二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2020年1月9日(木)更新

“笑わない男”稲垣啓太、再起動
祝TL開幕「皆さんに感動を!」

 昨年の暮れから新春にかけて、テレビに出ずっぱりだったのがパナソニック ワイルドナイツのプロップ稲垣啓太選手です。昨秋のW杯ではジャパンのベスト8進出の立役者となりました。今月12日に開幕するトップリーグでも“笑わない男”に注目が集まります。

「彼の頭脳があれば……」

 M-1グランプリ2019、ダウンタウンのガキの使い大晦日スペシャル「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」、NHK紅白歌合戦、新春しゃべくり007、VS嵐 2020正月スペシャル……。

 暮れから新春にかけて、稲垣選手の顔を見ない日はありませんでした。

 お笑いタレントが稲垣選手から笑いをとろうとしてもニコリともしません。そこは心得たものです。

 その様子を自宅のテレビで観ながら、「さすが」と感心したのがパナソニックの飯島均GMです。

「彼の頭の良さを、テレビを見ていて改めて感じました。緊張もしていないし、的確なことを言う。間も絶妙です。ラグビーというのは瞬間、瞬間で最善を探し、判断して実行するスポーツなんです。頭が良い男だとは思っていましたが、こんなに臨機応変にできるとは……。彼がどういう幼少期を過ごしたかは知りませんが、肝が据わっている。ドシッと構えているのは、入社したばかりの頃からで、精神年齢も40代、50代ぐらいに感じていました」

 ある著名な映画監督が「あれだけ存在感を出せる役者は、そうはいない。ぜひ僕の作品に出演してもらいたい」と語っていたという話を、知り合いのテレビプロデューサーから聞きました。

「それは任侠映画?」と突っ込むと、意外な答えが返ってきました。

「いや、そうじゃないらしい。“あれだけの存在感があれば、医師でも弁護士でも、何の役でもやれる”と言うんだ。監督が言うには“彼は目の動きと表情だけで演技ができる”と。心配なのはセリフだけど、“慣れれば問題ない”とも言ってたね」

 稲垣選手の「知性」については、ジャパンの長谷川慎スクラムコーチも太鼓判を押していました。

「例えば試合がある週のはじめの朝、“次の試合はこういうことをやるからリーダーとして話してくれ”と頼む。彼はそれを1週間やり続けてくれました。だいたいの選手は1回言われただけでは忘れてしまいます。しかし、彼はずっと覚えているんですよ」

 そして、こう続けました。

「僕の現役時代、彼の頭脳があったら、もっと良い選手になれたと思います」

 これは最高の褒め言葉でしょう。

パナソニックvs.クボタ

 思い出すのはW杯日本大会に向けての最後のテストマッチ、南アフリカ戦後の談話です。試合は7対41で完敗でした。W杯本番まで、残り13日。自らの足元を見つめた、冷静沈着な話しぶりに「肝っ玉の座った男だな」と感じたのは私だけではないでしょう。

「よく記者の方たちから“プレッシャーありますか?”と聞かれますが、変に強がって“プレッシャーとかないです”とは言わない。プレッシャーを感じているんだったら、素直に“プレッシャーはある”と言っていいと思うんです。それよりもプレッシャーを自分たちでどう力に変えていくかが大事。そのためには入念な準備が必要になってくる。準備をすることで自信を持ち、プレッシャーを苦にするのではなくて、プレッシャーを楽しむ。そういう気持ちで(W杯に)臨みたい」

 さて注目のトップリーグです。パナソニックの開幕戦の相手はクボタスピアーズ。3季連続の開幕カードです。

 パナソニックは稲垣選手の他、フッカー堀江翔太選手と坂手淳史選手、プロップのヴァル・アサエリ愛選手、スタンドオフ/センター松田力也選手、ウイングの福岡堅樹選手と6人の代表メンバーを抱え、4季ぶりの王座奪還を狙います。リーグ屈指のタレント集団は、「世界最高のロック」と呼び声が高いニュージーランド代表117キャップのサム・ホワイトロック選手、ジャッカルの名手と言われるオーストラリア代表フランカー/ナンバーエイトのデービッド・ポーコック選手、力強い突破が持ち味で南アフリカ代表の優勝に貢献したセンターのダミアン・デアリエンディ選手の加入により、まるで世界選抜のような陣容になりました。新キャプテンに就任した坂手選手は「今年は勝ちたい、優勝したいというところをまず一番に持っています。“勝つために”ということに基準を置いてすべての行動をしていこう、とチームで考えている」と抱負を口にしました。

 対するクボタは、ジャパンでゲームキャプテンを務めるなどリーダーシップを発揮したフランカーのピーター・ラブスカフニ選手、2015年W杯イングランド大会で活躍したセンター/スタンドオフ立川理道選手を中心とした攻守にバランスの取れた好チームです。新戦力としてW杯決勝のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた南アフリカ代表ナンバーエイトのドウェイン・フェルミューレン選手、W杯3位のニュージーランド代表センターのライアン・クロッティ選手らが加わり、強力な布陣になりました。

 結びに、ルーキーイヤーから6季連続でベストフィフティーンに選ばれている稲垣選手のコメントを紹介しましょう。

「皆さんに感動してもらえるような、また何かを感じてもらえるような試合をお見せしたい。ぜひ会場に足を運んでいただき、応援していただければと思います」

 真冬の熱闘に期待が集まります。

K.Ninomiya二宮清純
                                            
2020年3月26日(木)更新
TL中止、ヤマハ長谷川慎コーチ告白
「準備することが自分たちの使命」
2020年3月19日(木)更新
TL3月中の開催休止決定
「薬物」連帯責任に選手反発
2020年3月12日(木)更新
福岡堅樹、五輪メダルに向け始動
「初速より加速」が成功のカギ
2020年3月5日(木)更新
新型コロナ感染拡大でTL延期
国難には「ワンチーム」精神
2020年2月27日(木)更新
フランスでさらなる躍進を
松島幸太朗の「開拓者魂」
2020年2月20日(木)更新
フランスで躍動するために
SH齋藤直人の「切磋琢磨」
2020年2月13日(木)更新
神戸製鋼、TL記録的大勝の波紋
「好きなようにやられた」ドコモ
2020年2月6日(木)更新
TL開幕好発進のパナソニック
流動性で活性化図るチーム文化
2020年1月30日(木)更新
21年秋スタートのラグビー新リーグ
プロ化見送りも「地域密着」は継続
2020年1月23日(木)更新
トンプソン、圧勝で引退に花添える
不屈の「あしながおじさん」牧場主に
2020年1月16日(木)更新
TL、“11万人超え”で好発進
「ブームを文化」にするために
2020年1月9日(木)更新
“笑わない男”稲垣啓太、再起動
祝TL開幕「皆さんに感動を!」
2019年12月26日(木)更新
さらば旧国立、ようこそ新国立
松尾雄治、「聖地」への惜別の辞
2019年12月19日(木)更新
田中史朗“泣き虫”は師匠譲りか
トップリーグ開幕戦、満員で涙?
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ