旗振りをするのも僕の仕事だと考えています」

 清宮さんの新しいチャレンジに拍手をおくりたいと思います。

K.Ninomiya二宮清純
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ