二宮清純
二宮清純コラム ノーサイドラウンジCOLUMN
2019年8月8日(木)更新

万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」

 W杯日本大会開幕まで残り50日を切りました。ジャパンは先月27日に開幕したパシフィックネーションズカップ(PNC)でフィジー、トンガに連勝するなど、本番に向け好調ぶりをアピールしています。

「目の前から消える」

 フィジー戦で2トライ、トンガ戦で1トライをあげ、存在感をアピールしたのが松島幸太朗選手です。これまでジェイミー・ジャパンではフルバックで起用されることの多かった松島選手ですが、この2試合はウイングで起用されました。トライゲッターとしての役割を期待されてのことです。

 ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)は松島選手を「Xファクター、つまり特殊能力を持つ選手」と高く評価しています。ジェイミーHCの言う「Xファクター」とは卓抜したスピードとステップワークを生かした突破力を意味します。前回のW杯イングランド大会の代表メンバーである大野均選手は松島選手のステップワークを「消える」と評していました。

「彼には驚かされたことがあります。練習で対峙すると、目の前から消えるんです。それぐらい鋭いステップなんです。これは相対した者にしかわからない感覚だと思います」

 松島選手はジンバブエ人の父と、日本人の母を持つハーフです。花園で約100メートルを独走するトライをあげるなど、2010年度の桐蔭学園高の全国制覇(同校優勝)に貢献しました。そのズバ抜けたスピードと突破力は、卒業後、南アフリカのチームでプレーしたことでさらに磨きがかかりました。スーパーラグビー・シャークスの下部組織に2年半所属し、力を付けたのです。

 4年前、松島選手に独特のステップワークについて訊ねました。

「南アフリカには素晴らしいステップをきる選手がたくさんいたので、それを取り入れてオリジナルな形にしたんです。これから、もっと経験を積んで、吸収できるものは全部吸収して、バージョンアップしていきたいと思っています」

「ジャパンの軸」

 PNCの2試合では、「Xファクター」ぶりを遺憾なく発揮しました。フィジー戦では前半19分にスクラムハーフの茂野海人選手とのサインプレーで相手の裏をかき、トライを奪いました。2つ目のトライとなった後半15分の得点は、文字どおり本領発揮でした。

 そのシーンを改めて振り返りましょう。敵陣やや右で相手がボールをキープ。そこにセンターのティモシー・ラファエレ選手がタックルを浴びせ、ボールがこぼれました。すかさず反応した松島選手は左足でボールを蹴り出すと、フィジー守備陣の裏へと抜け出しました。さらに右足のインサイドでボールを蹴り、前進すると、追いかけてくる相手にうまく身体を入れながら絶妙なコース取りをキープしました。右足のアウトサイドで右前方に蹴り出すと、そのままインゴールに転がるボールを抑え込み、見事なドリブルトライを決めました。

 またトンガ戦では反応の速さが光りました。後半32分、スタンドオフの田村優選手が守備ラインの裏にグラバーキック(グラウンダー)を送ると、右サイドへ転がるボールが跳ねました。縦に走り込んでいた松島選手が瞬時に反応し、すぐさまランニングコースを内側に取りました。そのままボールを掴むと、スピードに乗ったまま敵を置き去りにし、インゴールに飛び込みました。

 ジャパンの攻撃の切り札に成長した松島選手に対し、大野選手は「もう何も言うことがない」と手放しで褒めています。

「彼自身も“オレは世界で通用する”という自信と“オレはジャパンの軸だ”との自覚を持っているはずです。ここにきて安定感が出てきましたし、味方からすれば本当に頼もしい存在ですね」

K.Ninomiya二宮清純
                                                 
2019年8月22日(木)更新
W杯で地域振興と国際交流を
キャンプ地自治体、期待と不満
2019年8月15日(木)更新
“ブライトンの奇跡”生んだ
乾坤一擲のサインプレー
2019年8月8日(木)更新
万能型バックス松島幸太朗
世界が驚く「Xファクター」
2019年8月1日(木)更新
ラグビーの「資源」を「資産」に!
ソーシャル・イノベーション計画
2019年7月25日(木)更新
W杯のダークホース・アルゼンチン
「この10年で最も進化したチーム」
2019年7月18日(木)更新
7人制、東京五輪で表彰台へ
猛暑も「備えあれば憂いなし」
2019年7月11日(木)更新
ジャパン、新戦闘服で初陣へ
機能性と視覚効果にこだわり
2019年7月4日(木)更新
ラグビー協会、若返り人事発表
「助さん、格さん」で攻めの改革
2019年6月27日(木)更新
サンウルブズの誤算と収穫
ジャパンとの連携に課題も
2019年6月20日(木)更新
W杯ロシアは縁起のいい相手
暑さを味方に「走らせろ!」
2019年6月13日(木)更新
W杯本番まで100日
宮崎合宿スタート!
2019年6月6日(木)更新
“地獄の宮崎”で
「ワンチーム」に!
2019年5月30日(木)更新
新世界大会実現に向け
試される日本の交渉力
2019年5月23日(木)更新
「鉄と魚とラグビーのまち」
釜石に大漁旗がはためく日
2019年5月16日(木)更新
「足で稼ぐ」松田力也
「田村優に対抗できる」
2019年5月9日(木)更新
三洋電機、TL初優勝秘話
「無口な男」の最後の熱弁
2019年4月26日(金)更新
<ジャパン激闘史④>
ライバルこそ成長の糧
海外挑戦のパイオニア
2019年4月25日(木)更新
対立をエネルギーに!
舞台裏のトークバトル
2019年4月18日(木)更新
W杯の借りはW杯で返す
運命のスコットランド戦
2019年4月12日(金)更新
<ジャパン激闘史③>
オーストラリアで咲いた
ブレイブ・ブロッサムズ
2019年4月11日(木)更新
トライゲッター山田章仁
新天地でV!33歳の挑戦
2019年4月4日(木)更新
世界に通用するスクラム
長谷川コーチの“職人魂”
2019年3月29日(金)更新
<ジャパン激闘史②>
W杯初勝利を呼んだ
宿澤監督の「偵察力」
2019年3月28日(木)更新
アイルランドの弱点
「セクストンを潰せ」
2019年3月22日(金)更新
<ジャパン激闘史①>
「ブライトンの奇跡」秘話
正座が生んだ最適スクラム
2019年3月21日(木)更新
ジェイミー・ジャパンに
グレイシー柔術式トレ
2019年3月14日(木)更新
NZがやってくる!
大分の“おもてなし”
2019年3月7日(木)更新
ラガーマンの誇り
タックルを語ろう
2019年2月28日(木)更新
存在感示した中村亮土
「夢の舞台」への条件
2019年2月21日(木)更新
ジャパン支えるブラウニーの
「異次元頭脳」とタフガイ伝説
2019年2月14日(木)更新
ジャパン復帰への布石か!?
トモさん、サンウルブズ入り
2019年2月7日(木)更新
“再建人”清宮克幸
新たなるミッション
2019年1月31日(木)更新
脱エリートの心意気
代表復帰狙う藤田慶和
2019年1月24日(木)更新
トップリーグ総括
カップ戦導入の意義
2019年1月17日(木)更新
明大日本一とW杯大金星
共通する“裏方”の存在
2019年1月10日(木)更新
誰もが認めるリーダー
主将リーチ・マイケル
2018年12月27日(木)更新
日野「街の誇り」をかけた戦い
地域密着でトップリーグに新風
2018年12月20日(木)更新
ジャパンへの登竜門・TL新人賞
トライゲッター岡田優輝の「嗅覚」
2018年12月13日(木)更新
成長を求めた神戸製鋼移籍
代表「激戦区」に挑む日和佐
2018年12月6日(木)更新
ジャパンの命運握るSO田村優
引き出しの多さで世界に挑む!
2018年11月29日(木)更新
ジャパンの2018年を振り返る
レフェリー分析が目標達成のカギ
2018年11月22日(木)更新
イングランド戦、後半失速の理由
指揮官に求められる「カード捌き」
2018年11月15日(木)更新
帝京大、対抗戦V8に王手
カギ握る竹山晃暉のキック
2018年11月8日(木)更新
現代ラグビーのキーワード
「オフロードパス」の極意
2018年11月1日(木)更新
11.3最強軍団オールブラックス戦
ジャパンよ、躍進のヒントを掴め!
2018年10月25日(木)更新
“生ける伝説”ダン・カーター
「平成最後の冬」を堪能しよう
2018年10月18日(木)更新
“スパルタ”から“自立を求める”指導へ
W杯ベスト8に挑むジェイミー・ジャパン
J:COM ラグビーガイド
PageTop

J:COMへのお申し込み

特典・キャンペーン

特典・キャンペーン

個別サービスのお申し込み

資料請求

加入申込

サービス追加・変更

料金シミュレーション

問い合わせ