二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年9月12日(木)更新

釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る

 釜石の成功なくして、ラグビーW杯日本大会の成功なし――。全国12会場の中で、最も収容人数の少ないのが釜石市の釜石鵜住居復興スタジアムです。東日本大震災の被災地である釜石市は「釜石ならではの心温まる」ホスピタリティーの実施に向け、準備に余念がありません。

「異常な寒さ」

 人口約3万5000人の釜石市では9月25日にプールDのフィジー代表対ウルグアイ代表戦、10月13日にプールCのナミビア代表対カナダ代表戦が行われます。7月27日のパシフィックネーションズカップ(日本代表対フィジー代表戦)では1万3135人の観衆が詰めかけました。

 試合会場となる釜石鵜住居復興スタジアムは、東日本大震災の津波で全壊した鵜住居小学校と釜石市立釜石東中学校の跡地に、復興計画の目玉として約49億円をかけて建設されたものです。

 釜石と言えば、「北の鉄人」新日鉄釜石について触れないわけにはいきません。1978年度から84年度にかけての日本選手権7連覇は今も語り草です。そこで今回は主力選手として、あるいはプレーイング・マネジャーとしてⅤ7に貢献した松尾雄治さんに釜石の思い出、そしてW杯への思いについて語っていただきました。松尾さんは9月25日、10月13日の両日、市内に設けられたW杯大会公式イベントスペース「ファンゾーン」で行われるパブリックビューイングにゲストとして参加予定です。

「大学4年の時、北島忠治先生(明大監督)から“松尾、新日鉄がオマエを獲りにきているぞ”と告げられた。僕は新日鉄は新日鉄でも八幡なのか、と思っていた。八幡と言えば名門でしょう。八幡製鉄時代に全国社会人大会を12回も制し、日本選手権も1回優勝していた。

 一方の釜石は、僕が入るまで全国社会人大会優勝は1回。日本選手権に至ってはゼロだった。ところが、よく聞くと釜石だった。当時は、自分がどこに行きたい、という時代じゃなかったからね。リコーからも誘いがあったんだよ。ロンドンでコーチの免許をとりイングランド協会勤務にしてくれる、という条件付きでね。

 釜石に行って、まず驚いたのは寒いこと。10月を過ぎたら、もう土のグラウンドに霜が降りてきて、凍っちゃうんだ。蒔いた種が風で飛んでいくから芝も生えてこない。東京の人間からすれば、もう異常な寒さだったよ。

 雪はそう多くないけど、風がピューピュー吹きつけてくるんだ。少しでも暖をとろうと、スパイクの中に唐辛子を入れて練習したもんだよ。僕はやせていたから寒さに弱かった」

「釜石でやるしかない」

「選手はほとんどが地元の工業高校を出た真面目なヤツらばかり。朝の8時から午後4時、午後4時から午前0時、午前0時から8時、と溶鉱炉での仕事は3交代制だった。

 ところがラグビー部員だけは常勤にしてもらっていた。これだけでもありがたいのよ。工場長や作業長の理解がないとできないことだからさ。だから僕たちは常に“皆さんの気持ちに応えなくちゃいけない”という感謝の思いを持ち続けていましたよ。

 地元の選手はね、高校でラグビーをやっていたといっても一線級は、ほとんどいなかった。そして、そのことは皆が自覚していた。だから工場の階段を上り下りする時も、重い工具をぶら下げ、足腰を鍛えているんだよ。

 歩くのだって、わざとかかとを上げて歩いたり、社宅から走ってきたりと、皆涙ぐましい努力をしていましたよ。僕はそこにラグビーの原点、アマチュアリズムの原点があると思ったね。これはね、東京の大学や会社では味わえないもの。OBの人たちも素晴らしい人ばかりだった。入ってから分かったね、釜石でラグビーをやって正解だったと。

 だから2011年3月11日のことは忘れられないね。僕は東京にいたんだけど、ものすごい揺れを感じた。釜石の仲間に電話しても全然、つながらない。やっとひとりの人間につながったんだけど、“今は無理だ。来なくていい”と言われたね。逆に迷惑がかかる、というわけよ。

 それで僕は援助の資金を集めたり、物資を送ったりした。知っている人も随分、亡くなったよ。あのへんの地形は全部覚えているから、どこで、どんな状態で亡くなったか、手に取るようにわかるの。あれは悔しかったね。

 それだけに釜石でW杯が開催されることが決まった時はうれしかったね。7連覇している新日鉄釜石の本拠地・釜石を抜きにして、他でW杯はやれないだろう、との思いもあったよ。釜石のみならず岩手県、東北、そしてこの国を勇気づけるには、釜石でやるしかないんだと。フィジー、ウルグアイ、ナミビア、カナダの選手たちにはいい試合を見せてもらいたいね。僕は釜石市民ホールでトークショーに出る予定だけど、グラウンドや解説席で何か偉そうにしゃべっているより、その方が僕に合っているじゃない。昔から知っている多くの仲間たちや市民たちと触れ合えるのを心から楽しみにしています」

 地元でのトークショー、レジェンドの松尾さんには、ぜひ新日鉄釜石の伝説のジャージー姿で登場してもらいたいものです。

K.Ninomiya二宮清純
                                                 
2019年9月12日(木)更新
釜石の成功こそがW杯の成功
松尾雄治、“釜石愛”を語る
2019年9月5日(木)更新
ビールグラスは左手で!
紳士のスポーツのマナー
2019年8月29日(木)更新
トンガはナンバーエイト王国
「神様からの贈り物」マフィ
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ