二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年3月14日(木)更新

NZがやってくる!
大分の“おもてなし”

 ラグビーW杯日本大会の組織委員会は11日、東京都、千葉県、大分県の3都県が決勝トーナメント進出8チームの公認キャンプ地に決まったと発表しました。1次リーグと決勝トーナメントの公認キャンプ地は61の自治体に及びます。大分県は決勝トーナメントでは首都圏以外で唯一の公認キャンプ地となります。

世界最高峰を体感

 ラグビーW杯は夏季オリンピック、サッカーW杯に次ぐスポーツ世界三大イベントのひとつと呼ばれています。記念すべき第1回大会は1987年にオーストラリアとニュージーランドで開催されました。過去8大会の優勝チームはニュージーランド代表が3回、オーストラリア代表と南アフリカ代表が2回、イングランド代表が1回です。

 アジア初となる日本での第9回大会は、9月20日から11月2日までの約1カ月半、開催されます。大分県は大分市の昭和電工ドーム大分で以下の3試合が組まれています。

 10月2日のニュージーランド代表対カナダ代表戦、5日のオーストラリア代表対ウルグアイ戦、9日のウェールズ代表対フィジー代表戦。

 最大の目玉は、言うまでもなくオールブラックスの愛称で知られるニュージーランド代表です。3連覇を狙う今回も当然、優勝候補の大本命です。

 オーストラリアとウェールズもぜひともナマで見たいチームです。こうした世界の強豪チームを迎え入れる広瀬勝貞知事は、「皆さんにはぜひ観戦に行くなり、雰囲気を楽しむなりして、ラグビーW杯を存分に体感してもらいたいですね」と熱っぽく語っていました。

 さて、公認チームキャンプ地の決定に際し、ワールドラグビーのビル・ボーモント会長はこうコメントしました。

「公認チームキャンプ地は、各国の代表チームが試合に備えるための最適な基盤をチームに提供するという点で、ラグビーW杯にとって不可欠な要素です。同時に、これまでのラグビーの遠征と同じように、チームが開催国の各地の人々や地域社会と交流する機会を提供することも重要です。これは、どのラグビーW杯とっても欠くことのできない文化的側面であり、スポーツの最高峰のイベントにおいて、国を代表するという幸運にある選手にとってハイライトの一つです」

 大分県の受け入れ態勢はどうなのでしょう。広瀬知事に聞きました。

「世界の強豪チームの皆さんに気持ちよく試合に臨んでいただくため、最高の環境を整えたいと考えています。一つはグラウンドの芝生です。自然の芝に人工の芝で補強したハイブリッド芝にしたい。もう一つは、現在、会場となる大分スポーツ公園内に整備中の武道スポーツセンターです。会場に隣接しており、ボランティアセンターとして活用したい」

経済効果は253億円

 大分県の“おもてなし”は来日するラグビーチームだけに向けられたものではありません。ここには別府、由布院に代表される国内有数の温泉があります。

<ワールドラグビーの公式旅行代理店からは外国人向けに「四つ星相当」のホテルを確保するように求められた。だが、別府、由布院など国内でも指折りの温泉地の利用を逆提案。交渉の結果、温泉旅館への宿泊を了解させた>(「時事通信」2018年9月20日)

 県の試算によると<W杯の経済波及効果は253億円。18万9000人の観客が見込まれ、そのうち外国人は4万8000人>(同前)に上ります。

 再び広瀬知事です。

「大分県は、この5年間でインバウンド(訪日外国人観光客)の宿泊客が3倍以上に増え、昨年は140万人ぐらいでした。その内訳は、ほとんどがアジアの方で、欧米やオセアニアの方は全体の約2%にとどまっています。観光振興の観点からも、こうした国々からのお客さんを増やす必要があります」

 大会期間中はラグビーが盛んなオセアニアからの訪日客が大勢見込めます。大分の海の幸、山の幸もおもてなしには欠かせない“食の観光大使”です。

 広瀬知事にはキーワードについても聞きました。

「それは『世界に繋がる』です。ラグビーの精神を通じて世界中の人たちと気持ちが通じ合うことは、これからグローバルに生きていく若者や、子どもたちにとっては大事な学びになるというのが一つ。二つ目は観光のウイングを広げて、より広い世界へと繋がりたい。そのメッセージを込めました」

 全12会場の中に、四国・中国は一つもありません。02年に開催されたサッカーW杯日韓大会もそうでした。翻ってラグビーW杯日本大会、九州では大分の他、福岡、熊本でも開催されます。ラグビー熱が高い地域と言われればそれまでですが、四国出身の私には羨ましい限りです。記憶のレガシーを、ぜひ脳裏に刻んでもらいたいものです。

K.Ninomiya二宮清純
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ