二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年2月14日(木)更新

ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り

 これはジャパン復帰への布石かもしれません。2月5日、オーストラリア合宿中のヒト・コミュニケーションズ サンウルブズがロックのトンプソン・ルーク選手を追加招集しました。ジャパンで64キャップを持つトンプソン選手は16日の開幕戦(シンガポールでのシャークス戦)に向け、調整中です。

歴史を変えた一言

 4月で38歳になるトンプソン選手は、トップチャレンジリーグの近鉄ライナーズでプレーする大ベテランです。ニュージーランド出身で2004年に来日し、10年には日本国籍を取得しました。ニックネームは“トモさん”。身長196センチ、体重110キロの恵まれた体躯を武器に、07年フランス大会、11年ニュージーランド大会、15年イングランド大会とW杯に3回出場しています。

 わけても15年イングランド大会での活躍は語り草です。専門誌の「ラグビーマガジン」の読者投票ではキャプテンでフランカーのリーチ・マイケル選手、フルバックで大会ベストフィティーンの五郎丸歩選手らを抑えて、堂々のMVPに選ばれました。それほど彼のチームへの献身ぶりは際立っていました。

 ジャパンがW杯過去最多の3勝をあげた同大会における最高の名場面が、“ブライトンの奇跡”と呼ばれた初戦の南アフリカ戦です。試合終了間際、29対32で日本は劣勢でした。敵陣深く攻め込み、相手が反則を犯して得たペナルティー。そこでPGではなくスクラムを選択し、トライを奪ったシーンは、今思い出しても震えがきます。これを演出したのがトモさんでした。

「スクラムの時にトンプソンさんが“歴史を変えるのダレ?”と発言したんですよ。それにタイトファイブ(プロップ、フッカー、ロックのFW5人)全員が共鳴して、“俺らだ”と応えたんです。“日本のラグビーを変えたい”との気持ちをずっと持ってきていたので、その言葉はすごく響きました。やはり“ここでやらなかったら、何も変わらない!”という思いがありましたから」(南アフリカ戦に途中出場したロックの真壁伸弥選手)

 この直後、連続攻撃から最後はウイングのカーン・ヘスケス選手の劇的なトライが生まれ、34対32と逆転。ジャパンはW杯で過去2回の優勝を誇る強豪から大金星をあげたのです。

「世界レベルのロック」

 15年10月を最後に代表から離れていたトンプソン選手ですが、17年6月に再び桜のジャージーに袖を通しました。19年W杯日本大会において同組で対戦するアイルランドのテストマッチ2連戦でした。22対50で敗れた第1戦終了後、トンプソン選手は急遽、招集されました。ジェイミー・ジョセフHCは「彼の経験や能力を考えると他に選択肢はなかった」と説明しました。

 13対35と敗れたものの、約1年8カ月ぶりの復帰となったトンプソン選手は指揮官の期待通りの働きを見せました。目を引いたのは前半3分のプレーでした。敵陣で強烈なタックルを相手に見舞い、ボールを奪取しました。直後に、味方がパスをインターセプトされたため、得点には結び付きませんでしたが、体を張ったプレーでチームを鼓舞しました。スポーツ専門局のESPNによれば、この試合でのトンプソン選手のタックル成功数は26回。これは両チームトップの数字でした。これにはアイルランド代表のジョー・シュミットHCも「タックルの精度が素晴らしい。やはり大きな存在だと思った」と最大級の賛辞を送っていました。

 以下は試合後のジェイミーHCの話です。

「今回、トンプソンを招集した時には前向きでない反応があった。たとえば“彼は年寄り過ぎていてプレーできない”という声も。しかし、今回のパフォーマンスで世界レベルのロックだということを、しっかり確認することができた」

 トンプソン選手は「(代表入りは)今回だけ」と答えましたが、依然としてチームメイトからの信頼は厚く、たとえばリーチ選手は「すべてを出し切ってプレーしてくれる選手」と全幅の信頼を寄せています。スクラムハーフの田中史朗選手も「今でもすごい選手。能力的には全然できると思うんです」と語っていました。

 ピッチ外からの評価はどうでしょう。元ジャパンの大畑大介さんは「まだまだやればできる。アイルランド戦のトモを見たらすごいなと思いました」と舌を巻いていました。

 さてトンプソン選手のサンウルブズ追加招集はジャパン復帰への布石となるのでしょうか。サンウルブズのHCはジャパンのAC(アシスタントコーチ)のトニー・ブラウンさんです。ジャパン復帰を見据えての招集と見るのが妥当でしょう。

K.Ninomiya二宮清純
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ