二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年5月16日(木)更新

「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」

 W杯のスコッド入りを目指すジャパンの候補選手たちは現在、オーストラリアに遠征中です。この後、来月の宮崎合宿で現在の約60人から「35人~45人程度」に絞り込まれます。9月の開幕に向け、生き残りをかけたサバイバルレースが続きます。

成功率100%

 ジャパンの候補選手たちの特別編成チーム「ウルフパック」は、3月から強化試合を5試合国内外でこなしてきました。17日にはオーストラリアで最終戦を迎えます。チーム結成の目的はジャパンの候補選手たちに実戦経験を積ませることでした。

 選手の中でもひときわ目を引くのが、ここ2試合で「10番」を任されている松田力也選手です。オーストラリア勢のウエスタン・フォース、ブランビーズBとの強化試合ではスタンドオフとして計117得点に貢献しました。中でもプレースキックの正確さは際立っており、2試合で19本中19本成功、抜群の安定感を示しました。

「いいキックがチームにいい影響を与えられる。キックに対して毎回同じアプローチができるように集中すれば、いい結果が出ていると思う」

 ゴールキックは2点、PGは3点。ラグビーにおけるプレースキックの重要性は言うまでもありません。

 周知のようにジャパンはジェイミー・ジョセフHC就任以降、キックを多用しながら空いたスペースをつくラグビーに磨きをかけてきました。指揮官は「キックは我々の戦いの中で重要な部分。田村(優)と松田はいいスキルとビジョンを持っている。この2人がキープレーヤー」と明言しています。

 インプレーにおけるキックでも松田選手は高いパフォーマンスを披露しました。4月27日のウエスタン・フォース戦では後半7分にウイングの福岡堅樹選手のトライをアシストしました。敵陣左サイドでボールを持つと、利き足とは逆の左足でキックパスを裏のスペースへ通したのです。無人のインゴールではねたボールを福岡選手はグラウンディングするだけでした。

 スコアは51対38。試合内容について聞かれたジェイミーHCは「10点満点中5点」と顔をしかめる一方で、「10番」でフル出場を果たした松田選手については「7点」と合格点を与えました。

バーンズの背中

 松田選手は大学1年からレギュラーとなり、帝京大の全国大学選手権大会5連覇~8連覇に貢献しました。走って良し、蹴って良し、投げて良しと万能型のイメージがあります。岩出雅之監督は「ランもゲームコントロールもできる。身体も強く、逃げずにチャレンジする力がある。ひとつひとつのプレーが正確」と高く評価していました。

 2016年1月の日本選手権で対戦したパナソニック ワイルドナイツのスタンドオフ、ベリック・バーンズ選手は試合後、彼への賛辞を惜しみませんでした。

「ジェイミー・ジョセフHCにジャパンのスコッドに入れるべきだと提案したいくらいだ。ゲームコントロールに長けていて、フィジカルも強い。今日のゲームでもキックでピンチを脱出していた。10番として優れている」

 ワラビーズ(ラグビーオーストラリア代表の愛称)で51キャップを誇る司令塔の声が届いたのか、それからしばらくして松田選手はジャパンに招集されました。6月のカナダ代表とのテストマッチで初キャップを飾ると、スコットランド代表との2連戦ではスタメンで起用されました。

 大学卒業後、17年にパナソニックに入団し、バーンズ選手の同僚となりました。松田選手は1年目からコンスタントに出場機会を与えられたものの、背番号は主に12でした。そう、スタンドオフでなくセンターでした。その間、世界的司令塔のプレーを間近で学びました。これが彼の財産となっているのです。

 3年前のスコットランド戦2試合でともにプレーしたロックの大野均選手は「とても大学生とは思えなかった」と松田選手のプレーぶりを振り返り、こう語っていました。

「田村優に対抗できる唯一のスタンドオフ。シンプルにプレーをするし、しっかり体を張り、ディフェンスもできる。経験を積めば、もっともっと伸びる選手ですね」

 とはいえ、田村選手との間には、まだ距離があります。「W杯みたいな短期決戦になると、やはり軸が1本あった方がいい。スタンドオフはコロコロ替えるべきじゃない。ただタイプの違うスタンドオフを置いて、使い分けるというのもひとつの手。そういう局面があるかもしれませんね」。これが大野選手の意見です。松田選手はまだまだアピールが必要です。

K.Ninomiya二宮清純
                                                 
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ