• LINEで送る
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 読売ジャイアンツ
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 阪神タイガース
  • 広島東洋カープ
  • 中日ドラゴンズ
  • 東京ヤクルトスワローズ

創刊40周年を迎えるスポーツ総合雑誌『Sports Graphic Number』のバックナンバーから、
球団ごとの名試合、名シーンを書き綴った記事を復刻。2020年シーズンはどんな名勝負がみられるのか。

2011ソフトバンク 日本一

秋山幸二 「寡黙な男の大いなる決断。」

text by Osamu Nagatani

2/2ページ

一方、2試合連続敗戦投手となった馬原には、こう語りかけた。

「お前を外すことはない。与えられた仕事を頼む」

馬原は今季、秋山と同じく、母親を亡くしている。それだけに、馬原がシリーズにかける思いが特別なことを知っていた。

宿舎で行なった全員ミーティングでは、今季初めて口を開き、たったひと言、言った。

「開き直って、やるしかない」

そして迎えた第3戦。先発の攝津正から金澤健人、森福允彦と繋ぎ、ファルケンボーグが締めて、待望のシリーズ初勝利を挙げる。4番に座った小久保も2安打を放ち、存在感を示した。秋山は、裏方たちと勝利の握手をかわしながら、ポツリとつぶやいた。

「勝つことって、こんなに大変なことなんだ」

1つ勝って吹っ切れた第4戦は、小久保が先制打を放つ活躍を見せ、初回に2得点。先発・ホールトン、森福、そして今季初めてイニングをまたいで投げたファルケンボーグの力投で、連勝を果たす。

続く第5戦、先発した育成枠出身の山川大樹のリリーフとして起用したのは、前々日に先発し、110球を投げた攝津。「本人が、投げると言ってくれたから」と秋山は説明したが、選手の意気に応える采配だった。そして5点差をつけた9回に馬原を投入。敗戦のショックを和らげようという〝人情釆配〟も決まり、敵地で3連勝を飾った。

第6戦の決断も早かった。第1戦で好投した和田を1点ビハインドの5回85球で諦め、金澤ヘスイッチ。結果的に1-2で敗れてしまうが、王は「秋山監督の采配は間違っていない」と評価した。

「明日は総力戦、それだけ」と言って臨んだ最終戦。マウンドを託したのは、杉内だった。「とにかくスムーズに」と、秋山が祈るような思いで見守った立ち上がりを、杉内は三者凡退で抑える。そして先制点は3回、川﨑の押し出し四球によって生まれた。以前、チャンスで凡退した川崎に、秋山がこう声をかけたことがあった。「自分たちのチャンスに硬くなって、ピンチにしているよ。相手の方がもっと苦しいんだ」。この言葉を思い出して、粘って選んだ四球だった。

7回無失点の好投を演じた杉内の後を任せたファルケンボーグが9回に負傷退場すると、森福から、最後は攝津で締めくくった。意気に感じて投げる一番調子のいい投手を起用し、3-0での逃げ切り。苦しみつつ、見事、日本一を勝ち取ったのだ。そしてMVPは、第3戦から4番に起用し、自身の最年長記録を更新する40歳の小久保が獲得した。

秋山は、日本一のチームをこう賞賛する。

「長いシーズンを戦い抜いて、どこに出しても恥ずかしくないチームになった。苦しい中、少ないチャンスをモノにできたのが勝因です」

8度舞った胴上げ。リーグ2連覇のときも、クライマックスシリーズ制覇のときも決して泣かなかった秋山の目に、大粒の涙があった。周囲の期待が大きく、「勝って当たり前」といわれたチームの指揮を執る難しさ。万感の思いが湧く、いつもと違う涙であった。そして、しみじみ「疲れた」と漏らした。

99年の日本一のとき、当時の王監督に「4月に亡くなった根本陸夫球団社長が生きていたら、何と声をかけてくれたでしょうか」と訊ねたことがある。返ってきた答えは、「よくぞ、ボロチームをここまでにしてくれたね、と言ってくれると思うよ」だった。

そしていま、王に「秋山監督に声をかけるとしたら」と聞いた。すると王はこう言った。

「よくぞ、ここまで強いチームに仕上げてくれた。大したものだ」

寡黙にして鈍重、動かない男――。そう呼ばれてきた指揮官が、決戦の舞台で存分に動き、その真価を証明した。

2/2ページ

2020年シーズンはどんな名勝負が生まれる?

J:COMは
12球団全試合生中継!

だから
熱い闘いを見逃さない!

J:COM プロ野球ガイド

BackNumber

2017年 松坂大輔

2017

松坂大輔

[証言ノンフィクション] デビュー戦「155km」の衝撃。
arw
1985年 阪神 日本一

1985

阪神 日本一

いまここに甦り!猛虎魂。
arw
1995年 ヤクルト 日本一

1995

ヤクルト 日本一

[野村IDの最高機密を独占公開] 丸裸にされていたイチロー。
arw
1996年 オリックス 日本一

1996

オリックス 日本一

[仰木マジックの謎を解く] 栄光の采配。
arw
1998年 横浜 日本一

1998

横浜 日本一

佐々木主浩「頂点をかみしめる」
arw
2000年 巨人 日本一

2000

巨人 日本一

長嶋茂雄 vs.王貞治「3」対「89」の意味するもの。
arw
2004年 西武 日本一

2004

西武 日本一

伊東勤 vs.落合博満 智謀と意地と。
arw
2005年 ロッテ 日本一

2005

ロッテ 日本一

ロッテ4連勝「ボビーマジックの正体」
arw
2006年 日ハム 日本一

2006

日ハム 日本一

新庄剛志「最後のSHINJO劇場」
arw
2007年 中日 日本一

2007

中日 日本一

落合博満「揺るがなかったオレ流。」
arw
2011年 ソフトバンク 日本一

2011

ソフトバンク 日本一

秋山幸二「寡黙な男の大いなる決断。」
arw
2013年 楽天 日本一

2013

楽天 日本一

[インサイド・レポート]楽天野手陣、結束Vの全内幕
arw
2016年 広島 セ・リーグ優勝

2016

広島 セ・リーグ優勝

From 1996 to 2016 メークドラマ〝悲劇〟をこえて。
arw

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」