二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2018年12月27日(木)更新

日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風

 天皇誕生日の12月23日、トップリーグの入替戦4試合が各地で行われました。今季(2018-19)、トップリーグ14位の日野レッドドルフィンズはトップチャレンジリーグ3位の近鉄ライナーズを21対11で下し、トップリーグ残留を決めました。

苦しみながらも残留

 今季トップリーグ初参戦の日野は、新たな試みに挑んでいるチームです。地域密着の理念を掲げ、今年5月、チーム名を日野自動車レッドドルフィンズから日野レッドドルフィンズに変更しました。その日野は16チーム14位で下位4チームが出場する入替戦に臨みました。

 2003年にスタートしたトップリーグは過去15回の入替戦を実施しています。トップリーグとトップチャレンジリーグの対戦は35試合を数え、トップリーグチームの32勝3敗です。データだけ見ると、トップリーグの優位は明らかです。

 とはいえ熊谷ラグビー場で行われた日野とトップチャレンジリーグの近鉄との入替戦の下馬評は様々、むしろ“近鉄有利”との評もありました。なぜなら日野は昨季の入替戦で昇格したばかりのチーム。つまりトップリーグ1年生です。対する近鉄はトップリーグ在籍10年以上を誇り、来年で創部90年を迎える名門です。日野の細谷直監督は試合後の記者会見でこう語りました。

「去年とは違う立場で入替戦に臨むことになりましたが、近鉄さんの方がトップリーグにいる時間は比べ物にならないぐらい長い。我々が守るという気持ちに入ったらこの試合は負けると思っていました。とにかく“もう1回トップリーグに昇格しよう”という、去年のような気持ちで臨みました」

 チャレンジャーの姿勢を貫いた日野は、近鉄との対戦が決まってから入念な準備を進めました。それが功を奏し、近鉄を1トライに抑えることができたのです。攻めてはラインアウトからサインプレーで2つのトライを奪うなど、近鉄対策がピタリ的中したかたちです。1本目はスローワーのフッカー木津武士選手がリフトする選手をおとりに使いニアサイドに走り込んだロックの村田毅選手にパス、村田選手は勢いそのままにインゴールに飛び込みました。2本目はリフトアップした選手の頭上を越えるパスで相手のマークを外し、ウイングの竹澤正祥選手のトライに繋げました。

「ラインアウトで近鉄さんが競ってくると分析していました」と、1本目のトライを決めた村田選手は胸を張りました。

 日野は今季リーグ戦7試合で1勝6敗とトップリーグの壁に直面しました。総合順位決定トーナメントは1勝2敗で14位。苦しみながらもトップリーグ残留を果たした細谷監督は安堵の表情を浮かべて語りました。

「来年トップリーグでプレーする権利を掴んだということは素晴らしいシーズンだったと言えます。これが落ちていたら、今季の経験が薄れてしまいますから。ここまで来た以上は残ることがものすごく大事です」

赤に染まったスタンド

 トップリーグ参戦だけが、今季の日野の挑戦ではありません。日野の親会社は日野自動車。先述したように昨季までのチーム名は日野自動車レッドドルフィンズでした。今季から企業名を外し、地域名の日野のみを残しました。これはトップリーグでは例を見ない試みです。

 細谷監督はトップリーグ開幕前にこう話していました。

「自動車という自分たちの名前を取ることはものすごく大きな決断です。私が今まで経験してきたチームからしても高いハードルでした。社長自らが“新しい時代のリーディングチームになっていくぞ”というメッセージだと私は思っています」

 サッカーのJリーグ、バスケットボールのB.LEAGUEを例に挙げるまでもなく、ラグビーにおいても地域との良好な関係を築くことなくしてクラブの発展はありえません。

 再び細谷監督です。

「これから日野市民はレッドドルフィンズを自分たちのチームと言えますからね。我々もそのアドバンテージをどんどん使っていきたいし、それが各チームにも広がっていけばいい。企業の冠を取っても、価値が上がっていくことを示したい」

 町田で行われた開幕戦、熊谷で行われた入替戦は日野の応援団がバックスタンドをチームカラーの赤で染めました。

 チーム在籍2年目の村田選手は、開幕戦後にその変化をこう語りました。

「僕は日野市で生活をしているのですが、試合が近付くにつれて市役所の方が赤いTシャツを着て仕事をしてくださっている。近くのショッピングセンターでも“初陣”というシャツを着ている人を見かけました。それは今までなかったこと。ゼロが1になっているのを感じます。試合には日野市にある(日野自動車とは)違う会社の方も観に来てくださった。それがすごくうれしかったです」

 日野は開幕戦後にスーパーラグビーのクルセイダーズとのパートナーシップ契約締結を発表しました。ニュージーランドのカンタベリー地方にあるクルセイダーズはスーパーラグビー2連覇中の強豪です。アンガス・ガードナーGMは日野と提携した理由のひとつに「会社と地域の融合をすごく大事にしている。カタンベリーとクルセイダーズの関係とよく似ている」ことを挙げました。日野が目指す地域密着の理念に共鳴したからこその契約だったと言えるでしょう。

 親会社の日野自動車は日野市内の工場移転事業を進めており、その跡地にスタジアム建設の構想があることを明らかにしています。「街の誇りであるために戦う」(村田選手)。来季も地域の代表としての日野の戦いは続きます。

 18年の当コラムはこれが最後の更新となります。新年は1月10日スタートです。読者の皆さま、ご愛読ありがとうございました。来年もご贔屓に!

K.Ninomiya二宮清純
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ