二宮清純
二宮清純コラム甲子園、光と影の物語毎月第4木曜更新
2019年7月25日(木)更新

甲子園に託した夢、「沖縄と戦後」
「南九州の壁」を砕いた安仁屋宗八

 旭川大(北北海道)、北照(南北海道)に続き、沖縄尚学の夏の甲子園出場が決まりました。5年ぶり8回目です。同校は1999年と2008年のセンバツを制している沖縄の名門です。

沖縄尚学8回目の夏

 21日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われた決勝戦、相手はプロ注目の左腕・宮城大弥投手を擁する興南でした。同校は10年に春夏連覇を果たしています。

 この試合、沖縄尚学は初回に4点を先制したものの、その後、逆転を許して4対5。6回に同点に追いつき、試合はそのまま延長戦に突入しました。延長12回、沖縄尚学が2点を勝ち越しましたが、3年連続甲子園出場を目指す興南も粘ります。その裏、同点に追いつき、試合は延長13回へ。ここで沖縄尚学は宮城投手を攻め、2死満塁。4番・水谷留佳選手がフォアボールを選び、押し出しで決勝点をもぎ取りました。

 比嘉公也監督は喜びをこう語りました。

「大会中に選手が成長してくれました。3回戦で沖縄水産に勝ってからあきらかにチームが変わりました。守備でもエラーをしなくなり、たくましくなりましたよ」

 沖縄尚学の前身は沖縄高校です。1983年に大学予備校の尚学院が経営に参画し、現在の校名に変わりました。

 前身の沖縄高には輝かしい勲章があります。今から57年前の1962年夏、沖縄勢として初めて地区予選を勝ち抜き、甲子園に出場したのです。

 沖縄は1958年夏、第40回記念大会で初めて代表校を甲子園に送りました。46都道府県の代表校に加え、返還前の沖縄からも一校が選ばれたのです。沖縄予選を制した首里高が栄えある第一号となりましたが、それからは3年続けて南九州大会で負けていました。まだ内地の高校との間には、かなりの実力差があったと言います。

 南九州大会を制した沖縄高の57年前のエースは現在、中国放送の野球解説者として活躍中の安仁屋宗八さんです。現役時代は広島と阪神で活躍しました。右バッターの懐を鋭くえぐるシュートは、あの長嶋茂雄さんが手を焼いたほどです。

宮崎代表に勝利

 2年前、安仁屋さんに「沖縄と野球」について聞きました。

「(戦後の)沖縄は野球が盛んでした。私も上の兄貴2人が野球をやっていて、その影響で子供の頃からボールを投げて、打っていました。でもモノ不足の時代ですから、テントの素材に雑巾を詰めた手作りのグラブ。バットは焚き火に使うような木の棒でしたね」

 昭和19年生まれ。敗戦後の沖縄で育った安仁屋さんの少年時代が目に浮かぶようです。

 当時、南九州大会は沖縄と宮崎県の代表2校による争いでした。安仁屋さんが続けます。

「宮崎と沖縄で1年おきに(大会を)やっていた。僕の時も、いわゆる敵地ということもあって宮崎県勢に勝つのは難しいだろうといわれていた。というのも当時、高鍋に清俊彦という後に西鉄や近鉄で活躍するピッチャーがいて、これが九州ナンバーワンの評価を得ていたんです。ところが宮崎県の決勝で高鍋が負けてしまった。僕らが見ている前でね。それで勝った大淀高と戦うことになったんです」

----プロで通算100勝を記録したあの清投手が打たれたんですか?

「いや、たまたま相手の打球が足に当たったんです。ピッチャーライナーを避けきれなかった。それから、おかしくなって確か1点差で負けたんじゃなかったかな。ウチの監督が"清が来たら、オマエらまず打てんぞ"と言ったのを覚えていますよ」

----大淀に勝ち、甲子園出場を決めた時、沖縄は大騒ぎだったでしょう?

「でしょうね。でも、僕らはピーンとこなかった。“あ、勝ったんだ”とじわじわ感激が広がってきたのは次の日になってからですよ」

 安仁屋さんによれば、当時と今を比べると「隔世の感がある」と言います。沖縄県勢の甲子園優勝は春3回、夏1回。プロ野球に目を向けると現役の沖縄の高校出身者は、山川穂高選手(埼玉西武)を筆頭に19人を数え、今では球界における一大勢力です。今夏の沖縄尚学もダークホース的存在と見られています。

K.Ninomiya二宮清純
2024年1月25日(木)
中京商、松山商ら名門追い詰めた
台湾の強豪・嘉義農林学校とは?
2023年12月28日(木)
「高校球界最高の策士」迫田穆成
広島商対作新、打倒江川卓の執念
2023年11月23日(木)
大久保博元の「怪童」球児伝説
木製バットで本塁打量産の狙い
2023年10月26日(木)
堤尚彦「甲子園は目的ではなく手段」
おかやま山陽異色監督のメッセージ
2023年9月28日(木)
北別府学「精密機械」誕生秘話
山越え自転車通学で下半身強化
2023年8月24日(木)
若松勉、“小さな大打者”の原点
65年夏、1試合4盗塁の離れ業
2023年7月27日(木)
“北国のエース”太田幸司の偉業
69夏、ブラジルで完全試合達成
2023年6月29日(木)
83夏、“事実上の決勝戦”池田対中京
中京エース野中徹博の「波乱万丈」
2023年5月25日(木)
興南、“我喜屋イズム”で春夏連覇
雨という逆境を工夫と知恵で克服
2023年4月27日(木)
高知対東海大相模の“横綱対決”
杉村繁と原辰徳が輝いた75年春
2023年3月23日(木)
95春、観音寺中央、初出場初優勝
「2軍でも勝てる相手」の快進撃
2023年3月13日(月)
【侍Jの“球児苑”】
花巻東・大谷翔平、甲子園に置き土産
大阪桐蔭・藤浪晋太郎から衝撃アーチ
2023年3月9日(木)
【侍Jの“球児苑”】
ダルビッシュ有が示した潜在能力
「柔と剛」のノーヒットノーラン
2023年3月7日(火)
【侍Jの“球児苑”】
村上宗隆「高いフライを打て!」
坂井宏安前監督、独自指導の真意
2023年3月3日(金)
【侍Jの“球児苑”】
桐光学園・松井裕樹、大会記録の22K
10者連続三振の奪三振ショーも披露
2023年2月23日(木)
73年春、怪物江川卓、全国デビュー
中尾孝義と達川光男が受けた衝撃
2023年1月26日(木)
九州学院・村上宗隆、甲子園は不発
“肥後の怪童”、10歳で広角本塁打
2022年12月22日(木)
06年帝京対智弁和歌山、世紀の乱打戦
1年生・杉谷拳士「1球で負け投手」
2022年11月24日(木)
00年夏、中京商・松田宣浩の痛恨
苦い記憶を糧にGグラブ8回受賞
2022年10月27日(木)
07年夏、佐藤由規155キロの衝撃
快速球生んだ「左手」の使い方
2022年9月29日(木)
高校時代からの高津臣吾“二番手人生”
自己改革で名クローザー、名監督へ
2022年8月25日(木)
仙台育英V、東北勢の悲願達成
小刻みリレーで高校野球に新風
2022年7月28日(木)
大阪桐蔭春夏3度Vの立役者・根尾昂
プロ4年目で投手転向は“水を得た魚”
2022年6月23日(木)
04年春、済美で2校目初出場V
ミラクル呼んだ“上甲スマイル”
2022年5月26日(木)
ドラ1引き寄せた06年センバツ
「桑田2世」PL前田健太の本盗
2022年4月28日(木)
上宮の初優勝阻止した東邦の執念
あとひとりから“大どんでん返し”
2022年3月24日(木)
甲子園20連勝中のPL破り岩倉V
神宮大会優勝校、初の紫紺の大旗
2022年2月24日(木)
ドラ9で広島入り、天谷宗一郎
指名を手繰り寄せた運命の一戦
2022年1月27日(木)
野球漫画の4番・水島新司氏死去
「ドカベン」香川伸行引退秘話
2021年12月23日(木)
都城・田口竜二、最強PL相手に力投
84年春、サヨナラ負け直後に謎の笑顔
2021年11月25日(木)
「清原和博の恋人」田子譲治
81年夏、準完全試合達成秘話
2021年10月28日(木)
04夏、大旋風巻き起こした駒大苫小牧
指揮官は道産子の意識をどう変えたか
2021年9月23日(木)
“満塁男”駒田徳広の奈良伝説
「満塁で敬遠」の真相に迫る
2021年8月26日(木)
西本聖vs江川卓、怪物に挑んだ雑草
練習試合の衝撃「ボールが浮いた…」
2021年7月29日(木)
三冠王3度の最強打者・落合博満
秋田工時代を知るライバルの証言
2021年6月24日(木)
87年、PL学園春夏連覇の立役者
橋本清「野村、岩崎への対抗心」
2021年5月27日(木)
78年夏、延長17回制した仙台育英
大久保美智男「背番号1」の呪縛
2021年4月22日(木)
雑草・川相昌弘vsスター荒木大輔
「ひょいとかわされた」苦い記憶
2021年3月25日(木)
90年センバツ準V“ミラクル新田”
史上初2本のサヨナラ弾で快進撃
2021年2月25日(木)
74年春、“さわやかイレブン”旋風
山びこ前夜の池田、奇襲で準優勝
2021年1月28日(木)
15歳と4カ月、史上最年少で夏制覇
桑田真澄、“リアル巨人の星”を語る
2020年12月24日(木)
熱血指導で横浜、80年夏の戴冠
エース愛甲支えた影のヒーロー
2020年11月26日(木)
高知、“傷だらけ”の県勢初V
主砲・有藤通世、1打席の夏
2020年10月22日(木)
甲子園ノーヒッター名電・工藤公康
運命を変えた「ドラフト6位」の謎
2020年9月24日(木)
“脅し”に屈しなかった槙原寛己
金村義明、意地の弾丸ホームラン
2020年8月27日(木)
深紅の大旗、33年ぶりの箱根越え
湘南のラッキーボーイ佐々木信也
2020年8月13日(木)
「左腕の咆哮」静岡商・新浦壽夫
「狙わなくても三振が取れたよ」
2020年8月6日(木)
池田・蔦文也“攻めダルマ”伝説
優勝メンバーが語る「野球と酒」
2020年7月30日(木)
「死球」で完全試合逃した新谷博
「狙ってたら外角に投げていた」
2020年7月23日(木)
85年春、PL清原和博沈黙せり!
2年生捕手が語る渡辺智男の凄み
2020年6月25日(木)
「昭和の怪物」江川卓、最後の夏
作新学院vs銚子商、雨中の死闘
2020年5月28日(木)
荒木大輔擁する早実を粉砕した池田
82年夏、江上光治先制2ランの衝撃
2020年4月23日(木)
「逆転のPL」の立役者・西田真二
78年夏、奇跡を呼び込んだ“読み”
2020年3月26日(木)
上宮・元木大介、隠し球で抗議電話
初甲子園で見せた「くせ者」の片鱗
2020年2月27日(木)
92年夏、松井秀喜5連続敬遠に世間騒然
野村克也が語った「私が明徳の監督なら」
2020年1月23日(木)
熊工・伊東vs八代・秋山、最終回の明暗
ライバルから同僚へ。西武黄金期を牽引
2019年12月26日(木)
習志野対新居浜商、劇的サヨナラ決着
肩を休ませ熱闘を演出した「恵みの雨」
2019年11月28日(木)
牛島と香川。偶然の出会いと早過ぎる別れ
名門・浪商を蘇らせた「黄金バッテリー」
2019年10月24日(木)
78年センバツ、津田恒美の衝撃デビュー
ライバルが見た“炎のストッパー”の原点
2019年9月26日(木)
高野連、金属バットの規制強化へ
国際大会不振の陰に“飛ぶバット”
2019年8月29日(木)
古豪高松商、伝統の「志摩供養」復活
四元号下での勝利、一番乗りなるか!?
2019年7月25日(木)
甲子園に託した夢、「沖縄と戦後」
「南九州の壁」を砕いた安仁屋宗八
2019年6月28日(金)
投手の故障予防に球数の「総量規制」
会議で聞きたい現役球児の“ナマの声”
2019年6月4日(火)
「令和の怪物」佐々木朗希、13奪三振
スピード違反!? 江川卓の牽制球伝説
2019年5月28日(火)
早くも35℃超え! 今夏も猛暑の甲子園
熱中症予防「白スパイク」の早期導入を
2019年5月17日(金)
元スカウトが断言「佐々木は大谷以上」
「令和の怪物」は甲子園に登場するか!?
2019年4月26日(金)
「奇跡のバックホーム」の舞台裏
松山商-熊本工、名勝負の分岐点
2019年4月16日(火)
163キロ「令和の怪物」佐々木朗希
侍ジャパンTD鹿取義隆が占う将来性
2018年9月4日(火)
吉田輝星が体験する「書かれざるルール」
大差でフルスイング、新庄剛志に報復死球
2018年8月24日(金)
敏腕スカウトの小園、根尾、藤原、吉田評
小園は立浪和義、吉田は桑田真澄の再来か
2018年8月21日(火)
西鉄の主砲・中西太、甦る「怪童伝説」
過去と未来をつなぐ「レジェンド始球式」
2018年8月17日(金)
184球完投は「美談」か「酷使」か!?
次なる百年に向け安全確保と健康管理を
2018年8月7日(火)
レジェンド始球式に太田幸司と井上明
三沢対松山商の球審が明かした判定秘話
2018年7月31日(火)
76年前、戦中に行われた”幻の甲子園”
球史から消えた徳島商-平安の名勝負
2018年7月27日(金)
熱闘甲子園が”熱湯”甲子園に!?
猛暑の夏、求められる熱中症対策
2018年6月29日(金)
”ジャイアン”金村義明が輝いた夏
81年報徳V、予選から13連続完投
2018年6月26日(火)
甲子園100回大会に向け熱戦スタート
敏腕スカウトが注目する投打の逸材
2018年1月16日(火)
夏の甲子園でもタイブレーク制導入へ
求められる次の100年に向けた大計づくり
2017年10月3日(火)
清宮幸太郎が求める「環境」と「指導者」
学ぶべきは王貞治、松井秀喜の育成法
2017年9月12日(火)
清宮、安田、中村。史上最強U-18に木製の壁
世界の王の教えは「体で振るな」「壁を作れ」
2017年8月22日(火)
甲子園を沸かせた商業高校の受難
今夏は1校。なぜ勢力図は変わったか!?
2017年8月18日(金)
本塁打量産から見える「変わりゆく高校野球」
加速する「小技からパワー重視」の流れ
2017年8月8日(火)
主役交代の夏 '83PL学園-池田戦
踏み込んだ桑田、踏み込めなかった水野
2017年7月18日(火)
「練習は量より質」が早実流
甲子園レジェンド荒木大輔の回想
2017年7月4日(火)
高校野球、夏の地方大会が続々開幕!
「未完の左腕」のコントロール矯正法
2017年6月22日(木)
列島を熱狂させる”清宮の夏”
甲子園最大のヒーローは誰か?
2016年8月23日(火)
夏の甲子園は2回戦組が有利
連投軽減で将来性の確保を
2016年8月09日(火)
宮本、筒香らを鍛えた
高校野球強豪校の教え
PageTop

J:COMへのお申し込み

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ