二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2021年2月4日(木)更新

野澤武史「スポーツを止めるな」
部活から社会に“人財”を送る!

 昨年、パンデミックにより、各カテゴリーの大会が中止に追い込まれる中、高校生に救いの手を差しのべた元ラガーマンがいました。元日本代表の野澤武史氏です。彼が発起人となってスタートした『♯ラグビーを止めるな2020』はコロナ禍でアピール機会を失った選手たちがSNSにプレー動画を投稿するプロジェクトです。5月にスタートすると、ラグビー界だけにとどまらず他のスポーツにもその輪は広がっていきました。野澤氏は7月に「一般社団法人スポーツを止めるな」を設立、代表理事に就任ました。

予想外の広がり

――『♯ラグビーを止めるな2020』を始めたきっかけは?

野澤武史:昨年の春、コロナ禍で数多くの大会が中止を余儀なくされました。その中で各チームのリクルーターから「試合がなくなってしまって困っている」という相談を受けました。進路支援で私に何かできることはないか。まずはこのことを慶應の中学校から大学まで一緒にラグビーをやってきた同期の最上(紘太・スポーツを止めるな共同代表理事)に相談しました。彼は『♯バスケを止めるな2020』の発起人となった方からも同じような話を受けていたそうなんです。それで5月にラグビーとバスケを同時にスタートさせました。

――現在、「スポーツを止めるな」で展開している『HANDS UP』は登録した選手、チームのみが閲覧できるプラットフォームになっていますが、『♯ラグビーを止めるな2020』はTwitterなどオープンなSNSでの実施でした。

野澤:『♯ラグビーを止めるな2020』も最初は専用サイトを立ち上げ、現在の『HANDS UP』のようなクローズドな場所をつくろうと考えていました。しかし、この時は何よりもスピードが重要でした。大学の推薦枠は5月の終わりには出揃ってしまう。サイトの開発に時間をかけている余裕はなく、さらにシステムを理解して使いこなしていただくには時間がかかる。そこで既存のシステムの方が多くの方が参加してもらえるんじゃないかと考えました。

――実際に大学進学、トップリーグ入りにつながった例もあると伺いました。

野澤:誰も投稿してくれなかったら恥ずかしいなと思っていたんですよ。正直に言えば、誰かに頼まれて始めたわけではありませんし、日本ラグビーフットボール協会としての仕事でもない。私が勝手に言い出したことで、“いらぬおせっかい”と言われてしまえばそれまでです。“ひとつでも動画が上がればいい”“1人でも救われる子がいいな”という気持ちでスタートしました。桐生第一高校の監督を務める元日本代表の霜村(誠一)くんからは「動画を上げた後、すぐリクルーターから電話がきた」と連絡がありました。本当にやって良かったなと感じました。

――リクルーター側からの反応は?

野澤:5月にスタートする前に、学校の先生約150人、チームのリクルーター50人以上の方にご協力のお願いをしました。スタート後、リクルーターの方に電話で感想を聞くと「やっぱりいいね」「こんな選手がいたのか。全然知らなかったよ」との意見を数多くいただきました。

――自身のアピール動画をつくることによって、選手たちはセルフプロデュース力が向上し、自分の長所を知ることにもつながったと思います。

野澤:そうですね。そこに教育的な価値があったかなと思います。実社会では自分がどういう人間で、どういう強みがあるのかを理解しながら、発揮していかなければなりません。そういったことを先取りできる試みになったと自負しています。「“リクルーターの人に見てもらうにはどうすべきだろう”“自分はどういうプレーヤーか”を考えること自体に、すごく価値があった」という声を学校の先生からもいただきました。

――『♯ラグビーを止めるな2020』プロジェクトは、そこから他の競技にも伝播していきました。

野澤:これは完全に予想外でした。さきほど言ったように動画が上がるかどうか心配していたくらいですから。プロ野球・埼玉西武ライオンズの松坂大輔さんが「ラグビーは『♯ラグビーを止めるな2020』をやっているけど、野球界はやらないのか」と言及したことで、そこから広がり、『スポーツを止めるな』ムーブメントへの流れが加速したと感じます。

――それにより7月の一般社団法人設立につながったわけですね。

野澤:最初はコロナ禍からの救済というのがゴールでした。しかし、いろいろな活動を通じて、各競技の方々と話しているうちに、よりよい学生スポーツ支援のかたちにしていきたいという思いが強くなっていきました。部活動を通じて、判断、決断、実行ができる“人財”を育て、社会に送り出していきたい。学生スポーツをもっといい環境にするためには、継続的な支援が必要だと感じました。始まりはSNSを通じたソーシャルムーブメントでしたが、それだけに終わらないものにしたいと一般社団法人を立ち上げることにしたんです。

「目の前のできることを」

――“人材”ではなく、“人財”というところがミソですね。

野澤:私も会社を経営しておりますが、上司の指示を受け、100点満点で応えてくれる人はたくさんいます。だが自分で課題を発見し、解決していく力を持つ人は少ない。主体性を持ち、最後の一歩を踏み出す行動力が必要です。今後の日本における人材育成の課題だと考えています。

――「スポーツを止めるな」では3つのコア活動を行っています。そのうちのひとつ、<選手が安全にプレーをアピールできるシステム>が今年1月にオープンした『HANDS UP』です。これについてお聞かせください。

野澤:システムを開発するにはお金がかかりますし、まずは資金調達からスタートしました。例えばラグビーは新人戦や全国高校選抜大会が始まる前には、エントリーできるようにしたかったので1月下旬のスタートとなりました。

――競技によってはSNSを禁止されています。それが原因でクローズドなサイトに?

野澤:それもひとつの理由ですが、学生と企業をつなぐ就活支援サイトをベースにつくっています。『♯ラグビーを止めるな2020』は選手側がリクルーター側に向けて発信するものでしたが、今回は受け入れる側のチーム情報を細かく載せるようにしました。私は地方の学校のアドバイザーも務めていますが、地方の子どもは得られる進路情報が少ない。例えば、部活動で志望大学に進むためには、どういう枠があるのか。先輩が進学した大学、部活動の先生が伝手のある大学の情報しか得られない。子どもたちが進路を判断する材料を増やしてあげたかったんです。もうひとつは関わる競技が増えていくことで、競技横断も可能な点です。

――具体的には?

野澤:例えばボブスレーの指導者が『HANDS UP』に参加した際、競技経験のない選手をスカウトすることができます。アップされたプレー動画や身体能力データを見て、指導者が学生に可能性を感じればボブスレーに転向するという選択肢も生まれる。JSC(日本スポーツ振興センター)やスポーツ庁などが行っているタレント発掘の『J-STAR プロジェクト』のオンライン版のようなものになれば面白いと思っています。

――またトップ選手などが思い出の試合に実況・解説をつけてプレゼントする『青春の宝プロジェクト』、トップアスリートによる『教育プログラム』も実施されていると伺いました。

野澤:『青春の宝プロジェクト』はこれまでラグビー、バスケットボールなどの競技で、上映会を開きました。解説を担当した選手がオンライン上映会に参加してもらうこともあります。これまでに上映したのは約10校。『青春の宝プロジェクト』は2023年までに47都道府県で実施したいと考えています。山口県の宇部高校は春で3年生が引退する。今年度の3年生は新チームで公式戦を経験しないまま引退した。上映会では前の年の公式戦映像に実況・解説をつけてプレゼントしました。それがすべての理由ではないと思うのですが、その3年生たちは秋の大会に全員が復帰したんです。彼らの心を動かすようなことができたのかとうれしかったですね。

――『教育プログラム』とは?

野澤:現代を生き抜く力を身につけさせるためのプログラムです。学生たちに「リーダーシップ」「メディアリテラシー」など学校では教えられないが、社会に出た時に生きる力を学べる機会をつくりたいと始めました。例えば共同代表理事を務める元日本代表の廣瀬(俊朗)には、「リーダーシップ教育」をお願いしました。部活単位ではなく、学校の全部活のキャプテン、副キャプテン、部長、副部長に参加してもらい、リーダーシップを学んでもらいました。今後はいろいろなプログラムを練りながら、進めていきたいと考えています。2023年までには500校で実施したい。

――今後に向けての抱負を。

野澤:現在はコロナ禍で、全部が完璧に揃えてからスタートするのでは、なかなか前に進まない。できるところからできるだけやろう、と。いろいろな意見をいただきながら、“ゼロよりイチの方がいいね”というマインドを大事にしています。目の前のできることにフォーカスしながら、課題をクリアしていきたいと考えています。

<野澤武史(のざわ・たけし)プロフィール>
1979年4月24日、東京都出身。小学5年からラグビーを始める。ポジションはフランカー。慶應義塾高校では主将として全国高等学校ラグビー大会ベスト8進出に貢献した。慶應義塾大学では2年時に大学日本一を経験。4年時には主将に就任した。慶大卒業後の02年、神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属に入団し、8シーズンプレーした。日本代表キャップは4。現役引退後、家業の株式会社山川出版社代表取締役副社長を務めながら、母校・慶大のヘッドコーチなどを歴任した。現在は山川出版代表取締役社長。公益財団法人日本ラグビーフットボール協会では若年層の発掘・育成を担当している。2020年7月、「一般社団法人ラグビーを止めるな」を設立し、代表理事を務める。

>>「スポーツを止めるな」HP

K.Ninomiya二宮清純
                             
2021年6月17日(木)更新
ジャパン、狼軍団に逆転勝利
効果満点“青空ミーティング”
2021年6月10日(木)更新
進化したスクラム武器に
“百獣の王”と歴史的一戦
2021年6月3日(木)更新
パナ、「規律面の向上」で2冠
“世界埼玉化計画”に向け発進
2021年5月27日(木)更新
パナソニック、5年ぶり2冠!
ディフェンスとディシプリン
2021年5月20日(木)更新
サントリー、クボタスタイル完封
“横綱相撲”で3季ぶり2冠に王手
2021年5月13日(木)更新
「同じ絵を見ていた」クボタ
王者・神戸製鋼破る番狂わせ
2021年4月29日(木)更新
ジャパンにフィフィタ見参!
先輩レジェンド・ラトゥの檄
2021年4月22日(木)更新
近鉄、下剋上で16強進出!
最悪の状況にも“備え”あり
2021年4月15日(木)更新
NTTドコモ、トップ8入りなるか
勝利が「いつか、あたりまえに」
2021年4月8日(木)更新
サントリー、開幕6連勝!
「勝利呼び込む」バレット
2021年4月1日(木)更新
パナは後半、なぜ強いのか
ロビー監督、卓抜の用兵術
2021年3月25日(木)更新
トップリーガー兼レフリー
滑川剛人「W杯で笛を吹く」
2021年3月18日(木)更新
“ポスト福岡”にトヨタ髙橋汰地
新人賞はジャパンへの登竜門
2021年3月11日(木)更新
パナソニックのファンタジスタ
“熊谷の星”山沢拓也への期待
2021年3月4日(木)更新
23年フランスW杯日程決定!
最短でも“中6日”は好材料
2021年2月25日(木)更新
NZ代表バレット、鮮烈デビュー
サントリーの多彩な攻撃を演出
2021年2月18日(木)更新
キヤノン沢木敬介、改革に着手
田村優キャプテン指名の真意
2021年2月11日(木)更新
ボックスキックを巡る攻防
イングランドの要注意人物
2021年2月4日(木)更新
野澤武史「スポーツを止めるな」
部活から社会に“人財”を送る!
2021年1月28日(木)更新
<トップリーグ激闘史①>
明暗分けたロスタイムのショット
パナソニック、“薄氷”の3連覇!
2021年1月21日(木)更新
新リーグは「ホスト&ビジター」
地域性はどこまで反映されるか
2021年1月14日(木)更新
天理大、“3度目の正直”で初戴冠
関西勢底上げの起爆剤となるか?
2021年1月7日(木)更新
日本ラグビーを支えた工業高校
強豪の校名変更に一抹の寂しさ
2020年12月24日(木)更新
五郎丸歩、現役ラストシーズンへ
「小事が大事を生む」ルーティン
2020年12月17日(木)更新
イングランド戦でエディーに“恩返し”
フランスW杯、アルゼンチンとも同組
2020年12月10日(木)更新
早明戦「前へ」で明大2季連続V
箸本主将、「明治らしさ」前面に
2020年12月3日(木)更新
キヤノン、ホストエリアに横浜市
大分からも普及活動通じ魅力発信
2020年11月26日(木)更新
<社会人ラグビー激闘史②>
サントリー、創部16年目の日本一
土田雅人HCの「打倒神戸」対策
2020年11月19日(木)更新
土佐誠、相模原でのミッション
限られた時間で残したいこと
2020年11月12日(木)更新
W杯の舞台に日本人レフリーを
タレント発掘プロジェクト始動
2020年11月5日(木)更新
NTTドコモ下沖正博GMが語る
アッカーマンHCのカリスマ性
2020年10月29日(木)更新
ジャパンのホープから大黒柱へ
姫野和樹、王国NZで武者修行
2020年10月22日(木)更新
<スーパーラグビー激闘史①>
サンウルブズのベストゲーム
ホームでの「歴史的初勝利」
2020年10月15日(木)更新
近鉄・有水剛志HCのミッション
SHUTAISEI(主体性)で下剋上を
2020年10月8日(木)更新
神戸製鋼・福本正幸TDが語る
オールブラックスイズムとは
2020年10月1日(木)更新
早大初の女子レフェリーに訊く
「選手以上にラグビーが面白い」
2020年9月24日(木)更新
<日本選手権激闘史②>
サントリー、9位からの復活優勝
沢木敬介が打ち砕いた“岩盤思考”
2020年9月17日(木)更新
コロナ禍で代表強化に大幅な狂い
仏大会に向け、知恵の絞りどころ
2020年9月10日(木)更新
世界が注目の南北ラグビー戦争
ニューオールブラックスの挑戦
2020年9月3日(木)更新
流ジャパン、土壇場で逆転トライ
eスポーツをリアルへの入り口に
2020年8月27日(木)更新
元代表・伊藤剛臣、法大コーチに
「挑戦者の気持ち」で名門復活へ
2020年8月20日(木)更新
<日本選手権激闘史①>
スクラム強化なくして勝利なし!
「ヤマハスタイル」で日本一達成
2020年8月13日(木)更新
サンウルブズ、5年間の活動に幕
南半球での転戦で代表強化に貢献
2020年8月6日(木)更新
体調の“見える化”を推進
チーム強化支えるOTSとは
2020年7月30日(木)更新
<大学ラグビー激闘史①>
帝京大初戴冠、崩れなかった赤い壁
岩出雅之監督が使ったパワーワード
2020年7月23日(木)更新
NTTコム内山浩文GMが明かす
レイドロー獲得の背景と戦略
2020年7月16日(木)更新
東京高校・森秀胤監督
「夏合宿の意義と利点」
2020年7月9日(木)更新
選手会・川村慎新会長の指針
日本社会のロールモデルを!
2020年7月2日(木)更新
W杯日本大会、68億円黒字の背景
ローリスク・ハイリターンの大会
2020年6月25日(木)更新
<ジャパン激闘史⑤>
スコットランド戦金星の立役者
ラトゥ、乾坤一擲のタックル!
2020年6月18日(木)更新
福岡堅樹、医学の道へ
新たなロールモデルに
2020年6月11日(木)更新
レジェンドと肩を並べた
キンちゃんの“酒豪伝説”
2020年6月4日(木)更新
ヤマハ日野剛志の「錯覚力」
自己制作の3分間プレー集
2020年5月28日(木)更新
<社会人ラグビー激闘史①>
銀コレクター、三洋の悲劇
ナモア、届かなかった奥襟
2020年5月21日(木)更新
ラグビーでまちづくり
パナ、熊谷と連携強化
2020年5月14日(木)更新
早大相良監督、苦境下の泰然
「今は主体性を育む時期」
2020年5月7日(木)更新
早大新主将・丸尾崇真の議
「僕は僕らしくいきたい!」
2020年4月23日(木)更新
トヨタ期待のロック秋山大地
「憧れの存在を追いかける」
2020年4月16日(木)更新
パナ、新型コロナ対策と指針
飯島GM「信頼を深める機会に」
2020年4月9日(木)更新
ジャパンの一大勢力に成長
帝京大OB会長が語る未来
2020年4月2日(木)更新
堀江翔太、国民へメッセージ
今こそ、「don't look down」
2020年3月26日(木)更新
TL中止、ヤマハ長谷川慎コーチ告白
「準備することが自分たちの使命」
2020年3月19日(木)更新
TL3月中の開催休止決定
「薬物」連帯責任に選手反発
2020年3月12日(木)更新
福岡堅樹、五輪メダルに向け始動
「初速より加速」が成功のカギ
2020年3月5日(木)更新
新型コロナ感染拡大でTL延期
国難には「ワンチーム」精神
2020年2月27日(木)更新
フランスでさらなる躍進を
松島幸太朗の「開拓者魂」
2020年2月20日(木)更新
フランスで躍動するために
SH齋藤直人の「切磋琢磨」
2020年2月13日(木)更新
神戸製鋼、TL記録的大勝の波紋
「好きなようにやられた」ドコモ
2020年2月6日(木)更新
TL開幕好発進のパナソニック
流動性で活性化図るチーム文化
2020年1月30日(木)更新
21年秋スタートのラグビー新リーグ
プロ化見送りも「地域密着」は継続
2020年1月23日(木)更新
トンプソン、圧勝で引退に花添える
不屈の「あしながおじさん」牧場主に
2020年1月16日(木)更新
TL、“11万人超え”で好発進
「ブームを文化」にするために
2020年1月9日(木)更新
“笑わない男”稲垣啓太、再起動
祝TL開幕「皆さんに感動を!」
2019年12月26日(木)更新
さらば旧国立、ようこそ新国立
松尾雄治、「聖地」への惜別の辞
2019年12月19日(木)更新
田中史朗“泣き虫”は師匠譲りか
トップリーグ開幕戦、満員で涙?
2019年12月12日(木)更新
プロ化は「総論賛成、各論反対」
「独裁者」川淵三郎に学ぶ突破力
2019年12月5日(木)更新
「ONE TEAM」がラグビー界初の流行語大賞に
4年前、内定の「五郎丸」が“落選”した理由
2019年11月28日(木)更新
サンウルブズ、日本人首脳陣で発進
世界を相手に“やってみなはれ!”
2019年11月21日(木)更新
清宮副会長が描く「プロリーグ構想」
プロ化のリスクと“しなかった”リスク
2019年11月14日(木)更新
廣瀬俊朗が語る「激闘の44日」
「南アフリカには強い芯があった」
2019年11月7日(木)更新
ラグビー列島と化した44日間
「最も偉大なW杯」の余熱利用
2019年10月31日(木)更新
NZ倒した周到なエディーマジック
イングランド4大会ぶりVなるか
2019年10月24日(木)更新
制空権を握られ、南アに完敗
次なる課題はラインアウト
2019年10月17日(木)更新
加速する“Wフェラーリ”
南アの防御網を切り裂け
2019年10月10日(木)更新
リーチ支えるラピース
「ワンチーム」の輝き
2019年10月3日(木)更新
アイルランド戦勝利の陰の立役者
長谷川慎コーチは“スクラム技師”
2019年9月26日(木)更新
NZ“生ハカ”のど迫力!
和製ハカを作るとしたら
2019年9月19日(木)更新
ラグビー100年の大計
母親、女性を“身内”に
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ