• LINEで送る
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ

創刊40周年を迎えるスポーツ総合雑誌『Sports Graphic Number』のバックナンバーから、
球団ごとの名試合、名シーンを書き綴った記事を復刻。2020年シーズンはどんな名勝負がみられるのか。

1995ヤクルト 日本一

[野村IDの最高機密を独占公開]
丸裸にされていたイチロー。

text by Yuta Ishida

1995年 ヤクルト 日本一
1995年 ヤクルト 日本一icon
icon

※実際の誌面

野村監督の唱えてきたID野球がどれほどのものなのか。この日本シリーズでは、稀有の天才打者を相手にして、そのデータ解析力が世問の注目を浴びることとなった。野村1D野球の申し子、古田敦也対イチロー。グラウンドでは至近距離に立つ二人の対決が、このシリーズ最大の見所と言われた。日本シリーズがひとりの打者とひとりの捕手との対決で語られるなど、前代未聞のことだった。

撤底したミーティングで、イチローをどう丸裸にしたのか。どんなデータを集積したのか。ヤクルトが日本一に輝いたのは、野村監督の戦い方にある意図があったからだった。

その意図を導き出したのが、〈データ〉である。

左の図のAは今季のイチローの公式戦の<データ>の一部である。配球図はネット裏から見たもので、右投手と左投手とで別々に表示されている。上の図と下の図は、同じ配球図を、目的によって違うカラーチャートで表示している。上の図からはどのコースをヒットし、どのコースを凡打したかが、色分けでわかり、下の図からは○がストレート、□がフォークボール、△がカーブといったようにどういう球種で攻められたかが斑点の形状と色でわかるようになっている。さらに、そのボールを打った時の打球方向も表示されている。実はこの<データ>が、日本シリーズでおおいに括用されていたのである――。

日本シリーズを終えた今、ひとつの定説が出来上がっている。それは<イチローは古田のインハイ攻めにやられた>という図式。しかし改めて古田のイチローに対する配球と結果を見てみると、必ずしも<インハイ>を攻めていたわけではなかった。それは、図B以下に示された、ヤクルト投手別の攻略記録を見てもわかる。こちらはセンター方向から見た配球図だが、上の図が球速別のカラーチャート、下の図が球種とその結果がわかる力ラーチャートである。これを見ても、むしろイチローは野村監督と古田が仕掛けた<インハイの幻影>によって狂わされてしまった。その秘密を解くカギは、思わぬところにあった。

東京・四谷の住宅街。ここに、日本シリーズの行方を左右した<情報発信基地>があったのだ。普通の一軒家の一室で、今季のイチローを始めとする、様々なオリックスのデータが集められ、3名の男が日夜、パソコンとビデオの前で、データの集積をしていた。彼らは、<アソボウズ>と名乗る集団だった。

代表者は片山宗臣(48)。歌舞伎のカツラ職人だったという、都立高校軟式野球部の元監督だ。そして、パソコンを操るのは黒羽展久(29)。野球の経験はまったくない、文系大卒の元システムエンジニア。そして、関東一高の遊撃手で9番打者だったとい、行木茂満(21)。球種を見抜くことに関してはプロ野球のスコアラーも一目置く存在である。

彼らは何者か――ただの野球好きにしてはマニアックすぎる。しかし、趣味が高じてこれだけのシステムを作ってしまったことも確かだ。彼らは簡単に言えば、野球のスコアブッタをパソコンに入力することで、多角的な分析用のデータを、瞬時に表示できる、そういうシステムを作り上げた集団である。

「野球のスコアラーの仕事は、パソコンを使った方がはるかに合理的だと思ったことがきっかけだった。野球のスコアをパソコンに入力して、希望の条件を入力すれば、様女なデータが集積、解析されて表示される。実戦で活用できるまでに、2年はかかったかな」

そう話す片山の発想を、黒羽がプログラミングして、行木が実戦で活用した。この画期的なスコアリングシステムは、ロコミでプロ野球の各球団にも知れ渡っていった。

<アソボウズ>と名付けられたそのシステムには、あらかじめ12球団の全選手が登録されている。そして、一人一人の名前をクリックしてオーダーを組み、一球ごとにスコアをつけていく。試合中のすべてのプレーを、ホームランから凡打、球速球種、牽制球まですべてクリックして入力していく。例えば球種は、ストライクゾーンがパソコン画面に表示されていて、どのコースの、どんな種類の球かを入力できる。打球方向もグラウンドを表示する画面があり、どの位置ヘ打球が飛んだのか、すべて入力できる。つまりプロ野球のスコアラーが集めるデータを、パソコンの一画面に瞬時に入力できるのである。

このシステムの魅力は、欲しい情報を、瞬時に、ビジュアルに提供してくれるところにある。情報を蓄積すれば、その分だけ信頼度は高まり、傾向がつかめる。実際、趣味で始めたこのシステムは、まだ商売にしていない段階で、早くもひっぱりダコの状態。今季はバレンタイン監督がこのシステムの存在を聞きつけてきたので、ロッテにシステムを無償提供していたほど。神戸でオリックスの優勝を阻止して、今季2位に躍進したロッテには、<アソボウズ>のデータが大きなカとなっていた。片山はこのシステムの国際特許まで取得し、現在もセの数球団が導入に動いている。

1/3ページ

BackNumber

2017年 松坂大輔

2017

松坂大輔

[証言ノンフィクション] デビュー戦「155km」の衝撃。
arw
1985年 阪神 日本一

1985

阪神 日本一

いまここに甦り!猛虎魂。
arw
1995年 ヤクルト 日本一

1995

ヤクルト 日本一

[野村IDの最高機密を独占公開] 丸裸にされていたイチロー。
arw
1996年 オリックス 日本一

1996

オリックス 日本一

[仰木マジックの謎を解く] 栄光の采配。
arw
1998年 横浜 日本一

1998

横浜 日本一

佐々木主浩「頂点をかみしめる」
arw
2000年 巨人 日本一

2000

巨人 日本一

長嶋茂雄 vs.王貞治「3」対「89」の意味するもの。
arw
2004年 西武 日本一

2004

西武 日本一

伊東勤 vs.落合博満 智謀と意地と。
arw
2005年 ロッテ 日本一

2005

ロッテ 日本一

ロッテ4連勝「ボビーマジックの正体」
arw
2006年 日ハム 日本一

2006

日ハム 日本一

新庄剛志「最後のSHINJO劇場」
arw
2007年 中日 日本一

2007

中日 日本一

落合博満「揺るがなかったオレ流。」
arw
2011年 ソフトバンク 日本一

2011

ソフトバンク 日本一

秋山幸二「寡黙な男の大いなる決断。」
arw
2013年 楽天 日本一

2013

楽天 日本一

[インサイド・レポート]楽天野手陣、結束Vの全内幕
arw
2016年 広島 セ・リーグ優勝

2016

広島 セ・リーグ優勝

From 1996 to 2016 メークドラマ〝悲劇〟をこえて。
arw

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」