二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2018年10月25日(木)更新

“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう

 ラグビーのトップリーグは20日にリーグ戦を終えました。レッドカンファレンス、ホワイトカンファレンスの各組上位4チームが12月1日からの決勝トーナメントに臨みます。

 レッドカンファレンスからは初代王者の神戸製鋼コベルコスティーラーズ、昨季2冠のサントリーサンゴリアス、名将ジェイク・ホワイト率いるトヨタ自動車ヴェルブリッツ、初の4強入りを目指すNTTコミュニケーションズシャイニングアークス。ホワイトカンファレンスからは清宮克幸監督率いるヤマハ発動機ジュビロ、3季ぶりの王座奪還に燃えるパナソニック ワイルドナイツ、日本代表55キャップのスタンドオフ/センター立川理道を擁するクボタスピアーズ、ウイングのロトアヘア・アマナキ大洋の突破力に活路を見出したいリコーブラックラムズが出場します。

最適解にして最善手

 ラグビーシーズンのクライマックスに向け、最も注目したいのが今季から神戸製鋼に入団した世界的なスーパースター、ダン・カーター選手です。言うまでもなくカーター選手はラグビー界の“生ける伝説”です。オールブラックス(ラグビーニュージーランド代表)でのキャップ数は112を誇ります。主にスタンドオフとして活躍し、2011年、15年W杯の連覇に貢献しました。世界最優秀選手賞には3度も輝いています。

 現在36歳。代表からは引退しましたが、“黄金の左足”は健在です。トップリーグでもキック成功率は86.2%を記録し、ベストキッカー賞に輝きました。

 カーター選手のプレーは日本デビューとなった9月14日の第3節サントリー戦からして衝撃的でした。平日、しかも雨予報にも関わらず、カーター選手見たさに前売り指定席は完売しました。秩父宮ラグビー場には1万7000人を超える観客が詰めかけました。彼の一挙手一投足に注目が集まり、そのワンプレーワンプレーに歓声が湧きました。

 最初の見せ場は前半4分でした。先制トライで得たコンバージョンキックはゴールまで約25メートルの距離。角度は正面やや左で、キックの妨げになるような風もありませんでした。しかし、“黄金の左足”から放たれた楕円球は右のポストをわずかに外しました。
「通常だとそれで自信をなくす選手もいるかもしれませんが、自分の経験から“次の仕事に集中しよう”と思っていました」

 その言葉通り、試合途中から降り出した雨をものともせず、後半は3本のキックを全て成功させました。終わってみれば初トライを含めて21得点。この日のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。

 カーター選手のプレーを見ていると、キック、パス、ラン。その全てが“神業”に映ります。彼の判断どれもが最適解であり、彼が選択するプレーのどれもが最善手なのです。
「キック、パス、ランという全ての判断力が素晴らしいなと思います」

 サントリー沢木敬介監督はこう絶賛した後、日本における“ダン・カーター効果”についても言及しました。
「本当に素晴らしい教科書が日本にやって来た。ラグビーをやっているちびっ子もそうですけど、(ラグビーをやっている人)全員が見本になるプレーをたくさん見せてくれると思う。日本にとってはものすごくプラスです」

ピッチの外でも「教科書」

 ではなぜカーター選手は、難しいプレーをいとも簡単にやってのけることができるのでしょう。その理由の一つと思われるのが姿勢の良さです。背筋がピンと伸び、歩き方に気品があるのです。遠くからでも、彼が司令塔であることがすぐにわかります。

 スクラムハーフ日和佐篤選手はカーター選手のプレーの印象について、こう語っていました。
「真っすぐ向いてパスできるところはスタンドオフに限らず、どのポジションの選手も見習うべきポイントだと思います。DC(ダン・カーター)は細かいスキルがすごく上手い。基本的なことをしっかり忠実にやるというのが大事なんだなと改めて感じました」

 敵方のスクラムハーフ流大選手からも話を聞きました。
「オプションが常に2、3個あるので、こちらも迷いました。キックもあれば、身体を正面に向けてパスをする技術もありますから。少しでもギャップがあればそこを突いて走ってきました」

 と言っても36歳になったカーター選手にスプリンター顔負けのスピードがあるわけではありません。視野が広く、ゲームを読む力が抜きん出ているため、相手はついて行くのが困難なのです。スピードはスピードでも各局面におけるディシジョン・スピードの勝利が、プレーを華麗に見せているように思われます。

 さらに見習うべきは、オフ・ザ・ピッチでの「姿勢」です。チームメイトのフランカー橋本大輝選手は、「ダン・カーターはスポーツ選手として尊敬するべきところがとても多い」と敬意を表した上で、こう続けます。「私生活から練習に取り組む姿勢まで含め、24時間プロ意識が高い選手です。グラウンドでいいプレーをするには、どうすべきか。ラグビーに取り組み姿勢をみんなに教え、チームを引っ張ってくれる。その影響はチーム全体に浸透しつつあります」

 サントリー戦後の共同記者会見では、ジェントルマンらしく、「今日は多くの記者の方に来ていただいてうれしいです」とまず感謝の言葉を口にしました。甘いマスクに加えてナイスガイ。ピッチの外でも彼は教科書なのです。平成最後の冬、心ゆくまでレジェンドのプレーを堪能したいものです。

K.Ninomiya二宮清純
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ