二宮清純
二宮清純コラム甲子園、光と影の物語毎月第4木曜更新
2023年3月13日(月)更新

【侍Jの“球児苑”】
花巻東・大谷翔平、甲子園に置き土産
大阪桐蔭・藤浪晋太郎から衝撃アーチ

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手とオークランド・アスレチックスの藤浪晋太郎投手の対決が、さる2月28日(日本時間3月1日)アリゾナ州メサのキャンプ地で行われたオープン戦で実現しました。2人が投げ合ったのは、2014年のオールスターゲーム以来、9年ぶり。両雄のマッチアップの原点は、12年春の甲子園にありました。

右翼席へ一直線

 大谷選手の花巻東高(岩手)と藤浪投手の大阪桐蔭高(大阪)が対戦したのは12年3月21日の1回戦、第3試合でした。

 結果から言えば、大阪桐蔭が9対2で花巻東を破り、その余勢を駆ってセンバツ初優勝を果たしました。

 大谷選手は身長193センチ、藤浪投手は197センチ(当時)。プロのスカウト注目の対決は完投勝ちを収めた藤波投手に軍配が上がりました。

 9回途中でマウンドを降りた大谷選手は三振こそ11個奪ったものの、四死球も11個与えるなど本調子ではありませんでした。聞けば左股関節の故障に悩まされ、それが原因で、投球直後の「体が一塁側に傾くクセ」を修正できなかったそうです。

 それでも、大谷選手は甲子園に置き土産を残しました。それは2回裏に、藤浪投手から奪ったソロホームランです。スライダーを振り抜いた打球は、ライトスタンドに一直線に伸びていきました。そのスケールの大きなバッティングに度肝を抜かれたのは私だけではないでしょう。

 その直後、私はひとりのスカウトに電話を入れました。当時、東京ヤクルトスワローズで東北地区を中心にスカウト活動をしていた八重樫幸雄さんです。現役時代は極端なオープンスタンスながら、比類なき勝負強さを発揮する強打のキャッチャーでした。

「ピッチャーでもバッターでも通用する」

 八重樫さんは開口一番、そう言いましたが、「ピッチャーの場合、少し時間がかかるでしょう」とも。「まだフォームが固まっていないんです。試合ごとにリリースポイントが違っている。フォームが安定するのは、まだ先でしょう」

「10年間で最高のバッター」

 一方で、「バッター大谷」については、手放しの褒めようでした。

「私がここ10年間で見た中で、最高のバッターです。左右に打てて飛距離も出る。10年に横浜高からドラフト1位で横浜(現横浜DeNAベイスターズ)に入団した筒香嘉智(テキサス・レンジャーズ傘下)もよく飛ばしましたが、それ以上と言っていいでしょう。

 しかも彼の場合、金属バットの打ち方じゃないんです。ちゃんとバットの軌道の中にボールを入れて打っている。まだインサイドの速いボールには対応できないと思いますが、これも時間がたてば、十分に克服できるでしょう」

 10年にひとりのバッター――。実際には八重樫さんの予測をはるかに超え、30年、いや50年にひとりのバッターだったと言えるかもしれません。

 高3の秋、大谷選手は北海道日本ハムファイターズにドラフト1位で指名され、13年に入団します。日本ハムは春のキャンプを沖縄の名護で張ります。「初めて見たフリーバッティングが忘れられません」。こう語ったのは、昨年限りでユニホームを脱いだ元北海道日本ハムファイターズの杉谷拳士さんです。

「飛距離はもちろんですが、インパクトの瞬間のバチンという音が半端じゃなかった。当時は“投手だけに絞った方がよい”という人の方が多かったようですが、じかにあのバッティングを見たら、誰もが“打たないなんてもったいない”と思ったはずです」

 現在、WBCで日本代表を率いる栗山英樹監督に、その頃、“二刀流”について聞くと、「(投打の)どちらかをやめろ、と言えるようなレベルではないですから」と目を丸くしていました。ギフテッド(天から与えられた才能)とは、大谷選手のためにあるような言葉かもしれません。

K.Ninomiya二宮清純
2023年5月25日(木)
興南、“我喜屋イズム”で春夏連覇
雨という逆境を工夫と知恵で克服
2023年4月27日(木)
高知対東海大相模の“横綱対決”
杉村繁と原辰徳が輝いた75年春
2023年3月23日(木)
95春、観音寺中央、初出場初優勝
「2軍でも勝てる相手」の快進撃
2023年3月13日(月)
【侍Jの“球児苑”】
花巻東・大谷翔平、甲子園に置き土産
大阪桐蔭・藤浪晋太郎から衝撃アーチ
2023年3月9日(木)
【侍Jの“球児苑”】
ダルビッシュ有が示した潜在能力
「柔と剛」のノーヒットノーラン
2023年3月7日(火)
【侍Jの“球児苑”】
村上宗隆「高いフライを打て!」
坂井宏安前監督、独自指導の真意
2023年3月3日(金)
【侍Jの“球児苑”】
桐光学園・松井裕樹、大会記録の22K
10者連続三振の奪三振ショーも披露
2023年2月23日(木)
73年春、怪物江川卓、全国デビュー
中尾孝義と達川光男が受けた衝撃
2023年1月26日(木)
九州学院・村上宗隆、甲子園は不発
“肥後の怪童”、10歳で広角本塁打
2022年12月22日(木)
06年帝京対智弁和歌山、世紀の乱打戦
1年生・杉谷拳士「1球で負け投手」
2022年11月24日(木)
00年夏、中京商・松田宣浩の痛恨
苦い記憶を糧にGグラブ8回受賞
2022年10月27日(木)
07年夏、佐藤由規155キロの衝撃
快速球生んだ「左手」の使い方
2022年9月29日(木)
高校時代からの高津臣吾“二番手人生”
自己改革で名クローザー、名監督へ
2022年8月25日(木)
仙台育英V、東北勢の悲願達成
小刻みリレーで高校野球に新風
2022年7月28日(木)
大阪桐蔭春夏3度Vの立役者・根尾昂
プロ4年目で投手転向は“水を得た魚”
2022年6月23日(木)
04年春、済美で2校目初出場V
ミラクル呼んだ“上甲スマイル”
2022年5月26日(木)
ドラ1引き寄せた06年センバツ
「桑田2世」PL前田健太の本盗
2022年4月28日(木)
上宮の初優勝阻止した東邦の執念
あとひとりから“大どんでん返し”
2022年3月24日(木)
甲子園20連勝中のPL破り岩倉V
神宮大会優勝校、初の紫紺の大旗
2022年2月24日(木)
ドラ9で広島入り、天谷宗一郎
指名を手繰り寄せた運命の一戦
2022年1月27日(木)
野球漫画の4番・水島新司氏死去
「ドカベン」香川伸行引退秘話
2021年12月23日(木)
都城・田口竜二、最強PL相手に力投
84年春、サヨナラ負け直後に謎の笑顔
2021年11月25日(木)
「清原和博の恋人」田子譲治
81年夏、準完全試合達成秘話
2021年10月28日(木)
04夏、大旋風巻き起こした駒大苫小牧
指揮官は道産子の意識をどう変えたか
2021年9月23日(木)
“満塁男”駒田徳広の奈良伝説
「満塁で敬遠」の真相に迫る
2021年8月26日(木)
西本聖vs江川卓、怪物に挑んだ雑草
練習試合の衝撃「ボールが浮いた…」
2021年7月29日(木)
三冠王3度の最強打者・落合博満
秋田工時代を知るライバルの証言
2021年6月24日(木)
87年、PL学園春夏連覇の立役者
橋本清「野村、岩崎への対抗心」
2021年5月27日(木)
78年夏、延長17回制した仙台育英
大久保美智男「背番号1」の呪縛
2021年4月22日(木)
雑草・川相昌弘vsスター荒木大輔
「ひょいとかわされた」苦い記憶
2021年3月25日(木)
90年センバツ準V“ミラクル新田”
史上初2本のサヨナラ弾で快進撃
2021年2月25日(木)
74年春、“さわやかイレブン”旋風
山びこ前夜の池田、奇襲で準優勝
2021年1月28日(木)
15歳と4カ月、史上最年少で夏制覇
桑田真澄、“リアル巨人の星”を語る
2020年12月24日(木)
熱血指導で横浜、80年夏の戴冠
エース愛甲支えた影のヒーロー
2020年11月26日(木)
高知、“傷だらけ”の県勢初V
主砲・有藤通世、1打席の夏
2020年10月22日(木)
甲子園ノーヒッター名電・工藤公康
運命を変えた「ドラフト6位」の謎
2020年9月24日(木)
“脅し”に屈しなかった槙原寛己
金村義明、意地の弾丸ホームラン
2020年8月27日(木)
深紅の大旗、33年ぶりの箱根越え
湘南のラッキーボーイ佐々木信也
2020年8月13日(木)
「左腕の咆哮」静岡商・新浦壽夫
「狙わなくても三振が取れたよ」
2020年8月6日(木)
池田・蔦文也“攻めダルマ”伝説
優勝メンバーが語る「野球と酒」
2020年7月30日(木)
「死球」で完全試合逃した新谷博
「狙ってたら外角に投げていた」
2020年7月23日(木)
85年春、PL清原和博沈黙せり!
2年生捕手が語る渡辺智男の凄み
2020年6月25日(木)
「昭和の怪物」江川卓、最後の夏
作新学院vs銚子商、雨中の死闘
2020年5月28日(木)
荒木大輔擁する早実を粉砕した池田
82年夏、江上光治先制2ランの衝撃
2020年4月23日(木)
「逆転のPL」の立役者・西田真二
78年夏、奇跡を呼び込んだ“読み”
2020年3月26日(木)
上宮・元木大介、隠し球で抗議電話
初甲子園で見せた「くせ者」の片鱗
2020年2月27日(木)
92年夏、松井秀喜5連続敬遠に世間騒然
野村克也が語った「私が明徳の監督なら」
2020年1月23日(木)
熊工・伊東vs八代・秋山、最終回の明暗
ライバルから同僚へ。西武黄金期を牽引
2019年12月26日(木)
習志野対新居浜商、劇的サヨナラ決着
肩を休ませ熱闘を演出した「恵みの雨」
2019年11月28日(木)
牛島と香川。偶然の出会いと早過ぎる別れ
名門・浪商を蘇らせた「黄金バッテリー」
2019年10月24日(木)
78年センバツ、津田恒美の衝撃デビュー
ライバルが見た“炎のストッパー”の原点
2019年9月26日(木)
高野連、金属バットの規制強化へ
国際大会不振の陰に“飛ぶバット”
2019年8月29日(木)
古豪高松商、伝統の「志摩供養」復活
四元号下での勝利、一番乗りなるか!?
2019年7月25日(木)
甲子園に託した夢、「沖縄と戦後」
「南九州の壁」を砕いた安仁屋宗八
2019年6月28日(金)
投手の故障予防に球数の「総量規制」
会議で聞きたい現役球児の“ナマの声”
2019年6月4日(火)
「令和の怪物」佐々木朗希、13奪三振
スピード違反!? 江川卓の牽制球伝説
2019年5月28日(火)
早くも35℃超え! 今夏も猛暑の甲子園
熱中症予防「白スパイク」の早期導入を
2019年5月17日(金)
元スカウトが断言「佐々木は大谷以上」
「令和の怪物」は甲子園に登場するか!?
2019年4月26日(金)
「奇跡のバックホーム」の舞台裏
松山商-熊本工、名勝負の分岐点
2019年4月16日(火)
163キロ「令和の怪物」佐々木朗希
侍ジャパンTD鹿取義隆が占う将来性
2018年9月4日(火)
吉田輝星が体験する「書かれざるルール」
大差でフルスイング、新庄剛志に報復死球
2018年8月24日(金)
敏腕スカウトの小園、根尾、藤原、吉田評
小園は立浪和義、吉田は桑田真澄の再来か
2018年8月21日(火)
西鉄の主砲・中西太、甦る「怪童伝説」
過去と未来をつなぐ「レジェンド始球式」
2018年8月17日(金)
184球完投は「美談」か「酷使」か!?
次なる百年に向け安全確保と健康管理を
2018年8月7日(火)
レジェンド始球式に太田幸司と井上明
三沢対松山商の球審が明かした判定秘話
2018年7月31日(火)
76年前、戦中に行われた”幻の甲子園”
球史から消えた徳島商-平安の名勝負
2018年7月27日(金)
熱闘甲子園が”熱湯”甲子園に!?
猛暑の夏、求められる熱中症対策
2018年6月29日(金)
”ジャイアン”金村義明が輝いた夏
81年報徳V、予選から13連続完投
2018年6月26日(火)
甲子園100回大会に向け熱戦スタート
敏腕スカウトが注目する投打の逸材
2018年1月16日(火)
夏の甲子園でもタイブレーク制導入へ
求められる次の100年に向けた大計づくり
2017年10月3日(火)
清宮幸太郎が求める「環境」と「指導者」
学ぶべきは王貞治、松井秀喜の育成法
2017年9月12日(火)
清宮、安田、中村。史上最強U-18に木製の壁
世界の王の教えは「体で振るな」「壁を作れ」
2017年8月22日(火)
甲子園を沸かせた商業高校の受難
今夏は1校。なぜ勢力図は変わったか!?
2017年8月18日(金)
本塁打量産から見える「変わりゆく高校野球」
加速する「小技からパワー重視」の流れ
2017年8月8日(火)
主役交代の夏 '83PL学園-池田戦
踏み込んだ桑田、踏み込めなかった水野
2017年7月18日(火)
「練習は量より質」が早実流
甲子園レジェンド荒木大輔の回想
2017年7月4日(火)
高校野球、夏の地方大会が続々開幕!
「未完の左腕」のコントロール矯正法
2017年6月22日(木)
列島を熱狂させる”清宮の夏”
甲子園最大のヒーローは誰か?
2016年8月23日(火)
夏の甲子園は2回戦組が有利
連投軽減で将来性の確保を
2016年8月09日(火)
宮本、筒香らを鍛えた
高校野球強豪校の教え
PageTop

J:COMへのお申し込み

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ