二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年5月9日(木)更新

三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁

 パナソニック ワイルドナイツはトップリーグ4度、日本選手権5度の優勝を誇る強豪チームです。だが前身の東京三洋電機、三洋電機時代は全国社会人大会において善戦はするものの頂点に立つことができず、「シルバーコレクター」と呼ばれていました。

ロスタイムの悲劇

 三洋電機として初めてトップリーグを制したのは2010年度のシーズンです。監督はチームのOBで現役時代に苦杯をなめ続けてきた飯島均さんでした。

 忘れられない試合があります。1991年1月8日、東京・秩父宮ラグビー場で行なわれた全国社会人大会決勝です。3連覇を目指す神戸製鋼に悲願の初優勝を目指す三洋電機が挑戦するという構図でした。

 少々、長い引用になりますが、私が23年前に書いたレポートからハイライトシーンを引用します。

<電光計はロスタイムに入って42分を指していた。ラスト・ワンプレー。4点のビハインドを負う神戸製鋼は、No.8大西一平がサイドアタックを仕掛けた。ラックが形成され、そこから出たボールをSH萩本光威が拾い上げ、右にいたSO藪木宏之に素早いパスを送った。藪木は中央突破を試みようとして三洋電機のCTB日向野武久につかまったが、倒される寸前に右オープンに展開した。パスは、右にいたCTB藤崎泰士を越えてハーフバウンドとなり、隣のCTB平尾誠二の手にすっぽりとおさまった。

 続けざま平尾は鋭いステップでノホムリ・タウモエホラウをかわすと、FL飯島均からのタックルを受ける直前、これ以上ないというタイミングでタッチライン沿いに走り込んできたウィリアムスにパスを送った。このパスを顔のあたりでキャッチしたウィリアムスは、バックスタンド前を、まさに風のように疾走した。ハーフウェイラインの手前からだから距離にして約50メートル。ウィリアムスは追いすがる三洋電機WTBワテソニ・ナモアを振り切ると、ゴールほぼ真下に宝物でも供えるようにグラウンディングした。このトライで16対16の同点。グラウンドに膝をついたまま両手を高々とあげるウィリアムスに、FL杉本慎二と藪木が大声を発しながら駆け寄り、喜びのあまりに押し倒してしまった。倒れながらもウィリアムスはこぶしを宙に突き上げた。

 興奮醒めやらぬうちに神戸製鋼のキッカー細川隆弘が逆転のコンバートを落ち着いて決め、激闘にピリオドが打たれた>(「スポーツ名勝負物語」講談社現代新書)

「必ず勝ってくれ!」

 現役引退後、飯島さんは指導者の道を歩み、96年度に三洋電機の監督に就任しました。企業スポーツであるラグビーは親会社の理解がなければ続けられません。11年4月に三洋電機はパナソニックの完全子会社となることが決定しており、10年度は赤いジャージーで戦う最後のシーズンでした。

 以下は飯島さんの回想です。

「会社からは“今年優勝しなかったらラグビー部は終わり”と言われていました。チームを出て行った選手もいました。だが不思議なことに勝負や仕事においてこれだけ苦しくなると、逆に雑念がなくなってくる。 勝負に対し、純粋になれたんです」

 リーグ戦2位の三洋電機はプレーオフ決勝に進みました。それまで3年連続で決勝に進出しながら、いずれも涙をのんでいました。対戦相手は95年度の全国社会人大会で優勝を分け合ったサントリーサンゴリアスです。

 最後のミーティングで、ロック/フランカーの堺田純さんが手をあげました。リザーブに入れなかった堺田さんは、飯島さんによれば「普段は無口な男」ですが、この時だけは違っていました。

「オレは決勝の日にジャージーを着るため1年間、どんな努力も惜しまずにやってきた。それでもメンバーには選ばれなかった。悔しくて悔しくて仕方がない。だが、それ以上にオレは絶対に勝ちたいんだ。試合までの時間でオレができることがあれば何でもやる。だから出るメンバー、必ず勝ってくれ!」

 堺田さんの熱弁は仲間を鼓舞するに十分でした。この瞬間、飯島さんは「これで勝てる」と確信したそうです。

「メンバーから落とされたら、普通は“なんでオレが”“アイツよりオレを選べ”というふうになる。でも普段、口数の多くない堺田がありったけの思いをみんなに伝えた。あの時、これまで決勝で負け続けていたチームの何かがかわったんです」

 サントリーを26対23で破った三洋電機は創部51年目にして初めて単独でのリーグ制覇を果たしました。07年度から09年度にかけて日本選手権3連覇を達成していた三洋電機でしたが、リーグ戦単独優勝の喜びは格別だったようです。

K.Ninomiya二宮清純
                                                 
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ