• LINEで送る

二宮清純コラム プロ野球ガゼット

2016年8月9日(火)更新

【特別編】後半戦から新基準を採用。
コリジョンルールの本質とは?

Photo

 夏場を迎えてさらに盛り上がるプロ野球は、今季も話題に事欠きません。

 ベテラン新井貴浩選手(広島)や福留孝介選手(阪神)の2000本安打、黒田博樹投手の200勝達成もありました。また大谷翔平投手(北海道日本ハム)が記録した日本最速の163キロなど、長くプロ野球ファンに語り継がれるシーズンとなることでしょう。

 そんなシーズンにあって、「コリジョンルール」という言葉もファンの記憶に残りそうです。

 コリジョンルールは今シーズン開幕から採用されましたが、後半戦に入って間もなくの7月22日、早速、適用基準が変更になりました。この新ルールを巡っては相変わらず混乱と迷走が続いています。

ブロックとタックル禁止

 改めてコリジョンルールについておさらいしておきましょう。

 コリジョンとは衝突の意味で、ホームベース上のクロスプレーに関するルールです。このルールによって守備側、攻撃側ともに制限が設けられました。

 キャッチャーやベースカバーに入った野手(投手を含む)は本塁前でランナーをブロックすることができなくなりました。またホームベースに向かう走路をふさぐことも禁止です。

 一方でランナーも走路からはずれた位置にいるキャッチャー(野手)への体当たりが禁止になりました。

 コリジョンルールで野球が変わる----。開幕前からそう言われていましたが、浅い当たりでもホームを狙う積極的な走塁が増えました。また体当たり、いわゆるタックルが禁止されたことで、本塁クロスプレーの後にキャッチャーが負傷する。そんな痛ましいシーンを見ることもなくなりました。

 しかしシーズンが進むにつれて判定基準にバラつきがある、適用が厳しすぎる、などの不満も出てきました。ちなみに前半戦でコリジョンルールによって判定が覆ったケースは以下の4件です。

■5月6日 埼玉西武対北海道日本ハム
6回表1死満塁で西武の投手・高橋光成が暴投。三塁走者に続いて2点目を狙った二塁走者・浅間大基を、ベースカバーに入った高橋がタッチアウトにした。しかし高橋が走路上に立っていたとしてリプレー検証でセーフになった。

■5月11日 阪神対巨人
3回表2死二塁。巨人・脇谷亮太のセンター前ヒットで二塁走者・小林誠司がホームを狙った。センター大和のバックホームはワンバウンドになり、それを後方に下がりながら捕った原口文仁が小林にタッチしてアウトとなった。しかしリプレー検証が行われ、原口が捕球の際に走路をまたいだとして判定が覆った。

■6月14日 広島対埼玉西武
9回裏2死一、二塁。広島・赤松真人のセンター前ヒットで二塁走者・菊池涼介が本塁突入。回り込みながらホームインを狙う菊地に捕手・上本達之が走路をまたぐ形でタッチ。判定はアウトとなったがリプレー検証で走路をふさいだとしてセーフ、広島サヨナラ勝ち。

■6月12日 オリックス対横浜DeNA
5回表2死一、二塁。横浜のエリアン・エレラがレフト前ヒット。二塁走者・筒香嘉智が三塁を回り本塁突入もタッチアウト。しかしリプレー検証で捕手山崎勝己が走路をふさいだと確認されて一転してセーフになった。

適用基準の見直し

 いずれのケースも判定を不服として、チームからNPBに意見書や質問書が提出されました。ここで5月11日の阪神対巨人のプレーを例にとって判定基準やチーム、NPBの言い分を検証してみましょう。

 このプレーで焦点になったのは、原口文仁捕手が捕球する際に走路に入ったかどうかでした。

 リプレー検証の後で杉永政信責任審判は、コリジョンルール適用の理由をこう説明しました。

「キャッチャーが走路に立っていた」

 当日の映像を確認すると、センター大和選手からのバックホームがワンバウンドになり、それに合わせる形で原口選手が後方に下がりながら捕球していました。そのとき、確かに走路をまたいでいます。

 このプレーに関する阪神・金本知憲監督の言い分はこうです。

「原口はベースを空けていた。ルールに則ったプレーだ」

 判定に納得のいかない阪神は試合の翌日、NPBに意見書を提出しました。原口捕手が捕球の際に走路をまたぐ必要があったのかどうか。

 NPBは「原口は走路をまたがなくても捕球できた」という見解を示しましたが、金本監督は「いや捕れませんよ。あれはまたがざるを得ない。原口はベースを空けていた。何度見ても原口は間違っていない」と当初の主張を貫きました。双方の主張は平行線のままでした。

 こうした現場の混乱を受けて、NPBとプロ野球実行委員会はコリジョンルールの適用基準を見直しました。7月22日からの新基準は以下のとおりです。

■捕手やベースカバーに入る野手の立つ位置は基本的に本塁の前。
■送球が逸れて走路に入らずには捕球ができなかった、走者との接触が避けきれなかった。こう審判が判断した場合には適用されない。
■本塁上での捕手のブロックについては厳格に適用する。
■衝突がなかった場合でも守備側の立つ位置によっては警告を与える場合がある。

 ちなみにこの新基準を前半戦の4例に適用すると、上の3例は当初の判定通りアウトになる、と多くの関係者が語っています。

つきまとう不透明感

 新基準は7月31日、千葉ロッテ対東北楽天戦で適用されました。

 1回裏、ロッテの攻撃。1死二塁で角中勝也選手の打球は一、二塁間を抜けようかという当たりでした。これをセカンド藤田一也選手が深い守備位置で倒れ込みながら好捕。セカンドランナーの岡田幸文選手がホームを狙います。素早く起き上がった藤田選手の懸命のバックホームはショートバウンドになりました。

 嶋基宏捕手がバウンドに合わせて下がりながら捕球。走路に入った嶋捕手はそのまま膝を落としてタッチ、判定はアウトになりました。岡田選手のアピールと伊東勤監督の抗議を受けてリプレー検証が行われましたが、判定はそのままでした。

「仕方がなく走路に入った。そうしないと送球を処理できないという判断。ただし最終的にブロックという形になったので(嶋捕手には)警告を与えた」

 当日の森健次郎責任審判はこう説明しました。

 送球に合わせた形でしたが、走路に入りベースを隠す格好になったこのプレーは、前半戦ならおそらく判定が覆っていたことでしょう。

「ベースの上にいたしブロックをしていた。言いたくないけど、やったもの勝ち」

 伊東監督は納得していない様子でこう語りました。適用基準は新しくなりましたが、このようにまだまだコリジョンルールには不透明さがつきまといます。

 そもそもこのルールはキャッチャーやランナーをアクシデントから守るために作られたものです。

 前半戦はキャッチャーの「立ち位置」にこだわり過ぎて、やや杓子定規な適用が多かったように思われます。またシーズン途中でのルール変更には当然、異論もあります。

 日本に先駆けてコリジョンルールを採用したメジャーリーグでは、14年シーズンをテスト運用期間として、15年から正式採用しました。

 テスト運用中にはルール適用が100件近くありましたが、現場の意見を採り入れて運用方法が大幅に見直されました。これが功を奏して、ルールが正式に採用された15年には適用件数は1/3にまで減少しました。

 木を見て森を見ず、という諺があります。物事の細部にばかり気をとられると、全体や本質を見失ってしまう恐れがあるということです。

 このルールを導入した最大の理由は悪質なプレーの排除にありました。それを忘れてはなりません。その意味で、コリジョンルールの見直しには賛成ですが、それは果たして今だったのでしょうか。1シーズンに2つの基準が存在するというのも妙な話です。

 本来ならばメジャーリーグのようにテスト期間を設けてからの導入でも遅くはなかったはずです。混乱や迷走を招いた原因はどこにあったのか。まずNPBにはそこを検証してもらいたいものです。

K.Ninomiya二宮清純

二宮清純コラム プロ野球ガゼット

二宮清純

国内外で幅広い取材活動を展開し、独自の視点からスポーツジャーナリストとして切れ味のよいコメントを繰り出す。毎週火・金更新。

BACK NUMBER

2019年8月20日(火)更新
広島バティスタ、ドーピングで陽性反応
五輪に向け懸念される球界の「甘い認識」
2019年8月16日(金)更新
夏休み「3人退場」大荒れの獅子vs猛牛
過去には「審判集団暴行」の横浜事件も
2019年8月13日(火)更新
育成初! 野手から投手転向で初勝利
オリックス張奕の身体能力とセンス
2019年8月9日(金)更新
阪神、“死のロード”は死語のはずでは?
この5季で4度勝ち越しの原因と背景
2019年8月6日(火)更新
広島、「アップダウン」のその先は?
巨人、DeNAと三すくみで「混セの夏」
2019年8月2日(金)更新
最長身左腕、楽天・弓削隼人躍動せり
「うどの大木」から「大きな武器」へ
2019年7月30日(火)更新
佐々木朗希登板回避で球界に賛否
国保陽平監督が投じた一石の波紋
2019年7月26日(金)更新
広島・緒方孝市監督、ビンタで厳重注意
”愛のムチ”は過去。他球団は「他山の石」
2019年7月23日(火)更新
巨人・原辰徳監督、通算1000勝に王手
自らに誓う「聖域超え」のミッション
2019年7月19日(金)更新
DeNAヤスアキ、史上最年少150S達成
「適材適所」見抜いた中畑清の好判断
2019年7月16日(火)更新
ノムさん、「しっかりせい!」と愛のムチ
燕に「足を向けて寝られない」義理と事情
2019年7月12日(金)更新
プロコーチ吉井理人、絶妙の「立ち位置」
「距離」で判る指揮官との信頼感、緊張感
2019年7月9日(火)更新
ヤクルト石川雅規、200勝への道程
名球会入りすれば、史上「最低身長」
2019年7月5日(金)更新
迫る移籍期限、駆け込みトレード続出
「放出選手」に向けられる冷たい視線
2019年7月2日(火)更新
吉川光夫、3年ぶり「古巣」への思い
日ハム・栗山監督に「恩返し」なるか
2019年6月28日(金)更新
投手の故障予防に球数の「総量規制」
会議で聞きたい現役球児の“ナマの声”
2019年6月25日(火)更新
悪送球、ファンブル、トンネル……
広島ドラ1・小園海斗にプロの試練
2019年6月21日(金)更新
日ハム上沢直之、左ヒザ直撃で今季絶望
0.3~0.4秒で打球到達の恐怖とトラウマ
2019年6月18日(火)更新
レジェンド・杉下茂ら学生野球資格回復
今の学生に語り継いでほしい「戦争体験」
2019年6月14日(金)更新
吉田輝星、「スターの貫禄」で初勝利
初先発で見せた「新人っぽくない」84球
2019年6月11日(火)更新
広島、日本一獲りに向けクローザー交代
ハラハラ、ドキドキ「中﨑劇場」終幕か
2019年6月7日(金)更新
「ホームランはヒットの延長」は本当か?
NPBホームラン記録に挑む山川穂高の野望
2019年6月4日(火)更新
「令和の怪物」佐々木朗希、13奪三振
スピード違反!? 江川卓の牽制球伝説
2019年5月31日(金)更新
14連敗ヤクルト、トンネルの先に光は!?
OBが分析する連敗のメカニズムと脱出法
2019年5月28日(火)更新
早くも35℃超え! 今夏も猛暑の甲子園
熱中症予防「白スパイク」の早期導入を
2019年5月24日(金)更新
「雑草魂」上原浩治、44歳で現役に幕
浪人時代に養った反骨精神と背番号19
2019年5月21日(火)更新
名ファースト生むDeNAの「遺伝子」
ロペス、連続守備機会無失策の貢献
2019年5月17日(金)更新
元スカウトが断言「佐々木は大谷以上」
「令和の怪物」は甲子園に登場するか!?
2019年5月14日(火)更新
「母の日」に先発初勝利の広島・アドゥワ誠
ゴロアウト14が示す「打たせて取る」投球術
2019年5月10日(金)更新
チームの要“鯉女房”會澤翼がFA権取得
気になる「打てて守れる」捕手の動向
2019年5月7日(火)更新
「完投なし」で首位を争う東北楽天
平石監督のブルペン「働き方改革」
2019年4月26日(金)更新
「奇跡のバックホーム」の舞台裏
松山商-熊本工、名勝負の分岐点
2019年4月23日(火)更新
リリーバーも「沢村賞」の選考対象に!
沢村賞2回、斉藤和巳の脱先発選民思想
2019年4月19日(金)更新
イチロー、若き日の驚異の動体視力
テッド・ウィリアムズの“松ヤニ伝説”
2019年4月16日(火)更新
163キロ「令和の怪物」佐々木朗希
侍ジャパンTD鹿取義隆が占う将来性
2019年4月12日(金)更新
阪神・梅野、骨折後のサイクル安打
“自損事故”防ぐには「ベースは左足」
2019年4月9日(火)更新
巨人の開幕ダッシュに貢献・吉川尚輝
「うちには吉川がいる」と原辰徳監督
2019年4月5日(金)更新
雪に見舞われた楽天のホーム開幕戦
カブスのしたたかな寒冷地ビジネス
2019年4月2日(火)更新
フルスイング貫くロッテ藤原恭大
大先輩・山崎裕之曰く「センスの塊」
2019年3月29日(金)更新
<平成プロ野球史③>
大魔神、横浜を38年ぶりリーグVに導く
松井秀喜も手を焼いた「伝説のフォーク」
2019年3月26日(火)更新
引退イチロー、感動のカーテンコール
甦る44年前の光景、ミスターの名台詞
2019年3月22日(金)更新
新潟県高野連提案「球数制限」は先送り
投手の肩、ヒジ故障防止は「喫緊の課題」
2019年3月19日(火)更新
セ最下位はローテ充実の矢野阪神!?
「守備に難」権藤博が看破した弱点
2019年3月15日(金)更新
日本シリーズ視聴率が示す球界近未来
プロ野球は最強のローカルコンテンツ
2019年3月12日(火)更新
西武、広島の捕手併用制は是か非か?
二番手捕手の起用法こそが優勝の条件
2019年3月8日(金)更新
4連覇目指す広島に待望の国産サウスポー
3年目・床田寛樹、“ケガの功名”で復活へ
2019年3月5日(火)更新
野球、パリ五輪落選で次の一手は?
侍ジャパン「東京で金」の前提条件
2019年3月1日(金)更新
開幕前から赤ヘルフィーバーに沸く広島
地域活性化の「優等生」を支える懐事情
2019年2月26日(火)更新
<平成プロ野球史②>
20世紀最後の宮崎キャンプで見た「熱狂」
「背番号3」長嶋茂雄のワンマンショー
2019年2月22日(金)更新
背番号ひと桁ルーキーの「恍惚と不安」
甲子園V3根尾昂と藤原恭大の強心臓
2019年2月19日(火)更新
日ハム吉田、柿木に見る当世ライバル事情
「蹴落とす」よりも、互いに「高め合う」
2019年2月15日(金)更新
“捕手頭脳”矢野監督はトラを再建できるか
捕手は現場の司令塔、“分身”の育成が急務
2019年2月12日(火)更新
大物の証明、根尾昂の“ブルペン目慣らし”
「世界の王」驚異の選球眼はどこで鍛えたか
2019年2月8日(金)更新
阪神・矢野監督は“ベテラン特権”剥奪
競争原理導入でチームは活性化するか
2019年2月5日(火)更新
“名参謀”鈴木康友が語る「王者のキャンプ」
「強いチーム」と「弱いチーム」はここが違う
2019年2月1日(金)更新
「野球離れを防げ、子供の将来を守れ」
侍J4番・筒香嘉智の勇気ある問題提起
2019年1月29日(火)更新
中日ドラ1・根尾昂と若松勉の共通点
スキーで鍛えた内転筋がパワーを生む
2019年1月25日(金)更新
<平成プロ野球史①>
第1回WBCを制した王貞治の執念
“世紀の誤審”で沸騰した日本世論
2019年1月22日(火)更新
殿堂入りの80歳・権藤博が解説する
「できるコーチ」と「できないコーチ」
2019年1月18日(金)更新
「天才」立浪和義、晴れの殿堂入り
PL恩師・中村順司は何を教えたか?
2019年1月15日(火)更新
原巨人にFA人的補償選手の波紋
プロテクト漏れ選手の「疑心暗鬼」
2019年1月11日(金)更新
沢村賞と最優秀中継ぎのマルチ投手
ホークス攝津正は平成の「器用長者」
2019年1月8日(火)更新
巨人・長野、FA丸の人的補償で広島へ
赤ヘル、リーグV4に向けガチンコ指名
2018年12月25日(火)更新
丸佳浩&岡本和真、「MO時代」到来か!?
王貞治復活劇の影に「3番」張本勲あり
2018年12月21日(金)更新
G菅野智之、史上最多タイの年俸6.5億
「夢の10億円」誕生に向けた球界改革を
2018年12月18日(火)更新
ブルペンの待遇改善なくして躍進なし
年俸アップこそが“勤続疲労”の特効薬
2018年12月14日(金)更新
平成最後の大補強敢行した原巨人
番頭・元木コーチのサバイバル術
2018年12月11日(火)更新
プロ野球選手の「格」について考える
ベテランを生かす実績尊重型の起用法
2018年12月7日(金)更新
契約更改は交渉力磨く絶好の機会?
球場の広告提案まで行った里崎智也
2018年12月4日(火)更新
FAの目玉・丸佳浩「栄光の巨人」入り
長嶋茂雄、高橋由伸に連なる千葉人脈
2018年11月30日(金)更新
巨人・菅野智之、「19」から「18」へ
悲運のエース小林繁のビンテージイヤー
2018年11月27日(火)更新
最多ホールド左腕・宮西、実は右利き?
レジェンド江夏豊、鈴木啓示も転向組!
2018年11月23日(金)更新
FA市場の目玉・丸佳浩流失に備える広島
“打高守低”西川、メヒアに外野転向指令
2018年11月20日(火)更新
オフは遊び時間じゃない!とSB工藤監督
04年V落合中日はキャンプ初日に紅白戦
2018年11月16日(金)更新
日米野球、“タナキク”コンビで決勝点
稲葉ジャパン、東京五輪の予行演習?
2018年11月13日(火)更新
侍J・柳田悠岐、秋山翔吾、菊池涼介
MLB迎え討つ地方大学出身の精鋭たち
2018年11月9日(金)更新
DeNA1位・上茶谷にレジェンド背番号
平松政次の“カミソリシュート”伝説
閉じる
J:COM未加入の方 プロ野球見るならJ:COMで
未加入の方

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.

J:COM

Copyright c Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.
ケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」