二宮清純コラム プロ野球ガゼット

2018年12月18日(火)更新

15:00

ブルペンの待遇改善なくして躍進なし
年俸アップこそが“勤続疲労”の特効薬

Photo

 今オフの契約更改、例年以上に目立ったのが中継ぎ投手のフロントへの不満でした。17日、千葉ロッテの松永昂大投手は1000万円増の7000万円+出来高(金額は推定)でサインしたものの、表情は晴れやかではありませんでした。

「交渉では中継ぎ投手の評価方法について話をしました。評価の仕方がキツイ(厳しい)のではないか、ということです。こういうことは僕や抑えの益田直也が言わなくてはいけない。僕らがいなくなってもチームは続いていきますから。ブルペンをより良い環境にもっていければと思っています」

フォア・ザ・チーム

 松永投手は2012年、ドラフト1位で大阪ガスからロッテに入りました。左の貴重な中継ぎとしてプロ入りから6年間、毎年、50試合前後に登板しています。今季は自己最多の60試合に登板し、「来季はもっと投げてもいい」とフォア・ザ・チームの姿勢をアピールしました。フロントへの提言はブルペンの中心人物としての自覚の表れと言えるかもしれません。

 さて、ロッテに限らず中継ぎの査定に関しては、以前から「厳しい」との声が引きも切りません。今から10年ほど前、私は元巨人のリリーフ投手からこんな話を聞きました。

「リリーフでいくら頑張っても、年俸が上がらないので、査定の担当者に言ったことがあります。『これじゃ、やる気にならない』と。そうしたら、『だったら先発に起用されるよう頑張りなさい』と逆に言い返されましたよ。私がいたころの巨人ではリリーフは先発に失格した者がやる仕事だと。だから先発投手より給料を高くすることはできないと言うんです。でも、これって変でしょう。先発かリリーフかというのは適性の違いであって、先発同様、リリーフも大切な仕事なんですから」

 元リリーフ投手はさらに続けました。

「先発投手は投げたら最低でも4日間、休むことができますが、リリーフは毎日のように投げなければならない。もっと言えば試合でマウンドに上がらなくても、ブルペンで肩だけはつくっておかなければならない。そんな苦労を全く無視され『リリーフは先発に失格した者がやる仕事だ』なんて言われたら、誰だってやる気をなくしますよ」

中継ぎ初の大台突破

 こうした球界の「中継ぎ軽視」には少なくない数の投手が疑問を呈しました。その中のひとりが近鉄などで活躍した佐野慈紀さんです。佐野さんは91年、近大工学部からドラフト3位で近鉄に入団。中継ぎ一筋で奮投し、96年にはリーグ最多の57試合に登板しました。当時を振り返ってこう語ります。

「確かに先発ができないから後ろに回される、それはある意味で真実です。僕も一応、プロ入りしたときにはまっさらなマウンドで投げる先発を志していました。まわりのピッチャーだって最初から『オレは中継ぎで』なんて思っているものはひとりもいませんでしたよ。でも、そのときの編成やチーム事情で先発の夢は叶わなかった。それで中継ぎという場所があてがわれたわけですが、そこで生きるからには先発と比べて格がどうこうではなく、中継ぎとしての結果を評価してもらわないと困りますよね。僕もオフには相当戦いましたよ」

 契約更改の場で中継ぎの待遇改善を訴え続けた96年オフ、佐野さんの年俸は1億円に達しました。NPBの中継ぎ投手としては初の大台突破として話題を集めました。

「毎年、契約交渉には“オレは144試合の半分に投げてんやぞ”というプライドを持って臨んでいました。チームに貢献しているという自負だけは失いたくないし、その自負こそがマウンドでも僕の支えになっていましたから。試合の終盤、流れが向こうに行きそうなところをパチンと断ち切る。それで涼しい顔をして抑えの人に“どうぞ”とバトンを渡す。プロ入り当初は先発に憧れていましたが、やってみたら中継ぎはとてもやり甲斐のある仕事でしたよ」

 05年から中継ぎ投手を評価する「ホールド」がセ、パ両リーグで採用されています。歴代最多ホールドは北海道日本ハム・宮西尚生投手の294ホールドです。宮西投手は今オフ、海外FAの資格を得ましたが、権利を行使せずに残留しました。日本ハムは33歳のベテランに2年総額5億円(金額は推定)と最大級の評価で応えました。プロ野球における選手への「誠意」とは、すなわち年俸です。中継ぎ投手に対し「縁の下の力持ち」と持ち上げるだけでは、疲労のたまった体にムチ打ち、「チームのために」とはならないでしょう。ブルペンの待遇改善なくしてチームの躍進はありません。

K.Ninomiya二宮清純

二宮清純コラム プロ野球ガゼット

二宮清純

国内外で幅広い取材活動を展開し、独自の視点からスポーツジャーナリストとして切れ味のよいコメントを繰り出す。毎週火・金更新。

BACK NUMBER

2021年2月26日(金)更新
ヤクルトV1戦士、安田猛さん逝く
戦友松岡弘「自分を貫く真のプロ」
2021年2月23日(火)更新
中日・根尾昂、遊撃獲り3年目の決意
「腰が低すぎる」課題を克服できるか
2021年2月19日(金)更新
「天気には勝てん」と栗山監督恨み節
“キャンプ天国”南国沖縄の泣きどころ
2021年2月16日(火)更新
野村克也記念品がメモリアル入り
エモヤンが発起人で“里帰り”実現
2021年2月12日(金)更新
楽天キャンプで早速“田中塾”開講
野村イズム受け継ぐ愛弟子の合体
2021年2月9日(火)更新
広島・九里亜蓮347球の熱投
「昭和の練習法」は吉か凶か
2021年2月5日(金)更新
「王貞治イズム」継承の鬼コーチ
ロッテ松中、SB小久保の猛特訓
2021年2月2日(火)更新
コロナ禍のスポーツ界に久々の朗報
田中将大、古巣復帰で「日本一へ」
2021年1月29日(金)更新
王貞治とH.アーロン、共通の天敵
王の“世界記録”阻止した変則左腕
2021年1月26日(火)更新
755本塁打のハンク・アーロン逝く
「世界少年野球」で王貞治とタッグ
2021年1月22日(金)更新
松中信彦臨時コーチが大砲育成へ
ロッテ、課題の打力に三冠王招聘
2021年1月19日(火)更新
コロナ禍で宮崎キャンプは無観客へ
140億円超の経済効果が激減の悪夢
2021年1月15日(金)更新
桑田真澄、15年ぶりG復帰の「吉報」
「温故知新」で巨投再生に全力投球
2021年1月12日(火)更新
東西大物新人、“こだわり寝具”で入寮
専門家も太鼓判を押す「寝る子は育つ」
2021年1月8日(金)更新
人的補償で地元DeNAへ移籍の田中俊太
先輩・原辰徳監督に痛烈な“恩返し”を
2020年12月25日(金)更新
中日・大野雄大、3億円のミッション
ミスター完投の秘訣は「動くボール」
2020年12月22日(火)更新
MVP逃すも、高評価の中継ぎモイネロ
川口和久が唱える「8回最強投手説」
2020年12月18日(金)更新
内川聖一、ヤクルトで「もうひと花」
25年前の辻発彦と重なる“無形の力”
2020年12月15日(火)更新
正力賞と最優秀監督賞の違いは?
「組織も対象」王貞治描く未来図
2020年12月11日(金)更新
中日、“厳冬更改”に選手会が抗議文
求められる“令和式”スマート交渉法
2020年12月8日(火)更新
山田哲人「パ・リーグ挑戦」発言の真意
“パ高セ低”で塗り替わるFA勢力地図
2020年12月4日(金)更新
野球漫画の第一人者・水島新司引退
「四国プロ球団」を描いた先見の明
2020年12月1日(火)更新
MLB移籍目指す菅野智之にコロナの壁
球団経営悪化で譲渡金、年俸に影響か
2020年11月27日(金)更新
ホークス、対巨人2年連続4タテの衝撃
柳田悠岐の「セ・リーグにはない打球」
2020年11月24日(火)更新
山田哲人、「生涯スワローズ」宣言
異例の7年契約でチームと一心同体
2020年11月20日(金)更新
DeNA三浦大輔監督で投手出身が6人
ロールモデルはSB工藤公康監督か
2020年11月17日(火)更新
GM兼監督・石井一久の“骨太宣言”
2年の背広生活をどういかすか?
2020年11月13日(金)更新
沢村賞左腕・広島ジョンソンが退団
女房役・石原も去り、一時代の終焉
2020年11月10日(火)更新
坂本勇人、史上2位の若さで2000安打
名人芸の内角打ちは“元左利き”に起因
2020年11月6日(金)更新
挑戦権を得るのは西武かロッテか!?
迎え撃つ王者ソフトバンクの戦略は?
2020年11月3日(火)更新
巨人、ドラフトで12人を育成指名
脱“大艦巨砲主義”で目指す未来は
2020年10月30日(金)更新
「MVPは周東」と“世界の王”絶賛
アウトをセーフにする“魔法の足”
2020年10月27日(火)更新
信念の男・岩隈久志へのオマージュ
野茂英雄に共通する“近鉄魂”とは?
2020年10月23日(金)更新
<ドラフトの深層②>
早大か巨人か、運命を決めた“神の声”
「キミは僕の弟のようだ」とミスター
2020年10月20日(火)更新
菊池涼介、「守備率10割」への挑戦
「忍者フィールディング」に確実性
2020年10月16日(金)更新
<ドラフトの深層①>
記者会見場に取り残された古田敦也
「メガネ捕手はNG」で阪神指名せず
2020年10月13日(火)更新
沢村賞は菅野智之で決まりか!?
気になる“完投マシン”大野雄大
2020年10月9日(金)更新
巨人、大阪でシリーズ開催の違和感
東京ドームは「秋の都市対抗野球」
2020年10月6日(火)更新
ホームラン王争いで伝統の巨神戦!?
大山悠輔vs岡本和真のマッチアップ
2020年10月2日(金)更新
四球数、出塁率重視の井口ロッテ
ベースは王貞治&ビーン野球か?
2020年9月29日(火)更新
SB対オリ、判定巡り5分間中断
ウィズコロナ時代の“時短”マナー
2020年9月25日(金)更新
巨人独走許した“戦犯”チームは?
残りシーズンは“弱者連合”で抵抗
2020年9月22日(火)更新
ソフトバンク、ロッテ2強決戦!?
「横綱相撲」か「下剋上」再現か
2020年9月18日(金)更新
“神様超え”果たした巨人・原辰徳
川上哲治「勝利も敗北も忘れる」
2020年9月15日(火)更新
西武・山川穂高、通過点の150号
“オレ流”にも通じる野武士の魅力
2020年9月11日(金)更新
原辰徳監督は“トレード巧者”か
“最終球歴・巨人”は過去の遺物
2020年9月8日(火)更新
サウスポーには右打線の固定観念
佐々岡カープに3連覇の面影なし
2020年9月4日(金)更新
平成の名クローザー藤川球児引退へ
“浮き上がる変化球”MLB席巻の幻
2020年9月1日(火)更新
ホークス柳田悠岐の「広角本塁打」
「動くボール」時代の“量産”打法
2020年8月28日(金)更新
楽天・涌井秀章、“こやシン”で復活!
狙い球さえ絞れない「難解なパズル」
2020年8月25日(火)更新
オリックス「監督解任」は恒例行事
中嶋聡代行はムードチェンジャー?
2020年8月21日(金)更新
「光速王子」見参! ロッテ和田康士朗
セ・パで「独立&育成」盗塁王誕生か
2020年8月18日(火)更新
350ホールド到達の日ハム宮西尚生
「逆算式」で挑む前人未到の頂き
2020年8月14日(金)更新
発展途上の安田尚憲と清宮幸太郎
超高校級スラッガーがはまる陥穽
2020年8月11日(火)更新
投げた、抑えた! 原辰徳マジック炸裂
G内野手・増田大輝「甲子園の13球」
2020年8月7日(金)更新
21歳・村上宗隆に初タイトルの予感
燕の「4番」から日本の「主砲」へ
2020年8月4日(火)更新
「走塁革命」成功せり!巨人に死角なし
「強いだけではなく嫌らしい」と元参謀
2020年7月31日(金)更新
DeNA山﨑康晃の「誇り」と「現実」
問われるラミレスの守護神再生手腕
2020年7月28日(火)更新
オリ大城滉二、頭部直撃死球の衝撃
惨事を防いだ“耳当て”導入の功労者
2020年7月24日(金)更新
クォーター投法、青柳晃洋のトラウマ
絶頂小林繁を狙い打ちしたバント攻撃
2020年7月21日(火)更新
首位楽天のキーマンは2番・鈴木大地
打ってよし、送ってよし、決めてよし
2020年7月17日(金)更新
高津采配でミラクル・ヤクルト再現か
継投で育むチームへのロイヤルティー
2020年7月14日(火)更新
佐々岡広島、早くもサヨナラ負け3回
崩壊リリーフ陣への処方箋と再生法
2020年7月10日(金)更新
阪神ボーア、夏場迎え本領発揮か!?
浜風利用したバースのクレバーさ
2020年7月7日(火)更新
20年ぶり外国人捕手、中日マルティネス
G戦3連敗阻止「名古屋に帰れない」発言
2020年7月3日(金)更新
横浜DeNA“つなぐ4番”佐野恵太の使命
目指すは黒衣に徹したポスト・サブロー
2020年6月30日(火)更新
ロッテ8連勝。地の利いかし首位快走
現在の勢い象徴する日替わりヒーロー
2020年6月26日(金)更新
パ・リーグ真夏の6連戦をどう戦う?
勝敗のカギ握るブルペンのマネージ力
2020年6月23日(火)更新
120試合制で高まる「4割」への期待
テッド・ウイリアムズの動体視力伝説
2020年6月19日(金)更新
楽天・三木肇監督、“無名選手名伯楽”へ
新戦法を駆使した上田利治から学ぶこと

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」