二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2020年7月9日(木)更新

選手会・川村慎新会長の指針
日本社会のロールモデルを!

 日本ラグビー選手会が設立されたのは2016年5月31日。パンデミックに見舞われたこの4月、川村慎選手が3代目選手会会長に就任しました。トップリーグのNECグリーンロケッツに所属するフッカーの川村選手は選手会立ち上げから参加し、初代・廣瀬俊朗さん、2代目・畠山健介選手を副会長としてサポートしてきました。32歳の新会長に抱負を聞きました。

9割が参加

――川村さんは選手会発足当初からのメンバーで、この4月に代表未経験者としては初の会長に就任しました。

川村慎:トシさん(廣瀬)が初代会長になった時から僕は実務的な面を中心に関わってきました。2代目会長のハタケさん(畠山)に「川村がいいんじゃないか、代表経験者よりも。今の選手会で実務ができ、協会やチームに設立の経緯をしっかり説明できる人物が求められている」と言われました。しかし、ふたつ返事で引き受けたわけではありません。

――と言いますと?

川村:僕の中に“自分では無理だ”というネガティブな感情があったわけではありません。これから先の未来を考えれば“影響力のある日本代表経験者”や今後日本を引っ張っていくような若く、可能性のある選手たちに選手を取りまとめる役割を持つ選手会のトップにぜひ立ってもらいたいなと思ったんです。何人かの候補者に打診しましたが会長という役職については断られましたので、結果的に僕が引け受けることになりました。もちろん各チーム理事が集まる理事会の多数決票や意見もいただいた上でですが……。

――選手会発足のきっかけは?

川村:2015年のW杯イングランド大会以降、ラグビー選手および日本代表の影響力が少しずつ大きくなってきました。SNSなどで選手が個人的にラグビー界の問題点に関して発信した際、ひとりの選手が矢面に立ってしまうこと、それによって不利益な状況に陥ることはもったいないと感じました。協会にとっても選手と協会が喧嘩しているように映ってしまうのは不本意でしょう。当時からIRPA(国際ラグビー選手会)に入っている小野晃征とも常々「日本にも選手会があった方がいい」と話していたので、設立を決めました。

――先輩格のプロ野球選手会は労組と一般社団法人というふたつの形態をとっています。

川村:僕らは労働組合を目指していません。だから僕らの要望を通すためにストライキをすることはありません。設立当初は労働組合でないことを説明するのに苦労しました。地道にコミュニケーションを取ることで、少しずつ信頼を獲得していっていると思います。協会からヒアリングを受けたり、定期的にトップリーグの太田治委員長、常深伸太事務局長、新リーグ準備室の谷口真由美室長、瓜生靖治副室長とコミュニケーションが取れるようになってきています。

――今後、労組に移行する可能性は?

川村:そういった意思はありませんし、そうした方向に積極的に持っていきたいという気持ちもありません。また、僕一人の考えでどうにかなる組織構造でもありませんので選手たちの考え方がそういった方向性はつくっていくと思います。新リーグは協会の中長期計画である「日本でRWC(ラグビーW杯)をもう一度開催し、優勝する」という目標のために、現在のトップリーグの環境を生かしながら日本代表の強化や地域へ根ざしたラグビー普及を進めていく方針です。これから何十年も先に完全なプロリーグがもしできれば労働組合のようなかたちになっていく可能性は否定できませんが、現段階においてそうした必要性はないと思います。

――設立から4年。ここまでの手応えは?

川村:現在700名以上の選手が登録されています。トップリーグ所属の約9割にあたります。今後は新リーグに向けて、しっかりとした立ち位置を示していきたいと思っています。

――今年3月、新型コロナウイルスの感染が広がる中、トップリーグは選手の薬物違反を理由にリーグ戦の休止を発表しました。これに対し、選手会は副会長を務めていた川村さんの署名入りで、声明文を表明しました。

川村:コロナの影響に加え薬物違反が引き金となり、休止という判断であれば理解はしやすかったのですが、協会の発表は個人の選手の問題でリーグを休止したと受け止められるものでした。もちろん薬物違反はダメなこと。たび重なったことで協会側がそれを重く受け止めた。その点は百も承知でしたが、休止理由として選手が疑問に感じる点があり、そうした声が多く選手会に集まりました。そこで理事会を通して声明文を出させてもらいました。

――声明文を出した後の反響は?

川村:選手からは「言いたいことを言ってくれた」「モヤモヤしていた部分をちゃんと言ってくれたので良かった」という話を聞き、支持を得られたと思いました。選手以外からも、我々の気持ちは理解していただいたので、声明文の内容自体は間違いではなかったと感じています。その後、太田さんと常深さんと話をする機会があり、情報伝達の部分で不十分なところがあったこともわかりました。とはいえ、こちらも声明文を一方的に出したかたちになってしまったことは反省しています。

新規プロジェクト

――反省点とは?

川村:僕らも記者会見のリリースやニュースのみで判断してしまった部分がありました。声明文を出す前に協会の真意を確認すべきだったかもしれない。そうすれば選手たちに詳しい休止理由を説明することもできたと思うんです。この件ではコミュニケーションの取り方について勉強になりました。今後はより密にコミュニケーションを取らしていただき、選手たちへの情報伝達の部分でも協力していければと思っています。

――会長に就任した直後の5月、選手へのメンタルヘルスケアを研究・啓発する「よわいはつよい」というプロジェクトの取り組みを発表しました。

川村:前任のハタケさんもメンタルサポートの必要性を感じていました。世界のラグビーリーグの選手会、特にニュージーランドやオーストラリアではいち早く取り入れているPDP(プレーヤー・デベロップメント・プログラム)があります。簡単に言うと選手を包括的にサポートするプログラムです。

――選手をピッチの中と外で支えるわけですね。

川村:はい。例えばニュージーランドは各チームに必ず1人、選手会から派遣されたプレーヤー・デベロップメント・マネジャーという相談員がいます。彼らの仕事をニュージーランドのラグビー協会も必要だと感じている。なぜかというと、グラウンド内外の悩みを解決することで選手のパフォーマンスが上がるというエビデンスが出ていて、強化にも繋がるからです。協会はニュージーランドのラグビーがより強くなるという認識があるので、PDPを推奨しています。僕自身も日本ではこういったことに対するアプローチが少ないという問題意識があり、以前から導入したいと考えていました。

――導入はいつ頃の予定ですか?

川村:今年中にはモニタリングをしようと思っています。実際に選手会の何名かに体験してもらい、その成果をデータ化した上で協会やチームにお話させていただきたいと考えています。

――5月末にはオンラインで定時社員総会を行い、約130名の選手が出席しました。

川村:これまでは各チームから委任状を持った理事の方が来ていました。今回は初めてオンラインでやったことで、3ケタ規模の参加者が集まった。僕らとしてはすごく成果があったと感じ、今後もオンラインでやってもいいのかなと思っているぐらいです。移動やスケジュールの関係で欠席する選手は減ると思いますし、直接お話を聞いていただけるメンバーも増えるので、オンラインのメリットを感じています。

――選手会の活動内容には<関係者との適切なコミュニケーション>と記されています。どのくらいのペースを考えていますか?

川村:協会やリーグには月に1回ほどお話をする機会を設けていただきました。今はコロナの影響もあり不定期になっています。ここ1カ月は各チームのGMないしマネジャーの方とオンラインでコミュニケーションを取りました。

――新リーグの開幕は当初予定されていた21年秋から22年1月になりそうです。新リーグに対し、選手会はどんな態度で臨みますか?

川村:全体的なプロセスに加わることは難しいと思いますが、選手ステータスの部分や外国人選手の人数、日本代表の強化について意見交換をさせていただければと考えています。先ほど話した「よわいはつよい」プロジェクトはできれば新リーグから少しずつ導入していきたい。新しいリーグが始まる時に新しい価値を付与した状態で始められるよう、今からしっかりコミュニケーションを取っていきたいと考えています。

――選手会としての今後の目標は?

川村:日本社会におけるロールモデルをラグビー界から発信していきたい。「よわいはつよい」プロジェクトやPDPは野球やサッカーの選手会にも興味を持っていただいているるようなので、日本ラグビー界が先陣をきって、その土台づくりができれば、こんなに素晴らしいことはないと思っています。会長の任期は2年。この2年は新リーグが始まるタイミングと重なるので、多くの若い人たちに新リーグの選手、そしてラグビー日本代表を目指してもらえるような日本ラグビー界にしていきたいです。

<川村慎(かわむら・しん)プロフィール>
1987年8月6日、東京都生まれ。府中ジュニアラグビースクール、慶應義塾高校、慶應義塾大学を経て、広告会社に就職した。一度はラグビーから離れたが、同年8月に退社。NECグリーンロケッツに入団した。日本ラグビー選手会の立ち上げに尽力し、16年5月の設立時から副会長を務める。20年4月、3代目の会長に就任。身長172センチ、体重102キロ。ポジションはフッカー。

>>日本ラグビー選手会HP

K.Ninomiya二宮清純
                             
2020年7月30日(木)更新
<大学ラグビー激闘史①>
帝京大初戴冠、崩れなかった赤い壁
岩出雅之監督が使ったパワーワード
2020年7月23日(木)更新
NTTコム内山浩文GMが明かす
レイドロー獲得の背景と戦略
2020年7月16日(木)更新
東京高校・森秀胤監督
「夏合宿の意義と利点」
2020年7月9日(木)更新
選手会・川村慎新会長の指針
日本社会のロールモデルを!
2020年7月2日(木)更新
W杯日本大会、68億円黒字の背景
ローリスク・ハイリターンの大会
2020年6月25日(木)更新
<ジャパン激闘史⑤>
スコットランド戦金星の立役者
ラトゥ、乾坤一擲のタックル!
2020年6月18日(木)更新
福岡堅樹、医学の道へ
新たなロールモデルに
2020年6月11日(木)更新
レジェンドと肩を並べた
キンちゃんの“酒豪伝説”
2020年6月4日(木)更新
ヤマハ日野剛志の「錯覚力」
自己制作の3分間プレー集
2020年5月28日(木)更新
<社会人ラグビー激闘史①>
銀コレクター、三洋の悲劇
ナモア、届かなかった奥襟
2020年5月21日(木)更新
ラグビーでまちづくり
パナ、熊谷と連携強化
2020年5月14日(木)更新
早大相良監督、苦境下の泰然
「今は主体性を育む時期」
2020年5月7日(木)更新
早大新主将・丸尾崇真の議
「僕は僕らしくいきたい!」
2020年4月23日(木)更新
トヨタ期待のロック秋山大地
「憧れの存在を追いかける」
2020年4月16日(木)更新
パナ、新型コロナ対策と指針
飯島GM「信頼を深める機会に」
2020年4月9日(木)更新
ジャパンの一大勢力に成長
帝京大OB会長が語る未来
2020年4月2日(木)更新
堀江翔太、国民へメッセージ
今こそ、「don't look down」
2020年3月26日(木)更新
TL中止、ヤマハ長谷川慎コーチ告白
「準備することが自分たちの使命」
2020年3月19日(木)更新
TL3月中の開催休止決定
「薬物」連帯責任に選手反発
2020年3月12日(木)更新
福岡堅樹、五輪メダルに向け始動
「初速より加速」が成功のカギ
2020年3月5日(木)更新
新型コロナ感染拡大でTL延期
国難には「ワンチーム」精神
2020年2月27日(木)更新
フランスでさらなる躍進を
松島幸太朗の「開拓者魂」
2020年2月20日(木)更新
フランスで躍動するために
SH齋藤直人の「切磋琢磨」
2020年2月13日(木)更新
神戸製鋼、TL記録的大勝の波紋
「好きなようにやられた」ドコモ
2020年2月6日(木)更新
TL開幕好発進のパナソニック
流動性で活性化図るチーム文化
2020年1月30日(木)更新
21年秋スタートのラグビー新リーグ
プロ化見送りも「地域密着」は継続
2020年1月23日(木)更新
トンプソン、圧勝で引退に花添える
不屈の「あしながおじさん」牧場主に
2020年1月16日(木)更新
TL、“11万人超え”で好発進
「ブームを文化」にするために
2020年1月9日(木)更新
“笑わない男”稲垣啓太、再起動
祝TL開幕「皆さんに感動を!」
2019年12月26日(木)更新
さらば旧国立、ようこそ新国立
松尾雄治、「聖地」への惜別の辞
2019年12月19日(木)更新
田中史朗“泣き虫”は師匠譲りか
トップリーグ開幕戦、満員で涙?
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ