• LINEで送る
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ

創刊40周年を迎えるスポーツ総合雑誌『Sports Graphic Number』のバックナンバーから、
球団ごとの名試合、名シーンを書き綴った記事を復刻。2020年シーズンはどんな名勝負がみられるのか。

1985阪神 日本一

いまここに甦り!猛虎魂。

文 村山 実

1985年 阪神 日本一
1985年 阪神 日本一icon
icon

※実際の誌面

その、歓喜の一瞬……わがタイガースの戦士たちが、こぼれるように笑顔をふりまくのを見ながら、なぜか私には、一人の男の顔がフッと浮んだ。

江夏豊である。

――あの時、あの顔以来の〝タイガース魂〟をみなぎらせた男たちの顔に、私の血はたぎった。こいつらは、見事に命脈つきようとしていた〝猛虎魂〟を甦らせてくれたのだ!

あれは昭和45年10月12日の甲子園、対巨人戦だった。タイガースは巨人を半ゲーム差に追いつめていた。試合は3-1とリードして迎えた7回、マウンド上の江夏は一死満塁の大ピンチに立った。

打席には王がいた。そのとき私は兼任監督。前日に3-0と巨人を完封していたのだが、頼りのエースが苦境に落ちた以上、リリーフの準備をした。

江夏はたちまちにして王をカウント2-0に追い込み、3球目を外角低めにズバッと快速球。王が手も足も出ないほどの球であったが、主審谷村の判定は非情にも「ボール!」。みるみる江夏の顔がまっ赤になっていく。誇りと自信が傷つけられた時、投手はマウンド上で、〝ガラスの心臓〟に変化してしまうものだが、私には江夏の怒りが手にとるようにわかった。

江夏は、同じところに、同じストレートを意地になって続けた。いずれも判定は「ボール……」。王は結局、四球となり、押し出しの1点。続いて打者は長島。江夏はその長島に対しても、徹底してストレートを配していった。長島のバットが金属音を残し、打球は左翼へのライナー。逆転決勝タイムリーとなってとんだ。

唇をかむ。目は血走っている。そのまま江夏はマウンド上に両ヒザをつき、崩れて、すわりこむ。

この瞬間に、あのシーズン、あと一歩まで巨人を追いつめたタイガースのVは、音をたてて崩壊していった……。

だがしかし、私は妙に“悲しさ“はなかったのだった。それは、江夏豊が、シーズンのチームの運命がかかった場面で、天下のONを打席に迎えて、一球たりとも逃げることをしなかったことにある。江夏ほどの男だ、ピンチを断つテクニックはある。ごまかしもきくのだ。しかし、彼は、自らのウイニング・ショットを「ボール」といわれた怒りから、あえてもう一度挑戦していった。

それは、勝ちさえすればよい……という精神なら、むしろこっけいなことかもしれない。だが、私は思う。伝統のあるタイガースの一員としての誇りがあるのなら、そこで逃げてはならないのだった。だから、江夏は、グイグイと速球一本やりでON砲に対し、結果は玉砕していった。

人はこれを「負けちゃあしょうがない」というかもLれないが、実は、これこそ、〝タイガース魂〟そのものなのであった。いつ、いかなるときでも、誇りを失わず、戦いを挑む……。それはときとして、惨めな結果に終わるかもしれないが、そんなことをおそれているような男は、タイガースの本当の戦士とはいえない。

崩れる江夏に、私はヤケドをしそうな〝炎〟を見た。

その〝炎〟が甦ったのだ。

掛布がいた。岡田がいた。真弓、池田、中西、バース。まさに炎の男たちの描いてくれた21年ぶりの饗宴に、私も酔った……。

私は37、39年と、幸せなことに2度優勝の一瞬に参加できた。当時、私と吉田監督は、投、打の柱として競い、共に闘った。私がピンチに立つと、吉田さんはすぐマウンドに駆け寄り「ムラ、空を見ろ、空を……」と、ひと呼吸おくことをすすめてくれたし、再三のファインプレーで救ってくれた。逆に私は、吉田さんのたたきだした貴重な1点を必死で守った。

世評ではライバルとして見るが、こと、勝つことに関しては、われわれは、〝炎の軍団〟と化し、そんな低次元のことは考えもしなかったのである。

われわれは、あの37、39年のときも、常にチャレンジャー精神を忘れなかった。以後、21年間、なんと長き、〝空白〟があったことか。しかし、私の監督時代(45~47年)も、吉田さんの最初の監督時代(50~52年)も、いや、多くの指揮官が、けっして、はじめから諦めて戦っていたわけではない。誰もがタイガースの伝統という十字架を背負い、血を吐く思いでチャレンジしていったのだった。

1/2ページ

BackNumber

2017年 松坂大輔

2017

松坂大輔

[証言ノンフィクション] デビュー戦「155km」の衝撃。
arw
1985年 阪神 日本一

1985

阪神 日本一

いまここに甦り!猛虎魂。
arw
1995年 ヤクルト 日本一

1995

ヤクルト 日本一

[野村IDの最高機密を独占公開] 丸裸にされていたイチロー。
arw
1996年 オリックス 日本一

1996

オリックス 日本一

[仰木マジックの謎を解く] 栄光の采配。
arw
1998年 横浜 日本一

1998

横浜 日本一

佐々木主浩「頂点をかみしめる」
arw
2000年 巨人 日本一

2000

巨人 日本一

長嶋茂雄 vs.王貞治「3」対「89」の意味するもの。
arw
2004年 西武 日本一

2004

西武 日本一

伊東勤 vs.落合博満 智謀と意地と。
arw
2005年 ロッテ 日本一

2005

ロッテ 日本一

ロッテ4連勝「ボビーマジックの正体」
arw
2006年 日ハム 日本一

2006

日ハム 日本一

新庄剛志「最後のSHINJO劇場」
arw
2007年 中日 日本一

2007

中日 日本一

落合博満「揺るがなかったオレ流。」
arw
2011年 ソフトバンク 日本一

2011

ソフトバンク 日本一

秋山幸二「寡黙な男の大いなる決断。」
arw
2013年 楽天 日本一

2013

楽天 日本一

[インサイド・レポート]楽天野手陣、結束Vの全内幕
arw
2016年 広島 セ・リーグ優勝

2016

広島 セ・リーグ優勝

From 1996 to 2016 メークドラマ〝悲劇〟をこえて。
arw

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」