二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年12月26日(木)更新

さらば旧国立、ようこそ新国立
松尾雄治、「聖地」への惜別の辞

 11月末に完成した新国立競技場のオープニングイベントが今月21日に行われ、サッカーの三浦知良選手らとともにラグビー界からは先のW杯で史上初のベスト8進出を果たしたジャパンのリーチ・マイケル選手が参加し、6万人の観衆を沸かせました。リーチ選手は「ここでたくさんの試合が行われ、選手のパッション、メッセージを伝えられたらいい」と抱負を語りました。

コンクリートを刻む音

 事実上の引退試合となった旧国立競技場で、胴上げをされた選手がいます。新日鐵釜石の司令塔、そしてプレーイングマネジャーとして日本選手権7連覇に貢献した松尾雄治さんです。

「ロッカールームからコンクリートの階段を駆け上がる時、カツカツと音がするんだ。スパイクのポイントがコンクリートを刻む音なんだけど、あれが忘れられないんだよね。“さぁ、やるぞ!”と心地よい緊張感がみなぎってくる。新国立では、どんな音がするんだろうねぇ……」

 そう語る松尾さんの最後の国立での試合は1985年1月15日、同志社大学との日本選手権でした。釜石にはV7がかかっていました。成人の日、国立は6万人を超える大観衆で埋まりました。

「グラウンドに出て、スタンドを見渡したら、階段にまで人が座っていた。あれにはびっくりしたよね」

 実は松尾さんは試合に出られる状態ではありませんでした。大一番の直前に都内の病院で左足首の切開手術を受けていたのです。

「水を抜こうとしたところ、注射針から菌が入った。病名は化膿性関節炎。足はパンパンに腫れていて痛いのなんの。浣腸のような太い注射針を入れると、ウミがブワッと吹き出してきた。そこにドレーンというチューブを刺し込んだところ3、4日間ウミが出っ放し。縫うと、またウミがたまるので、結局そのままにしておいたんです」

 試合の前々日、キャプテンの洞口孝治さんから松尾さんに電話が入りました。

「マツ、5分だけでも立ってくれないか? オマエがいないと士気が上がらないんだ」

「いや、オレは出ない。こんな走れもしない選手が出ることは相手にもラグビーにも失礼だ」

 だが、松尾包囲網は徐々に狭まっていきます。最後は会社の幹部からも、こう懇願されてしまったのです。

「松尾、ファンのためにも出場してくれないか」

 松尾さんは納得がいきませんでした。

「そもそも僕らはアマチュアなんですよ。おカネもらってやっているヤツはひとりもいない。それがいきなり“ファンのためにも”と言われても……。まぁ、最後は僕が折れるかたちになってしまったんですけど……」

旧国立に愛された男

 釜石と同大の頂上決戦はこれが3年連続でした。同大の司令塔・平尾誠二さんには心に期するものがありました。

「やる前は“今年はやれるんちゃうんか”という感じを持っていた……」

 前半、患部に麻酔を打って出場した松尾さんの足は棒のようでした。痛みを感じないのはいいとしても、全く言うことをきかなかったのです。

 司令塔が機能しない釜石は同大にピッチを蹂躙され、3分、23分にトライを許します。V7に暗雲が立ち込め始めました。

 松尾さんの天才的な勝負勘が閃いたのは前半28分です。ラックからのボールを受けた10番は、瞬時に痛めていた左足を振り抜いたのです。まさかのドロップゴールです。

 ボールはゴールの左側に切れていきましたが、松尾さんによると「これが逆転の布石になった」というのです。

 36分、釜石はFW・BK一体となって攻め込み、左サイドの松尾さんにボールが渡りました。一瞬、大学生たちの足が止まりました。松尾さんのドロップゴールを警戒したのです。

 このギャップを松尾さんが見逃すわけがありません。乾坤一擲の飛ばしパスを披露し、トライに結び付けたのです。ゴールも決まり、釜石は12対13と1点差に迫りました。

「相手のウイングの位置が深かった。オレがまた蹴るんじゃないかと思ったんじゃないかな」

 勝利の目盛りが大きく釜石に傾いたのは後半19分の永岡章さんのトライです。ゴール前のスクラムから出たボールを、松尾さんはドロップゴールを狙う振りをしながら抜き去り、絶妙なラストパスを送ったのです。終わってみれば、31対17。14点差の完勝でした。

 試合後、松尾さんは仲間たちに肩車され、場内を一周しました。それを敵味方なく、大観衆が拍手で祝福しました。

 ある意味、松尾さんは、旧国立に最も愛されたラグビー選手だったと言えるかもしれません。

「ひとつのプレーで地響きのような歓声が起きる。あんなスタジアムは国立だけだったね。僕にとっての“聖地”は今も昔も国立だけですよ」

 松尾さんの旧国立への惜別の辞です。

 19年の当コラムはこれが最後の更新となります。新年は1月9日スタートです。読者の皆さま、ご愛読ありがとうございました。来年もご贔屓に!

K.Ninomiya二宮清純
                                            
2020年3月26日(木)更新
TL中止、ヤマハ長谷川慎コーチ告白
「準備することが自分たちの使命」
2020年3月19日(木)更新
TL3月中の開催休止決定
「薬物」連帯責任に選手反発
2020年3月12日(木)更新
福岡堅樹、五輪メダルに向け始動
「初速より加速」が成功のカギ
2020年3月5日(木)更新
新型コロナ感染拡大でTL延期
国難には「ワンチーム」精神
2020年2月27日(木)更新
フランスでさらなる躍進を
松島幸太朗の「開拓者魂」
2020年2月20日(木)更新
フランスで躍動するために
SH齋藤直人の「切磋琢磨」
2020年2月13日(木)更新
神戸製鋼、TL記録的大勝の波紋
「好きなようにやられた」ドコモ
2020年2月6日(木)更新
TL開幕好発進のパナソニック
流動性で活性化図るチーム文化
2020年1月30日(木)更新
21年秋スタートのラグビー新リーグ
プロ化見送りも「地域密着」は継続
2020年1月23日(木)更新
トンプソン、圧勝で引退に花添える
不屈の「あしながおじさん」牧場主に
2020年1月16日(木)更新
TL、“11万人超え”で好発進
「ブームを文化」にするために
2020年1月9日(木)更新
“笑わない男”稲垣啓太、再起動
祝TL開幕「皆さんに感動を!」
2019年12月26日(木)更新
さらば旧国立、ようこそ新国立
松尾雄治、「聖地」への惜別の辞
2019年12月19日(木)更新
田中史朗“泣き虫”は師匠譲りか
トップリーグ開幕戦、満員で涙?
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ