二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2018年11月1日(木)更新

11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!

 平成最後の文化の日、東京・味の素スタジアムで世界ランキング11位の日本代表は同1位のニュージーランド代表と対戦します。ニュージーランドはワールドカップ最多となる3度の優勝を誇る世界最強軍団です。愛称のオールブラックスを知らない人はいないでしょう。

「えげつない人材の宝庫」

 ニュージーランドの面積は日本の約4分の3にあたる327万534平方キロメートル、人口は日本の30分の1の約476万人です。小さな島国でありながらW杯過去8大会全てに出場し、優勝3回、準優勝1回、3位2回。これまで決勝トーナメント進出を逃したことは1度もありません。世界ランキングは2009年11月から約9年に渡ってトップの座を守り続けています。

 元日本代表の大畑大介さん曰く「えげつない人材の宝庫」。巨漢のスピードスターで伝説的ウイングのジョナ・ロムー、史上最多の148キャップを誇るフランカー/ナンバーエイトのリッチー・マコウ、今季神戸製鋼に加入したスタンドオフ/センターのダン・カーターらの活躍が脳裡に浮かびます。

 世界最優秀選手賞はこれまでのべ17人が選ばれていますが、そのうちの10人がオールブラックスの選手です。マコウとカーターが3度ずつ。現在、オールブラックスのキャプテンを務めるナンバーエイトのキーラン・リードが1度。世界最高の司令塔との呼び声高いスタンドオフのボーデン・バレットは16年、17年と2年連続での受賞です。

 10月27日に神奈川・日産スタジアムで行われた世界ランク7位のオーストラリア代表との対抗戦「ブレディスローカップ」でも37対20で勝利しました。この一戦はベストメンバーで臨みましたが、日本戦は若手主体で臨みます。

 日本代表のジェイミー・ジョセフHCはニュージーランド出身で、現役時代はフランカーとしてオールブラックスで20キャップを誇ります。1995年W杯南アフリカ大会では準優勝を経験。指揮官も母国との対決に胸を躍らせていることでしょう。

<「NZは誰がメンバーであろうが、タフな世界最強チーム。シンプルにラン、パス、タックルをしてくるだろう。日本は80分間、ずっと良いパフォーマンスを一貫して出さないと勝機はない。そのためにも『ワンチャンス』をものにして、プレッシャーをかけ続けることが重要。選手と同じく、NZと戦えることにワクワクしている」>(日刊スポーツWEB版10月29日)

歴史的大敗

 日本とオールブラックスは過去5回戦い、いずれも敗れています。スコアは以下の通りです。0対74(87年)、4対106(87年)、17対145(95年W杯)、7対83(11年W杯)、6対54(13年)。スコアを見れば明らかなように善戦すらありません。

 17対145。中でも95年のW杯南アフリカ大会での歴史的大敗は日本ラグビー界に無力感をもたらせるものでした。

 当時、代表スコッドの1人だった吉田義人さんはこう振り返ります。

「あれは屈辱の記憶です。145点も取られ、17点しか取れなかった。ラグビー界のコアファンたちが愛想を尽かした。自信を取り戻すには時間がかかりました。その後は代表の価値も下がっていき、それにより多くの選手たちが企業や自分のチームを優先することになりました」

 それから16年後のニュージーランド大会、日本はW杯で再び腕試しのチャンスを得ました。スコアは7対83。ジョン・カーワンHC(当時)はオールブラックスとの勝負を避け、主力を温存しました。5日後のトンガ戦、11日後のカナダ戦の勝利を視野に入れた戦略でした。これについては賛否両論ありました。後にカーワンHCは「勝ちにこだわり過ぎて、それが重圧になった」と語っています。残念ながらカーワンHCの戦略は実を結ばず、日本はトンガに完敗、カナダとは引き分け、結局1分け3敗。1勝もあげることができず、無念の帰国となりました。

 その年の暮れ、現イングランド代表のエディー・ジョーンズ監督が日本代表のHCに内定していたことを受け、インタビューしました。そのことについて問うと「Terrible(ひどい)」と言って、こう続けました。

「ワールドカップは4年に1度しかありません。毎試合勝ちたいという強い思いがなければ戦い抜けない。日本が弱い国ならば、なおさら"どの試合も勝つ"という強い意志と具体的な目標がなければいけません」

 正直、この時は「随分強気な人だな」と思いました。「当たって砕けろ」を英語で「Go for broke」と言いますが、その精神は大事でも、本当に砕けてしまったら、何も残らないじゃないかと。しかし、W杯イングランド大会での対南アフリカ戦勝利を含む3勝を見て、エディーHCの施政方針の正しさがわかりました。相手が強大であればあるほど、格下の相手には高い格闘精神が必要となるのです。

 今回は5年ぶりの対戦です。来年のW杯日本大会でも優勝候補の筆頭とみなされる世界最強軍団相手に、ジェイミージャパンはどんな戦いを挑むのでしょう。2019でのジェイミージャパンの現実的な目標は決勝トーナメント進出です。躍進のヒントを見つけたいものです。

K.Ninomiya二宮清純
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ