二宮清純コラム プロ野球ガゼット

2018年11月6日(火)更新

15:00

福岡SB、“甲斐キャノン”で日本S連覇
明暗分けた工藤、緒方両監督の采配力

Photo

 今年の日本シリーズはパ・リーグ2位の福岡ソフトバンクがセ・リーグ王者の広島を4勝1敗1分けで下し、2連覇を達成しました。前身の南海、ダイエー時代を含めると9度目の日本一です。

6連続盗塁阻止

 最優秀選手(MVP)には正捕手の甲斐拓也選手が選ばれました。広島は6試合で8回盗塁を企図し、全て失敗に終わりました。そのうちの6回が甲斐選手です。強肩ぶりを示す「甲斐キャノン」なる愛称はすっかり全国区になりました。

 以下はMVP受賞後の甲斐選手のコメントです。

「まさか僕が選ばれるとは思っていなかったので驚きました。甲斐キャノンと呼ばれて話題になるのは正直、嬉しいです。でも盗塁阻止はピッチャーとの共同作業。牽制やクイックなどでピッチャーも頑張ってくれた結果です」

 日本シリーズが始まる前、ソフトバンク達川光男ヘッドコーチに甲斐選手の肩について聞くと、こんな答えが返ってきました。

「今まで見た中で最高の強肩。しかも、捕ってから投げるまでが速い。僕らの世代では中日時代の中尾孝義の肩がナンバーワンだったけど、甲斐はその中尾以上じゃないかな」

 そして、こう続けました。

「アルフレド・デスパイネによると、地肩だけならキューバには甲斐以上の強肩の持ち主が何人かいるらしい。しかしスローイングの速さと正確さで、彼を上回るキャッチャーはいない、と言っていたね」

 それでなくても日本シリーズの盗塁は容易ではありません。レギュラーシーズン以上の緊張感を伴うため、ランナーにすれば、足枷を付けられたような気分になるというのです。

 甲斐選手の"キャノン劇場"の始まりは第1戦でした。2対2で迎えた9回裏2死一塁。サヨナラのランナーとして代走で起用され、果敢に二塁を狙った上本崇司選手をストップしました。第2戦は鈴木誠也選手、第3戦は田中広輔選手、第4戦は安部友裕選手と赤ヘルの"足自慢"をことごとく二塁ベース手前で刺しました。王手をかけられて後のない広島は第6戦、初回1死一塁から田中選手を走らせました。微妙なタイミングで一旦はセーフの判定が下されましたが、リクエストの結果、判定が覆りアウト。2回にも2死一、三塁から安部選手が二塁を狙いましたが、これも甲斐キャノンに阻まれました。セ・リーグ2位の32盗塁をマークした俊足の田中選手も「甲斐選手が一枚も二枚も上手でした……」と脱帽でした。

 2回の安部選手の単独スチールについては、多くの評論家が首をかしげていました。仮に成功してニ、三塁になっても、石原慶幸選手のバットに大きな期待はできません。歩かされれば次はピッチャーのクリス・ジョソン投手です。いくら先制点が欲しいとはいえ、2回からエースに代打を送るわけにはいかないでしょう。とりあえずひとつ盗塁を決める。すなわち一矢を報いたかっただけかもしれません。

日本一14回の経験値

 さて甲斐選手の強肩がクローズアップされた今シリーズは、同時に広島・緒方孝市監督とソフトバンク・工藤公康監督の采配力の差も浮き彫りになりました。

 工藤監督が短期決戦に徹した戦い方をしたのに対し、緒方監督はシリーズをレギュラーシーズンの延長線上に位置付けているような印象を受けました。

 そのひとつが緒方監督の機動力へのこだわりです。確かに広島は足が売り物のチームです。レギュラーシーズンはセ・リーグ1位の95盗塁を記録しています。足に活路を見出したいのは、わからないでもありません。

 それを裏付けるように、シリーズ終了後、緒方監督はこう語りました。

「シーズン中からいろいろと仕掛けてやってきた。それと同じように動いて突破口を開こうと思った」

 レギュラーシーズンと同じ戦い方にこだわったのです。一方、工藤監督はレギュラーシーズンとはがらりと戦い方を変えてきました。それは継投にも表れていました。

 勝てば王手のかかる第5戦、試合は4対4のまま終盤8回表、広島の攻撃を迎えました。先頭の西川龍馬選手に代打サビエル・バティスタ選手が起用されたところで、工藤監督はアンダースローの高橋礼投手をマウンドへ。バティスタ選手、安部選手を打ち取って2死後、再び工藤監督がベンチを出ました。「ピッチャー・森(唯斗)」のアナウンスにヤフオクドームがどよめきました。守護神をタイスコアの8回から起用したのです。8番の會澤翼選手は下手投げに強く、しかもこの日は6回に勝ち越しのソロホームランを放っていました。「もう1点もやれない」という指揮官の気迫がひしひしと伝わってきました。

 森投手は工藤監督の期待に応えてイニングまたぎで9回まで投げ無失点。10回は加治屋蓮投手がスコアボードにゼロを刻みました。柳田悠岐選手のサヨナラホームランが飛び出したのはその裏でした。指揮官の攻撃的継投がサヨナラ弾を呼び込んだのです。

 また攻撃面においても工藤監督は1点にこだわる采配を見せました。第6戦、2対0で日本一を決めたこの試合、先制点は内川聖一選手の犠牲バントと、続く西田哲朗選手のスクイズから生まれました。特に内川選手はソフトバンクに移籍して8年、レギュラーシーズンでは1度も犠打を記録していません。サインを出した工藤監督も、それに応えた内川選手も見事です。短期決戦の戦い方を知り尽くしているのでしょう。内川選手は「自分の犠打が得点につながったのはうれしかった。バントでも試合の中で日本一に貢献できた」と振り返りました。

 4勝のうち2つが1点差、ひとつが2点差。敵地での2点差を追いついての引き分けも、ソフトバンクにとっては勝ちと同等の値打ちがあったように思われます。長いレギュラーシーズンはチームの地力が最後にモノを言いますが、短期決戦は采配力が明暗を分けます。選手として11回の日本一を経験している工藤さんは監督としても3回目の戴冠です。「日本シリーズの勝ち方は勝った者にしか分からない」。選手で11回、コーチ・監督で9回の日本一を経験している森祇晶さんの言葉が胸に染みます。

K.Ninomiya二宮清純

二宮清純コラム プロ野球ガゼット

二宮清純

国内外で幅広い取材活動を展開し、独自の視点からスポーツジャーナリストとして切れ味のよいコメントを繰り出す。毎週火・金更新。

BACK NUMBER

2019年8月23日(金)更新
西武・森友哉の「仕留める」打撃術
史上4人目「捕手首位打者」なるか
2019年8月20日(火)更新
広島バティスタ、ドーピングで陽性反応
五輪に向け懸念される球界の「甘い認識」
2019年8月16日(金)更新
夏休み「3人退場」大荒れの獅子vs猛牛
過去には「審判集団暴行」の横浜事件も
2019年8月13日(火)更新
育成初! 野手から投手転向で初勝利
オリックス張奕の身体能力とセンス
2019年8月9日(金)更新
阪神、“死のロード”は死語のはずでは?
この5季で4度勝ち越しの原因と背景
2019年8月6日(火)更新
広島、「アップダウン」のその先は?
巨人、DeNAと三すくみで「混セの夏」
2019年8月2日(金)更新
最長身左腕、楽天・弓削隼人躍動せり
「うどの大木」から「大きな武器」へ
2019年7月30日(火)更新
佐々木朗希登板回避で球界に賛否
国保陽平監督が投じた一石の波紋
2019年7月26日(金)更新
広島・緒方孝市監督、ビンタで厳重注意
”愛のムチ”は過去。他球団は「他山の石」
2019年7月23日(火)更新
巨人・原辰徳監督、通算1000勝に王手
自らに誓う「聖域超え」のミッション
2019年7月19日(金)更新
DeNAヤスアキ、史上最年少150S達成
「適材適所」見抜いた中畑清の好判断
2019年7月16日(火)更新
ノムさん、「しっかりせい!」と愛のムチ
燕に「足を向けて寝られない」義理と事情
2019年7月12日(金)更新
プロコーチ吉井理人、絶妙の「立ち位置」
「距離」で判る指揮官との信頼感、緊張感
2019年7月9日(火)更新
ヤクルト石川雅規、200勝への道程
名球会入りすれば、史上「最低身長」
2019年7月5日(金)更新
迫る移籍期限、駆け込みトレード続出
「放出選手」に向けられる冷たい視線
2019年7月2日(火)更新
吉川光夫、3年ぶり「古巣」への思い
日ハム・栗山監督に「恩返し」なるか
2019年6月28日(金)更新
投手の故障予防に球数の「総量規制」
会議で聞きたい現役球児の“ナマの声”
2019年6月25日(火)更新
悪送球、ファンブル、トンネル……
広島ドラ1・小園海斗にプロの試練
2019年6月21日(金)更新
日ハム上沢直之、左ヒザ直撃で今季絶望
0.3~0.4秒で打球到達の恐怖とトラウマ
2019年6月18日(火)更新
レジェンド・杉下茂ら学生野球資格回復
今の学生に語り継いでほしい「戦争体験」
2019年6月14日(金)更新
吉田輝星、「スターの貫禄」で初勝利
初先発で見せた「新人っぽくない」84球
2019年6月11日(火)更新
広島、日本一獲りに向けクローザー交代
ハラハラ、ドキドキ「中﨑劇場」終幕か
2019年6月7日(金)更新
「ホームランはヒットの延長」は本当か?
NPBホームラン記録に挑む山川穂高の野望
2019年6月4日(火)更新
「令和の怪物」佐々木朗希、13奪三振
スピード違反!? 江川卓の牽制球伝説
2019年5月31日(金)更新
14連敗ヤクルト、トンネルの先に光は!?
OBが分析する連敗のメカニズムと脱出法
2019年5月28日(火)更新
早くも35℃超え! 今夏も猛暑の甲子園
熱中症予防「白スパイク」の早期導入を
2019年5月24日(金)更新
「雑草魂」上原浩治、44歳で現役に幕
浪人時代に養った反骨精神と背番号19
2019年5月21日(火)更新
名ファースト生むDeNAの「遺伝子」
ロペス、連続守備機会無失策の貢献
2019年5月17日(金)更新
元スカウトが断言「佐々木は大谷以上」
「令和の怪物」は甲子園に登場するか!?
2019年5月14日(火)更新
「母の日」に先発初勝利の広島・アドゥワ誠
ゴロアウト14が示す「打たせて取る」投球術
2019年5月10日(金)更新
チームの要“鯉女房”會澤翼がFA権取得
気になる「打てて守れる」捕手の動向
2019年5月7日(火)更新
「完投なし」で首位を争う東北楽天
平石監督のブルペン「働き方改革」
2019年4月26日(金)更新
「奇跡のバックホーム」の舞台裏
松山商-熊本工、名勝負の分岐点
2019年4月23日(火)更新
リリーバーも「沢村賞」の選考対象に!
沢村賞2回、斉藤和巳の脱先発選民思想
2019年4月19日(金)更新
イチロー、若き日の驚異の動体視力
テッド・ウィリアムズの“松ヤニ伝説”
2019年4月16日(火)更新
163キロ「令和の怪物」佐々木朗希
侍ジャパンTD鹿取義隆が占う将来性
2019年4月12日(金)更新
阪神・梅野、骨折後のサイクル安打
“自損事故”防ぐには「ベースは左足」
2019年4月9日(火)更新
巨人の開幕ダッシュに貢献・吉川尚輝
「うちには吉川がいる」と原辰徳監督
2019年4月5日(金)更新
雪に見舞われた楽天のホーム開幕戦
カブスのしたたかな寒冷地ビジネス
2019年4月2日(火)更新
フルスイング貫くロッテ藤原恭大
大先輩・山崎裕之曰く「センスの塊」
2019年3月29日(金)更新
<平成プロ野球史③>
大魔神、横浜を38年ぶりリーグVに導く
松井秀喜も手を焼いた「伝説のフォーク」
2019年3月26日(火)更新
引退イチロー、感動のカーテンコール
甦る44年前の光景、ミスターの名台詞
2019年3月22日(金)更新
新潟県高野連提案「球数制限」は先送り
投手の肩、ヒジ故障防止は「喫緊の課題」
2019年3月19日(火)更新
セ最下位はローテ充実の矢野阪神!?
「守備に難」権藤博が看破した弱点
2019年3月15日(金)更新
日本シリーズ視聴率が示す球界近未来
プロ野球は最強のローカルコンテンツ
2019年3月12日(火)更新
西武、広島の捕手併用制は是か非か?
二番手捕手の起用法こそが優勝の条件
2019年3月8日(金)更新
4連覇目指す広島に待望の国産サウスポー
3年目・床田寛樹、“ケガの功名”で復活へ
2019年3月5日(火)更新
野球、パリ五輪落選で次の一手は?
侍ジャパン「東京で金」の前提条件
2019年3月1日(金)更新
開幕前から赤ヘルフィーバーに沸く広島
地域活性化の「優等生」を支える懐事情
2019年2月26日(火)更新
<平成プロ野球史②>
20世紀最後の宮崎キャンプで見た「熱狂」
「背番号3」長嶋茂雄のワンマンショー
2019年2月22日(金)更新
背番号ひと桁ルーキーの「恍惚と不安」
甲子園V3根尾昂と藤原恭大の強心臓
2019年2月19日(火)更新
日ハム吉田、柿木に見る当世ライバル事情
「蹴落とす」よりも、互いに「高め合う」
2019年2月15日(金)更新
“捕手頭脳”矢野監督はトラを再建できるか
捕手は現場の司令塔、“分身”の育成が急務
2019年2月12日(火)更新
大物の証明、根尾昂の“ブルペン目慣らし”
「世界の王」驚異の選球眼はどこで鍛えたか
2019年2月8日(金)更新
阪神・矢野監督は“ベテラン特権”剥奪
競争原理導入でチームは活性化するか
2019年2月5日(火)更新
“名参謀”鈴木康友が語る「王者のキャンプ」
「強いチーム」と「弱いチーム」はここが違う
2019年2月1日(金)更新
「野球離れを防げ、子供の将来を守れ」
侍J4番・筒香嘉智の勇気ある問題提起
2019年1月29日(火)更新
中日ドラ1・根尾昂と若松勉の共通点
スキーで鍛えた内転筋がパワーを生む
2019年1月25日(金)更新
<平成プロ野球史①>
第1回WBCを制した王貞治の執念
“世紀の誤審”で沸騰した日本世論
2019年1月22日(火)更新
殿堂入りの80歳・権藤博が解説する
「できるコーチ」と「できないコーチ」
2019年1月18日(金)更新
「天才」立浪和義、晴れの殿堂入り
PL恩師・中村順司は何を教えたか?
2019年1月15日(火)更新
原巨人にFA人的補償選手の波紋
プロテクト漏れ選手の「疑心暗鬼」
2019年1月11日(金)更新
沢村賞と最優秀中継ぎのマルチ投手
ホークス攝津正は平成の「器用長者」
2019年1月8日(火)更新
巨人・長野、FA丸の人的補償で広島へ
赤ヘル、リーグV4に向けガチンコ指名
2018年12月25日(火)更新
丸佳浩&岡本和真、「MO時代」到来か!?
王貞治復活劇の影に「3番」張本勲あり
2018年12月21日(金)更新
G菅野智之、史上最多タイの年俸6.5億
「夢の10億円」誕生に向けた球界改革を
2018年12月18日(火)更新
ブルペンの待遇改善なくして躍進なし
年俸アップこそが“勤続疲労”の特効薬
2018年12月14日(金)更新
平成最後の大補強敢行した原巨人
番頭・元木コーチのサバイバル術
2018年12月11日(火)更新
プロ野球選手の「格」について考える
ベテランを生かす実績尊重型の起用法
2018年12月7日(金)更新
契約更改は交渉力磨く絶好の機会?
球場の広告提案まで行った里崎智也
2018年12月4日(火)更新
FAの目玉・丸佳浩「栄光の巨人」入り
長嶋茂雄、高橋由伸に連なる千葉人脈
2018年11月30日(金)更新
巨人・菅野智之、「19」から「18」へ
悲運のエース小林繁のビンテージイヤー
2018年11月27日(火)更新
最多ホールド左腕・宮西、実は右利き?
レジェンド江夏豊、鈴木啓示も転向組!
2018年11月23日(金)更新
FA市場の目玉・丸佳浩流失に備える広島
“打高守低”西川、メヒアに外野転向指令
2018年11月20日(火)更新
オフは遊び時間じゃない!とSB工藤監督
04年V落合中日はキャンプ初日に紅白戦
2018年11月16日(金)更新
日米野球、“タナキク”コンビで決勝点
稲葉ジャパン、東京五輪の予行演習?
2018年11月13日(火)更新
侍J・柳田悠岐、秋山翔吾、菊池涼介
MLB迎え討つ地方大学出身の精鋭たち
2018年11月9日(金)更新
DeNA1位・上茶谷にレジェンド背番号
平松政次の“カミソリシュート”伝説

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」