二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2020年7月23日(木)更新

NTTコム内山浩文GMが明かす
レイドロー獲得の背景と戦略

 先頃、トップリーグ(TL)に所属するNTTコミュニケーションズシャイニングアークスが、元スコットランド代表主将でスクラムハーフのグレイグ・レイドロー選手の加入を発表しました。昨シーズンの南アフリカ代表フッカー、マルコム・マークス選手獲得に続く、大型補強です。フランスのプロリーグ「トップ14」リヨンOUとパートナーシップ契約を結ぶなど、独自の戦略を描くNTTコミュニケーションズ。その仕掛人である内山浩文GMに話を聞きました。

「ライフとワーク」

――昨シーズンは「世界最高のフッカー」と呼ばれていた南アフリカ代表33キャップのマークス選手、今シーズンはスコットランド代表76キャップのレイドロー選手。2シーズン続けてのビッグネーム獲得です。

内山浩文:我々は2010-11シーズンからTLに昇格し、最高成績は5位(16-17、18-19シーズン)。成績は安定してきていますが、4強には届いていない。彼らの獲得はその殻を破るために必要なピースは何かを考えてのものです。昨年獲得したマークスはセットプレーの強化が目的でした。

――レイドロー選手はスコットランドが誇る世界的な司令塔。プレースキックは正確無比です。

内山:レイドローにはプレー面のみならず、オフ・ザ・ピッチでの貢献に期待しています。我々は社員選手が約6割を占めるチーム。彼には強いリーダーシップを発揮し、ピッチ内外でプロフェッショナルな姿勢でまわりを引っ張って欲しいと思っています。

――W杯2大会(2015、19年)を含め、ジャパンとの対戦経験も多く、日本にも馴染みの深い選手です。

内山:前所属のASMクレルモン・オーヴェルニュとの契約が19-20シーズンまでということで、彼とはその契約が切れる前の昨年12月に交渉を始めました。レイドロー自身、日本でのプレーに興味を持っていました。我々の練習拠点であるアークス浦安パークなど施設面の充実も決め手となったようです。

――契約期間は2年。昨年末にスコットランド代表から引退を表明し、年齢は34歳です。

内山:先ほどはオフ・ザ・ピッチでの貢献と申し上げましたが、彼の今までの経験値は企業の経営課題、管理者育成の講習にも使えるのではないかと考えています。

――チーム強化という枠を越え、会社にも好影響を与えてくれると?

内山:はい。我々は「ソーシャルにラグビーを繋ぐ」をテーマに活動をしています。NTTコミュニケーションズの庄司哲也前社長は「ライフがあってワークがある」とよく口にされていました。我々はいかにラグビーチームとして、ライフを充実させるかに重きを置いています。

――昨年11月にはトップ14のリヨンとパートナーシップ契約を結びました。

内山:昨年6月からフランスに渡り、交渉してきました。我々はがんの治療研究を応援する「deleteC(デリート・シー)」というプロジェクトに賛同しています。リヨンには総合がんセンターがあり、日系企業も多い。リヨン側は日本ラグビーにおけるビジネスチャンスを感じてくれたようですし、我々はリヨンのスタジアムやグラウンドを中心としたまちづくりが活発に行われていることを学びたいとの思いから契約にこぎつけました。

リヨンに学べ

――リヨンとの契約期間は2024年のパリオリンピック・パラリンピック大会までだそうですね。

内山:フランスは23年にW杯を控えています。僕は開催国の協会と、そこに付随しているリーグが最先端になると思っている。その最先端の情報をタイムリーにインプットできるところと手を組みたかったんです。我々にとって、新リーグに向けて事業性を高めることは未知の世界です。トップ14は興行的に最も成功しているラグビーのプロリーグですから、そのリーグから学びたいという思いも当然ありました。

――具体的にリヨン、トップ14から新リーグに生かせそうなことはありますか?

内山:やはりエンタメ性の高さでしょう。選手の出身国の文化に触れさせる仕掛けが充実していました。例えば昨年、ウイングの山田章仁が、シャイニングアークスからリヨンにレンタル移籍した際には、試合会場に日本のブースを設け、ファンの方々を楽しませていました。フランスのホスピタリティ事業はかなり手厚いと感じましたね。

――近年はスポーツホスピタリティに注目が集まっています。

内山:とりわけスタジアムにおける飲食は充実していましたし、選手たちとの交流の場も設けていました。“選手とファンとの距離がこんなに近いんだ”と感心しましたね。ラグビーは試合時間が決まっており、ある程度時間を読めるスポーツです。試合の前後をどうエンターテインメント化するか。そのためにチームや選手をどう活用するかなど、フランスには多くのヒントがあったと思います。

――リヨンとのパートナーシップ契約の中には、サブスクリプション(定額課金)というかたちで、若手選手を自由に補強できるというスポーツ界では珍しい契約があります。

内山:野球やサッカーでも聞いたことがありません。おそらくチーム間のサブスクリプションは初めてだと思います。

――このパートナーシップは、NTTコミュニケーションズに所属する選手のトップ14挑戦の後押しに繋がりますね。

内山:実際にレンタル移籍を経験した山田も言っていましたが、日本のチームに籍を置きながら海外のクラブと契約できるのは、選手にとってありがたい仕組みだと思うんです。TLのレギュラーシーズンは約半年。それ以外の時間をどう強化に充てるかも大事です。異国の文化、スタイルに触れることで、自分のチームが客観的に見えるのではないか。向こうでキャリアを積むこと以外にも、選手のマインドを醸成することがチームの強化にも役立つと思っています。

――チームとして今後の目標は?

内山:我々は選手たちのキャリアを考えながら、ラグビーの普及にも力を入れていきたい。選手が現役を引退し、会社で出世していくこともひとつの道ですが、我々は地方に異動し、地域活性化のお手伝いをすることも大事だと考えています。令和の時代のアスリートは、地方創生、スポーツでのまちづくりに貢献すること。だから選手たちにはチームビルディング研修や健康経営など、いろいろと学んでもらっています。アスリートとしてのキャリアは、現役を引退した瞬間に終わるという時代ではなくなったと思うんです。選手がラグビーをやりながら社会を学び、世の中に対し、存在価値を、どう見出せるか。我々が目指すビクトリーとバリューという2つのVには、そんな意味が込められています。

――企業スポーツの殻を破っての新しい試みですね。

内山:そうですね。チャレンジしていくしかないと思っています。会社にもラグビー界のためになることをやっていきたい。今の企業スポーツのままだと、運営のトップがスポーツ好きではなくなった場合や、お金を稼げなくなった瞬間に終わってしまう。そうやってチームを手放してきた企業を数多く見てきました。我々はこれからもどんどん仕掛けていきたいと思っています。

<内山浩文(うちやま・ひろふみ)プロフィール>
1980年11月12日、宮崎県生まれ。小学5年でラグビーを始め、中学はソフトテニス部に所属。日向高校から本格的にラグビーを始め、中央大学、社会人チーム、NTTコミュニケーションズでプレーした。09年に現役を引退。2年間社業に専念した後、11年度からはチームコーディネーターとして、金正奎やアマナキ・レレィ・マフィなど現在の主力を加入させた。16年には日本ラグビー協会に出向。17年からGMに就任した。

K.Ninomiya二宮清純
                             
2020年9月24日(木)更新
<日本選手権激闘史②>
サントリー、9位からの復活優勝
沢木敬介が打ち砕いた“岩盤思考”
2020年9月17日(木)更新
コロナ禍で代表強化に大幅な狂い
仏大会に向け、知恵の絞りどころ
2020年9月10日(木)更新
世界が注目の南北ラグビー戦争
ニューオールブラックスの挑戦
2020年9月3日(木)更新
流ジャパン、土壇場で逆転トライ
eスポーツをリアルへの入り口に
2020年8月27日(木)更新
元代表・伊藤剛臣、法大コーチに
「挑戦者の気持ち」で名門復活へ
2020年8月20日(木)更新
<日本選手権激闘史①>
スクラム強化なくして勝利なし!
「ヤマハスタイル」で日本一達成
2020年8月13日(木)更新
サンウルブズ、5年間の活動に幕
南半球での転戦で代表強化に貢献
2020年8月6日(木)更新
体調の“見える化”を推進
チーム強化支えるOTSとは
2020年7月30日(木)更新
<大学ラグビー激闘史①>
帝京大初戴冠、崩れなかった赤い壁
岩出雅之監督が使ったパワーワード
2020年7月23日(木)更新
NTTコム内山浩文GMが明かす
レイドロー獲得の背景と戦略
2020年7月16日(木)更新
東京高校・森秀胤監督
「夏合宿の意義と利点」
2020年7月9日(木)更新
選手会・川村慎新会長の指針
日本社会のロールモデルを!
2020年7月2日(木)更新
W杯日本大会、68億円黒字の背景
ローリスク・ハイリターンの大会
2020年6月25日(木)更新
<ジャパン激闘史⑤>
スコットランド戦金星の立役者
ラトゥ、乾坤一擲のタックル!
2020年6月18日(木)更新
福岡堅樹、医学の道へ
新たなロールモデルに
2020年6月11日(木)更新
レジェンドと肩を並べた
キンちゃんの“酒豪伝説”
2020年6月4日(木)更新
ヤマハ日野剛志の「錯覚力」
自己制作の3分間プレー集
2020年5月28日(木)更新
<社会人ラグビー激闘史①>
銀コレクター、三洋の悲劇
ナモア、届かなかった奥襟
2020年5月21日(木)更新
ラグビーでまちづくり
パナ、熊谷と連携強化
2020年5月14日(木)更新
早大相良監督、苦境下の泰然
「今は主体性を育む時期」
2020年5月7日(木)更新
早大新主将・丸尾崇真の議
「僕は僕らしくいきたい!」
2020年4月23日(木)更新
トヨタ期待のロック秋山大地
「憧れの存在を追いかける」
2020年4月16日(木)更新
パナ、新型コロナ対策と指針
飯島GM「信頼を深める機会に」
2020年4月9日(木)更新
ジャパンの一大勢力に成長
帝京大OB会長が語る未来
2020年4月2日(木)更新
堀江翔太、国民へメッセージ
今こそ、「don't look down」
2020年3月26日(木)更新
TL中止、ヤマハ長谷川慎コーチ告白
「準備することが自分たちの使命」
2020年3月19日(木)更新
TL3月中の開催休止決定
「薬物」連帯責任に選手反発
2020年3月12日(木)更新
福岡堅樹、五輪メダルに向け始動
「初速より加速」が成功のカギ
2020年3月5日(木)更新
新型コロナ感染拡大でTL延期
国難には「ワンチーム」精神
2020年2月27日(木)更新
フランスでさらなる躍進を
松島幸太朗の「開拓者魂」
2020年2月20日(木)更新
フランスで躍動するために
SH齋藤直人の「切磋琢磨」
2020年2月13日(木)更新
神戸製鋼、TL記録的大勝の波紋
「好きなようにやられた」ドコモ
2020年2月6日(木)更新
TL開幕好発進のパナソニック
流動性で活性化図るチーム文化
2020年1月30日(木)更新
21年秋スタートのラグビー新リーグ
プロ化見送りも「地域密着」は継続
2020年1月23日(木)更新
トンプソン、圧勝で引退に花添える
不屈の「あしながおじさん」牧場主に
2020年1月16日(木)更新
TL、“11万人超え”で好発進
「ブームを文化」にするために
2020年1月9日(木)更新
“笑わない男”稲垣啓太、再起動
祝TL開幕「皆さんに感動を!」
2019年12月26日(木)更新
さらば旧国立、ようこそ新国立
松尾雄治、「聖地」への惜別の辞
2019年12月19日(木)更新
田中史朗“泣き虫”は師匠譲りか
トップリーグ開幕戦、満員で涙?
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ