韓国サスペンスドラマ「シグナル」

過去との交信を手掛かりに未解決事件の謎を解く!「シグナル」 過去との交信を手掛かりに未解決事件の謎を解く!「シグナル」
Photo

イントロダクション

韓国ドラマ史に残る傑作と名高いサスペンス

『ミセン−未生−』のキム・ウォンソクが演出、『ファントム』『サイン』のキム・ウニ脚本家による傑作サスペンス。 2%で成功と言われるケーブルテレビ局のドラマにもかかわらず、異例の最高視聴率13%を記録。
2016年の大ヒット作『太陽の末裔』と評価を分け、第52回百想芸術大賞では作品賞、脚本賞、主演女優賞(キム・ヘス)の3冠に輝いた。

ストーリー

過去との交信を手掛かりに未解決事件の謎を解く!

未解決事件の捜査をするプロファイラーのパク・ヘヨンは、彼が幼い頃に起きた殺人事件のことを思い出していた。
当時、同じクラスの女子児童が誘拐され遺体で発見された事件だが、ヘヨンは女子児童を連れ去った謎の女を目撃していた。しかし、 それを警察に伝えるも誰にも相手にされず、結局事件は未解決のまま15年が経ち、まもなく時効を迎えようとしている。
そんなとき、使えるはずのない古い無線機から突然声が聞こえてくる。イ・ジェハンという名の刑事で、その殺人事件に関する手がかりを知っているという。 最初は信じられないヘヨンだったが、彼が言った場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体があった。

人物相関図

人物相関図
Photo

みどころ

2人はなぜ無線機で
つながったのか!?

2人はなぜ無線機でつながったのか!?

無線がつながるのは一定の時刻だが、つながる年代は変化する。それにはある理由が…。

スヒョンとヘヨン、
それぞれの過去で一体何が!?

2人はなぜ無線機でつながったのか!?

未解決事件の解明につれて、彼ら自身も事件に関係していた過去も明らかに。謎がまた謎を呼ぶ。

予測不可能な展開に
絶対続きが見たくなる!

卓越した脚本と演出、予測不可能な展開、映画のように洗練された映像に、1話見たら止まらない視聴者が続出し、 有料ケーブルでは驚異的な最高視聴率13%超を記録。実際の事件がモデルという点にも注目だ!

Photo

「シグナル」を見るならJ:COMで!

未加入の方

ご加入中の方

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」