二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2018年11月15日(木)更新

帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック

 関東大学ラグビー対抗戦Aグループの優勝争いが佳境に入っています。現在、7連覇中の王者・帝京大学が5戦全勝で単独首位。11月18日、東京・秩父宮ラグビー場での明治大学戦に勝利すれば、対抗戦史上最多の8連覇達成となります。

9割超えの高確率

 全国大学選手権大会で前人未到の9連覇中の帝京大において、目を引くのは4年生の副将・フルバック竹山晃暉選手の充実ぶりです。今シーズンはここまで対抗戦5試合で6トライ、133得点をあげています。チームではキッカーを務め、ゴールキックとペナルティーゴールを55本蹴り、うち50本を成功させています。90.9%の高確率を誇るチームの得点源です。

 奈良県の御所実業高校から帝京大に進学した竹山選手は1年時からレギュラーとして活躍してきました。身長176センチ、体重80キロとラガーマンとしては小柄ですが、持ち味の俊足を活かし、主にウイングでトライを量産してきました。ちなみに1年時の大学選手権でマークした12トライは1大会最多記録です。

 チームのキッカーを担当するようになったのは昨シーズンからです。前年度までのキッカーはスタンドオフの松田力也選手(現パナソニック ワイルドナイツ)でした。彼の卒業で空いたポジションに竹山選手自ら名乗りを上げました。

「松田さんが卒業して、誰がプレースキッカーになるチームで考えた時に『自分が蹴りたい』と言いました。自分の中でチームに貢献したいという思いと、自分の強みをラン以外でも増やしていきたかったんです」

 自らキッカーに名乗りを上げたように、竹山選手は強心臓の持ち主です。岩出雅之監督は「いい意味で人を食ったようなところがある」と語っていました。竹山選手が強心臓ぶりをいかんなく発揮したのが昨年11月18日に行われたニッパツ三ツ沢球技場での明大戦です。この試合に勝った帝京大は対抗戦7連覇を決めました。前半4分と9分にトライをあげた帝京大でしたが、竹山選手はゴールキックを立て続けに外してしまいました。前半は残り2つのキック(ゴールキックとペナルティーゴール)を決めたものの、20対14と6点差で試合を折り返すことになってしまいました。

 竹山選手には自らに対する歯がゆさがあったのでしょう。前半終了後、チームメイトが引き上げていく中、ひとりピッチに残り、キック練習をしていました。目的は「ズレた感覚を修正するため」でした。黙々と楕円球を蹴ることで、トップフォームを確認していたのです。

 後半に入り、帝京大は圧倒的な力を発揮し始めました。竹山選手は前半終了後の修正がうまくいったのか、後半は3本のキックを全て成功させました。ハーフタイムでの点検作業の理由は、こうでした。

「試合前からいつもと足の感覚が少し違った気がしていたんです。でも試合開始までに修正できなかった。それはキッカーとして、まだまだ未熟だということ」

 三ツ沢球技場は、プレーする機会の少ないスタジアムです。竹山選手は慣れないピッチに苦戦していたようです。違和感を解消するためにボールを蹴る時間が必要だったのでしょう。

 この試合を経て、竹山選手のキックの安定感はさらに増しました。大学選手権の準決勝、決勝では8本全てを成功させました。竹山選手の“黄金の右足"が帝京大の対抗戦7連覇、大学選手権9連覇の原動力となったのです。

フルバックへの挑戦

 帝京大の対抗戦7連覇は早大(70~76年度、2001~07年度)と並ぶ最多記録です。今シーズンは新記録となる対抗戦8連覇、その先の大学選手権では節目の10連覇を目指しています。ところが出足は不調でした。春季大会では明大に敗れ、2年ぶりの公式戦黒星。夏合宿の練習試合では明大、早大に連敗とVロードには暗雲が立ち込めていたのです。

 だがフタを開けてみれば、やはり帝京大は横綱です。開幕戦で成蹊大学に113対7と大勝すると、青山学院大学に141対7、日本体育大学に90対7、慶應義塾大学に24対19、早大に45対28と絶好調です。

 最上級生となった竹山選手は今シーズンからは慣れ親しんだウイングではなく、フルバックとして起用されています。本人は「個人としても挑戦。難しいけど重みがある」と語り、続けました。

「チームの中で11番(ウイング)にいるのがいいのか、15番(フルバック)にいるのがいいのかを監督とお話ししました。これからは生かされる側から生かす側に変わる。その点は難しいと思います」

 フィニッシュ役を担うウイングと違い、フルバックは最後尾に構えます。ディフェンスにおいては文字通り最後の砦です。攻撃において起点にもなります。攻守におけるキーパーソンと言えるでしょう。また竹山選手はウイング時代もキックを得意としていました。

「元々、(インプレー中のキックを)意識はしていたんですが、キック1本1本にどれだけフォーカスを置いて集中できるか。その重みは今までと違いますね」

 今年11月5日、秩父宮ラグビー場での慶大戦、竹山選手は絶妙なキックでトライを演出しました。34分、帝京大が14対7とリードした場面でした。センターサークル付近でボールを持った竹山選手は持ち前のスピードを生かし、突破を図ります。ショートパントでボールを前方に送ると、左サイドを自ら駆け上がりました。そのままインゴール目前でボールをキャッチすると、スタンドオフの北村将大選手にパスしてトライをアシストしました。最終的に5点差にまで迫られたこの試合、終わってみれば貴重な追加点でした。

 現在、対抗戦Aグループでは唯一全勝で首位に立つ帝京大。11月18日には1敗で追いかける明大と対戦します。先述したように春と夏の試合では敗れています。連覇を狙う帝京大の最大のライバルです。竹山選手は「自分たちは春と夏に負けている。チャレンジャーとして試合に臨みたい。守りに入るのではなく攻めていきます」と語気を強めて話していました。

K.Ninomiya二宮清純
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ